コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

上製本冊子印刷(合紙製本)

短納期で安い!10部から作成可能!

パノラマ写真やインパクトある紙面にオススメ!

料金を確認する

データ作成の注意点はこちら データ作成用テンプレート

合紙製本の上製本冊子は、ページの間に厚紙(中台紙)を挟み込んだ、しっかりと厚みのある本文が特徴です。本文を完全に見開くことができ、パノラマ写真やイラストなどを迫力そのままにデザインすることができます。イラスト集やフォトブック、絵本などビジュアルで魅せる冊子に適しています。
本文が丈夫な仕上がりで、高級感のある冊子が作成できます。

料金例 A5上製本冊子(合紙製本/オフセット)/コート紙110kg/3営業日/フルカラー18ページ

部数 料金 単価
50部あたり税込¥157,454~@3,149.08円
80部あたり税込¥198,099~@2,476.24円
100部あたり税込¥225,192~@2,251.92円
厚みのあるしっかりとした表紙です

丈夫で耐久性のある表紙

表紙に芯材を入れた、厚みと耐久性のある表紙です。しっかりとした作りで高級感や重厚感を演出します。

ハードカバーで記念に残る冊子を作成

選べる見返し

見返しの有無をご選択いただけます。見返しをつける際は、豊富な種類から用紙をお選びいただけます。

ハードカバーで記念に残る冊子を作成

しっかりとした1ページの厚み

ページの間に中台紙を挟み込んだ、厚みのある本文です。180度に見開くことができます。

料金表を見る

商品は冊子の仕上がりサイズ(表紙のサイズ)を基準にラインアップしています。
本文サイズ(1ページ)は表紙サイズより高さ・幅とも6mm小さく設定してください。

本文サイズ(1ページ)は表紙サイズより6mm小さく

本文の紙種・ページ数は、料金表で選択・変更が可能です。
表紙の紙種はオプションよりご選択ください。

ページの数え方

合紙製本の上製本のページの数えかた

ページの数え方にご注意ください

本文は、片面印刷の見開きページを2つ折りしながら貼り合わせて製本します。見開き状態から1ページと数えます(図説参照)。データ上の1ページ目は、扉ページとはなりませんのでご注意ください。

合紙製本の製本イメージ
※ペラとは、1枚ものの紙を指します。合紙ではありません(中台紙(厚紙)は挟み込んでいません)。

このページのトップに戻る

仕様/特徴

製本の方法

本文は片面印刷した見開きページを、ページ間に中台紙(コート紙225kg)を挟み込んで貼り合わせ製本します。
本文の製本後に表紙(ハードカバー)を合本して仕上げます。フラットに開くことのできる冊子を作成できます。

合紙製本(レイフラット)

上製本(合紙製本)の仕様

※「扉」と「見返し」はペラ(1枚ものの紙)です。

印刷方式

オフセット印刷

高精細オフセット印刷機(線数:240線)
オフセット印刷とは?

オンデマンド印刷

高性能オンデマンド印刷機
オンデマンド印刷とは?

対応部数

50部~1000部

10部~100部

納期

3営業日~11営業日

1営業日~6営業日

  • 納期プランは部数・ページ数に応じて異なります。
  • 仙台事業所からの出荷となります。
    >>お届けの目安はこちら
  • 見返し用紙によって土日祝納期カウント対象外になる紙種がございます。
    >>見返しについて
サイズ
※寸法は製本後の仕上がりサイズです

定型サイズ

  • A4(297mm×210mm)/ 変型対応
  • B5(257mm×182mm)/ 変型対応
  • A5(210mm×148mm)/ 変型対応

スクエア

  • A4スクエア(210mm×210mm)
  • B5スクエア(182mm×182mm)
実寸写真
対応ページ数

本文:14P~90P(+表紙/見返し)
※2ページ刻み
表紙は表1表4のみ印刷できます。
用紙によって対応ページ数は異なります。

対応用紙

本文

表紙

中台紙

対応アプリケーション
  • [Adobe]Adobe IllustratorAdobe PhotoshopAdobe InDesignAdobe Illustrator PDF
  • [Officeそのまま入稿]Microsoft Word そのまま入稿Microsoft PowerPoint そのまま入稿Microsoft Publisher そのまま入稿
  • [そのほか]画像ファイル入稿/CubePDFで書き出したPDF
対応オプション
/サービス

