コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

中綴じ冊子印刷
(高精細オフセット印刷)

高品質なフルカラー印刷で仕上げる中綴じ製本の冊子

高精細印刷240線・品質重視の方に

全定型サイズ、当日出荷対応!
写真やイラストも美しく再現

0~10営業日以内出荷100~150,000部

料金を確認する

データ作成の注意点はこちら データ作成用テンプレート

変型サイズ対応(CDジャケットサイズを除く)、短辺を綴じる横長の冊子等自由度の高い冊子の作成が可能です。 仕上がりサイズとページ数により料金が異なりますので用途に合わせてお選びください。

料金例 A4B5中綴じ冊子/コート紙110kg/10営業日/フルカラー8ページ

部数 料金 単価
100部あたり税込¥20,042~@200.4円
1,000部あたり税込¥28,215~@28.2円
10,000部あたり税込¥146,201~@14.6円

サイズ展開豊富

正方形・変型や大判冊子・横長冊子

正方形や縦長など変型サイズも同料金でご対応。大判冊子や横長(短辺綴じ)冊子もご用意しています。

表紙変更できます追加料金あり

表紙変更オプション

表紙用紙の変更の他、観音表紙(片観音・両観音)の冊子も作成できます!表紙の表面加工(PP貼り加工・PET貼り加工)にも対応。

Officeデータのご入稿追加料金あり

Officeデータ入稿

Microsoft Officeアプリケーションで作成されたWordやPowerPointなどのデータもご入稿可能です。

料金表を見る

プルダウンメニューより紙種を選択してください。

  • 表紙(4P)、冊子製本加工込みの料金となっております。
商品名 本文カラー 料金表示
CDジャケットサイズ
中綴じ冊子
121mm×119.5mm
モノクロ
フルカラー
A6B7 中綴じ冊子
91mm~105mm×120mm~148mm
モノクロ
フルカラー
A5B6 中綴じ冊子
105mm~148mm×120mm~210mm
モノクロ
フルカラー
A4B5 中綴じ冊子
105mm~210mm×148mm~297mm
モノクロ
フルカラー
B4 中綴じ冊子
128mm~257mm×210mm~364mm
モノクロ
フルカラー
A3 中綴じ冊子
148mm~297mm×210mm~420mm
モノクロ
フルカラー
A5B6 (横長/短辺綴じ)
中綴じ冊子
121mm~210mm×120mm~148mm
モノクロ
フルカラー
A4B5 (横長/短辺綴じ)
中綴じ冊子
149mm~297mm×148mm~210mm
モノクロ
フルカラー

このページのトップに戻る

仕様/特徴

高精細印刷

こちらの印刷商品は、240線の高精細印刷で美しく高品質に仕上げます。印刷見本・用紙サンプル・カラーチャート・各種資料請求は無料サンプル請求

製本の方法

中綴じ製本とは4ページ分を2つに折ったものを重ねて、真ん中をホッチキス(針金)で止める製本の方法です。>>製本の種類と特徴はこちら

製本の方法
サイズ

変型可能サイズ

  • A6/B7仕上がり
  • A5/B6仕上がり
  • A4/B5仕上がり
  • B4仕上がり
  • A3仕上がり
長辺綴じの場合 短辺綴じの場合

定型サイズ

  • CDジャケットサイズ

変型可能サイズ(横長/短辺綴じ)

  • A5/B6横長仕上がり
  • A4/B5横長仕上がり
対応ページ数
8~64ページ
※サイズによって対応ページ数は変わります。
納期
最長10営業日~最短0営業日以内出荷
※用紙/サイズによってお選びいただける納期が変わります。
対応用紙

