コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

封筒印刷
(オンデマンド+既製封筒に刷込み)

最小20部から10部刻みでご用意

既製品の封筒に、オンデマンド印刷で刷込み

最短当日出荷OK!

封筒は5種類、透過防止+撥水加工タイプあります

フルカラーまたはモノクロで印刷

0~3営業日以内出荷20~最大1,500部

料金を確認する

データ作成の注意点はこちら データ作成用テンプレート

料金例角2封筒(刷込)/ケント100/3営業日/片面モノクロ

部数 料金 単価
20部あたり税込¥2,849~@142.5円
100部あたり税込¥4,444~@44.4円
500部あたり税込¥12,859~@25.7円

料金表を見る

プルダウンメニューより紙種を選択してください。

商品名
※フタ(入れ口)部分除く
郵便番号枠 料金表示
長3封筒(刷込)
120mm×235mm
郵便番号枠あり
フラップへの印刷に対応
角2封筒(刷込)
240mm×332mm
郵便番号枠なし

このページのトップに戻る

仕様/特徴

封筒サイズ

長3封筒(120mm×235mm)

角2封筒(240mm×332mm)

仕様

<長3封筒>

封筒のサイズ・仕様

納品書や請求書などコンパクトに折り畳んで封入可能です。

<角2封筒>

封筒のサイズ・仕様

会社案内やプレゼン資料など折らずに封入可能です。

対応用紙

<長3封筒>

■クラフト85g/m²(約73kg相当)
■ケント80g/m²(約70kg相当)
■ブルー80g/m²(約70kg相当)
■グレー80g/m²(約70kg相当)

■撥水ホワイト85g/m²(約73kg相当)

長3用紙の色

↑郵便番号枠があらかじめ入っています

<角2封筒>

■クラフト100g/m²(約90kg相当)
■ケント100g/m²(約90kg相当)
■撥水ホワイト100g/m²(約90kg相当)

角2用紙の色

↑郵便番号枠は入っていません

(※連量はおよその値です)

納期
最長3営業日~最短0営業日以内出荷
対応アプリケーション
  • [Adobe]Adobe IllustratorAdobe Photoshop
  • [Officeそのまま入稿]Microsoft Word そのまま入稿Microsoft PowerPoint そのまま入稿Microsoft Publisher そのまま入稿
  • [そのほか]画像ファイル入稿
※Illustrator入稿のみテンプレート必須
対応オプション
/サービス
印刷方法
オンデマンド印刷機
オンデマンド印刷とは

透けない撥水封筒とは

中身が透けない加工、撥水加工を施した封筒です。2つの機能で内容物の情報漏れ、水濡れを防ぎます。

中身が透けない加工

中身が透けない加工を施した不透明度99%の封筒です。光にかざしても見えにくく、重要書類を扱う際に適した封筒です。

不透明度99%で中身が透けない

撥水加工

レインコートのように水をはじき、水濡れが原因で起こる内容物のシワやヨレを防ぎます。郵送時の雨対策にもおすすめです。

撥水加工で水をはじく

このページのトップに戻る

商品についての注意点

印刷可能範囲について

封筒印刷(刷込)は既製封筒(長3・角2サイズ)の表面に印刷いたします。裏面には印刷できません。またフチなしでの印刷はできません。(下図参照)

刷り込み範囲
  • 角2封筒には郵便番号枠は入っていません。郵便番号枠が必要な際は、お客様ご自身で刷り込みデータ内に作成して頂く必要があります。

角2封筒についての注意点

  • ご注文時に「フラップ印刷」オプションにて、フラップ(フタ)への印刷有無をご選択ください。
  • データ作成用のテンプレートは、「フラップに印刷する」「フラップに印刷しない」の2タイプをご用意しております。ご注文内容に合わせてお選びください。

透けない撥水封筒についての注意点

  • 封筒が水に長時間触れる場合は、水分が用紙に浸みる可能性があります。
  • 完全防水ではないため、封筒の貼り合せから水が染み込む可能性がございます。

仕上がりについての注意点

インクが滲んだり、ぼやける恐れがあります
  • オフセット印刷とは印刷方法が異なりますので、同じデータでも、色、濃さなど同一には仕上がりません。予めご了承ください。(一枚ごとの印刷の仕上がりにも若干の差が出る可能性があります。)
  • カラー印刷(4c/0)の場合は、C、M、Y、K単色でデータを作成された場合でも他の色が混色されます。モノクロ印刷(k/0)の場合は混色されないため、カラー印刷と比較するとグレーの色味が異なって仕上がります。
  • 弊社プリンターと用紙の特徴上、インクが滲んだり、ぼやける恐れがあります。特に広範囲のベタや平網部分、写真・グラデーション等は色ムラ・ラインなどが発生しやすくなります。
    また、ベタの上に小さな文字や細いラインを配置された場合、認識し難くなる場合がありますのでご注意ください。
  • 天地左右1㎜程度の印刷ズレが発生する場合があります。そのため、フラップ(フタ)と袋部分で色を切り替えたようなデザインは、「フラップの折目」と「デザインの切り替え部分」がややズレた仕上がりになる可能性があります。
  • 品質管理には最善の注意を払っておりますが、デザインによって右画像のようなラインが発生してしまう場合があります。予めご了承ください。
  • 色付きの封筒にバーコードやQRコードを印刷する場合、コードが読み取りにくくなる恐れがあります。
ラインが出た例

このページのトップに戻る

関連FAQ−よくあるご質問−>>FAQトップ