合紙(ごうし)について

合紙は、用紙と厚紙を貼り合わせて1枚の用紙にしたものです。紙に厚みがほしい場合や紙の強度を確保するために合紙を利用します。

合紙製本は、本文が合紙でつくられた冊子を指します。背の部分に糊はつけません。そのため、背が固定されていないので180度しっかりと見開くことができます。本文が丈夫なので、絵本や写真集・作品集などに使われています。

合紙(ごうし)について

見返しについて

見返しとは

表表紙・裏表紙の内側に貼り付けて、本の中身と表紙をつなぎ合わせる紙です。(表紙側を「前見返し」、裏表紙側を「後見返し」)
表紙と本文(本身)を貼りつける面を「きき紙(力紙)」、貼られていない面を「遊び紙(遊び)」と呼びます。

見返しについて

見返しのあり・なしをご選択いただけます

オプション選択にて、見返しのあり・なしをお選びいただけます。用途に応じてお選びください。

見返しありの場合
見返しなしの場合
  • 見返しに印刷はできません。
  • 見返しありを選択した場合は、遊び紙と合わせて扉がつきます。扉は厚紙ではなく、選択いただいた本文の紙厚になります。

見返し用紙の種類

見返し用紙の全てのラインアップを見る

紙の種類 厚さ(連量) 追加納期 追加料金
上質紙 110kg 追加納期なし 無料
色上質紙 特厚口 33色 一部3営業日追加 有料
タント 四六判100kg 131色 3営業日追加
里紙 50色
NTラシャ 122色

※追加となる納期は、土日祝を納期カウントに含みません。

このページのトップに戻る

商品の注意点

  • データ作成の際は、上製本印刷のデータ作成注意点を必ずお読みください。
  • 弊社の上製本印刷は全て「角背」仕上げとなります。
  • 合紙製本の場合、扉(本扉)への印刷はできません。
  • ご注文部数が多い場合やページ数が多い場合は、数日に分けての出荷・納品となる場合がございます。(事前にお客様にご連絡の上、弊社の出荷期限内に全て出荷いたします。)

紙を折ると折り目部分の外側の繊維が伸び、厚みのある紙は一部表面が裂けてひび割れが生じます。(右図参照)。
濃い色のデザイン(ベタや平網、写真等)の場合「ひび割れ」が目立つ場合があります。
予めご了承頂きますようお願いいたします。

ひび割れにご注意ください
  • 特にオンデマンド印刷で印刷する場合、濃い色のデザインは、表紙のトナー剥がれが顕著に表れます。
表紙のひび割れにご注意ください
ひび割れにご注意ください

上製本の仕上がりについて

本文製本時の加工ずれ 本文の折り・貼り合わせの工程の加工ズレは、許容範囲を1.5mmとしております。
天地・小口に文字切れが発生する場合がありますのでご注意ください。
ハードカバー製作時の加工ずれ ハードカバーの表紙用紙(印刷用紙)と芯材を貼り合わせる際の加工ズレは、許容範囲を天地左右1.0mmとしております。
表紙の角の包み込み部の加工ズレは、許容範囲を1.5mmとしております。(図2)
合本時の加工ずれ 合本時の表紙と本文(見返し)の加工ズレは、許容範囲を天地左右1.0mmとしております。(図1)
上製本の特性について

このページのトップに戻る

ページ数の多い上製本冊子なら
「PUR製本」がオススメです

最大300Pまで対応OK!コート紙73kgやマットコート紙70kgなどの薄紙も用意しております。
ページ数の多い社史や記念誌、教材資料などの冊子に適しています。

PUR製本
PUR製本の上製本冊子はこちら

こちらの商品もおすすめです

デザイン制作から印刷までおまかせください

このページのトップに戻る