本文/表紙

表紙専用

※2 片観音・両観音表紙は非対応
※1 A6、CDジャケットサイズのみ対応
※2 本文ページの紙種/サイズによってお選びいただける用紙が変わります。
※3 本文135kg以上の用紙はB7サイズに非対応
印刷方式
高精細オフセット印刷機(線数:240線)
オフセット印刷とは?
対応アプリケーション
  • [Adobe]Adobe IllustratorAdobe PhotoshopAdobe InDesignAdobe Illustrator PDF
  • [Officeそのまま入稿]Microsoft Word そのまま入稿Microsoft PowerPoint そのまま入稿Microsoft Publisher そのまま入稿
  • [そのほか]画像ファイル入稿/CubePDFで書き出したPDF/PDF Web校正入稿
対応オプション
/サービス
  • 表紙変更、表面加工、箔押し加工、エンボス加工、孔開け加工は以下の場合は非対応となります。
    1. 0営業日以内出荷プラン(全仕様)
    2. 1~3営業日以内出荷プラン:8Pの11,000部以上、12P/16Pの8,500部以上、20P/24P/32Pの4,500部以上
  • (※1)表紙変更:
    1. 本文用紙が紙厚135kgかつ48P以上の場合は非対応
    2. 片観音・両観音表紙は、A4/B5/A5定型サイズのみ対応
    3. 【追加納期】通常・片観音は追加なし、両観音は+1営業日追加
  • (※2)表面加工:
    1. 表紙・裏表紙のみ対応
    2. PP/PET貼り加工:紙厚135kg以上、UVニス加工:紙厚110kg以上
    3. PET貼り加工は紙厚、ページ数によって対応が異なります
  • (※3)箔押し加工/エンボス加工:
    1. 紙厚110kg以上の表紙のみ対応(エンボス加工は上質紙110kgの対応不可)
    2. A3仕上がり、B4仕上がり、A4B5仕上がり(横長)は非対応
    3. 両観音表紙と併用不可。片観音表紙はA5のみ併用可
  • (※4)OPP袋封入:
    1. 対応サイズはA5B6、A5B6(横長)、A4B5、A4B5(横長)、B4です
  • (※5)校正サービス:
    1. 0営業日以内出荷プランは非対応

中綴じ冊子の綴じ方について

【通常の綴じ方向】※長辺を綴じます。

冊子の縦長仕上がり
「横使い(天綴じ・上綴じ・上開き)」の場合も通常の
『中綴じ冊子』よりご注文いただけます。

【横長仕上がり】※短辺を綴じます。

冊子の横長仕上がり
『中綴じ冊子(横長/短辺綴じ)』よりご注文いただけます。

表紙変更について追加料金あり

表紙の紙種変更が可能です

表紙4ページ分を本文と異なる用紙に変更することができます。
例えばコート紙90kgの本文にコート紙180kgの表紙といった組み合わせが可能です。(表紙は本文と同等以上の厚さである必要があります。)

表紙の紙種変更が可能

片観音・両観音表紙もお選びいただけます

  • A5/B5/A4の定型サイズのみのご対応となります

【片観音表紙】

表紙(表1)に折り返しを追加する仕様です。

片観音表紙:表紙(表1)に折り返しを追加

※裏表紙(表4)に折り返しを追加することはできません

【両観音表紙】

表紙・裏表紙に折り返しを追加する仕様です。

両観音表紙:表紙・裏表紙に折り返しを追加

このページのトップに戻る

商品の注意点

  • CDジャケットサイズについては、本文/表紙の組み合わせによってはRIS203(日本レコード協会規格)規格外となる場合やCDケースに収まらないことがあります。RIS203について
  • 52P以上は加工の関係上70kg~90kg限定となりますのでご了承ください。
  • ご注文部数が多い場合やページ数が多い場合は、数日に分けての出荷・納品となる場合がございます。もしくは、チャーター便でのお届けになる場合がございます。(事前にお客様にご連絡の上、弊社の出荷期限内に全て出荷いたします。)

片観音・両観音表紙をご利用の場合

  • 折り返した表紙は本文(中面)より少し短い仕上がりとなります(右図)。これは断裁の際に表紙部分を切り落とさないためですので、予めご了承ください。
  • 本文のページ数・表紙の紙厚によって若干膨らんだ仕上がりになる場合があります。
表紙は本文(中面)より少し短い仕上がりとなります

データの作成について

  • 見開きの状態でデータを作成してください。定型サイズで作成される場合は、中綴じ冊子テンプレートをご利用ください。
  • 片観音・両観音表紙をご利用の場合、本文と表紙を別々のファイルで作成いただく必要があります。

データの作成について詳しくは中綴じ冊子のデータ作成ガイドをご確認ください。

表紙のひび割れ(背割れ・紙割れ)について

表紙用紙の折り部分の外側の繊維が伸び、一部表面が裂けてひび割れを生じます。そのため、色を付けている場合、ひび割れ部分の紙の白色が目立ってしまいます。(右図参照)。特にページ数が少ない冊子や濃い色のデザイン(ベタや平網、写真等)の場合「ひび割れ」が目立つ場合があります。ご注意ください。

弊社ではできるだけひび割れ(背割れ)を抑えるよう、細心の注意を払って加工しておりますが、上記理由により必ず生じる現象です。予めご了承頂きますようお願いいたします。
なお、ひび割れ(背割れ)を目立ちにくくされたい場合は、データ作成時の際、折り目部分にベタや平網、写真等を配置されないようにお願いたします。

折り割れの例

このページのトップに戻る

印刷アイデア集「ideaWAVE」から用途事例をご紹介します。

このページのトップに戻る

関連FAQ−よくあるご質問−>>FAQトップ