• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

japancolor認証取得

ISO27001認証取得

クリオネマークゴールドプラス認証取得

Vegetable Oil Ink
弊社のオフセット・軽オフセット印刷は植物油インキを使用しております(クリアファイル印刷を除く)

Fun to Share

MUDロゴマーク

北雪ケント

北雪ケントとは

北雪ケントは、表面の平滑性(なめらかさ)と白さを求めた紙です。高白色のケント紙の代表とも言える用紙で、デザイナーからも高い支持を得ています。
再現性があり、非常に美しい仕上がりを可能にする用紙です。
商業印刷物はもちろん、個人でご利用の案内状やポストカードなどにも適しています。

  • オンデマンド印刷対応
  • 厚紙系
  • 用紙の印刷サンプルを請求(無料)

※写真では用紙の色を完全に再現できません。
確実な質感や色味をご確認いただくためには、サンプル請求より無料の用紙サンプルをご請求ください。

このページのトップに戻る

北雪ケントの特徴・仕上がり

用紙の特徴

北雪ケントの表面

光沢はなく、若干青味がかった白色が特徴です。手触りはさらさらしています。
筆記性に優れているため、鉛筆・ペンなどで文字などを書き込むことが可能です。
また、スタンプ(印鑑)の捺印も可能で、インクジェット・レーザープリンターでの印刷にも対応しています(サンプル請求でお確かめください)。注意ラベル(用紙に関する注意点)

  • 非塗工紙
  • 光沢なし
  • 青色系
  • さらさら

北雪ケントは、環境や社会に大きな負荷を掛けずに生産されたことを保証する「FSC森林認証」を取得した環境対応用紙となっております。(FSCの森林認証制度について

仕上がり品質について

オンデマンド印刷
北雪ケント(オンデマンド印刷)
★★★★
写真や色も美しく仕上がります。
コート紙などの光沢のある用紙に比べると、かなり落ち着いた雰囲気になります。
オンデマンド印刷とは
  • 用紙の印刷サンプルを請求(無料)

※写真では用紙の色を完全に再現できません。
確実な質感や色味をご確認いただくためには、サンプル請求より無料の用紙サンプルをご請求ください。

このページのトップに戻る

北雪ケントの注意点

適正について

  • インクジェットプリンターでの印刷時にはご注意ください。この用紙は一般的にインクジェット対応用紙として流通しておりますが、念のため事前に資料請求して頂き、十分なテストを行って下さい。
  • 筆記やスタンプの捺印をされる予定のお客様は、事前に資料請求して頂き、十分なテストを行ってください。インクによっては乾燥に時間がかかったりにじみが生じる場合がございます。

このページのトップに戻る

北雪ケントのおすすめの用途

  • 清潔感や堅実なイメージを演出したい名刺や案内状・報告はがきにおすすめです。
  • 手書き文字やスタンプインクもしっかり定着しますので、スタンプカードやメンバーズカードにおすすめです。
  • ポストカードやDM(ダイレクトメール)、年賀状などに。宛名面はご家庭のプリンターで印刷可能です。
  • 名刺・ミニカード
  • ショップカード
  • メンバーズカード
  • スタンプカード
  • ポストカード
  • DM(ダイレクトメール)
  • 報告はがき
  • 案内状・招待状
  • グリーディングカード
  • メッセージカード
  • アンケート付きはがき

このページのトップに戻る

連量と対応商品

連量 紙厚/1枚 重量/500枚 用途・厚みのイメージ 対象商品
180kg 約0.26mm 約1.65kg
(ハガキサイズ)
官製はがきと同程度〜若干厚めの印象です。高白色のケント紙で、DM(ダイレクトメール)や名刺、ポストカード、ショップカードなどに使用されます。
【厚みのイメージ】
名刺・メンバーズカード・スタンプカード・はがき・ポストカードなど
厚さのイメージは目安としてお考えください。用紙の種類、加工等によって弊社取り扱い用紙との相違が生じる点をご了解ください。実際の用紙の厚み・質感等は、資料請求して頂き用紙サンプルにてお確かめください。

印刷用語:kg【キログラム】

印刷業界では原紙1000枚を1連といい、その1連の重さを表す量を“連量”と呼びます。原紙が厚くなれば一連の重さも重くなるため、連量はその紙の厚みを測る目安として利用されています。弊社ホームページで目にされる“kg”はこの連量の単位となっております。
連量は、主に“菊判(636×939mm)”と“四六判(788mm×1091mm)”という原紙サイズ別の表記がございますが、弊社では四六判での表記に統一しております。

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

関連FAQ−よくあるご質問−>>FAQトップ