• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

japancolor認証取得

ISO27001認証取得

クリオネマークゴールドプラス認証取得

Vegetable Oil Ink
弊社のオフセット・軽オフセット印刷は植物油インキを使用しております(クリアファイル印刷を除く)

Fun to Share

MUDロゴマーク

書籍/論文/文集印刷 モノクロ、特色一色刷りの無線綴じ冊子・色上質、レザック対応

低価格な1色刷りの無線綴じ製本冊子印刷(軽オフセット印刷)

文章中心の冊子に!特色印刷
B6サイズ24P(本文20P+表紙4P)
50部
税抜き¥16,691〜

黒(k)または特色(DICカラー25種類)よりお選び頂けます。
文集、論文集、研究誌、会社資料、シラバス(講義概要)、小説、テキスト、問題集等、印刷から製本まで承ります。

料金表はこちら

表紙・本文とも1色刷りの冊子印刷です

本文は20ページ〜192ページまで対応。表紙用紙として、本文と同じ用紙の他に、色上質紙32色、レザック34色をご用意しております。
※ページ数の少ない冊子(本文8〜60ページ)は、中綴じ製本冊子印刷(軽オフセット)をご利用ください。

軽オフセット印刷とは?

軽オフセット印刷は、1色刷りで文字や線画に適した線数で印刷されるため、写真や図などの再現性は低くなります。また版の特性上、大部数の印刷には向いていません。
詳しくは「軽オフセット印刷とは」を必ずご確認ください。

電子ブック変換

ご入稿いただいた印刷用データから、電子ブックを作成いたします。電子ブックなら、印刷物と同じ情報を、パソコンはもちろん、専用のアプリでiPhone/iPad(iOS)やAndroid端末でも閲覧いただくことが可能です。

このページのトップに戻る

仕様/特徴

製本の方法

無線綴じ製本無線綴じ製本冊子とは丁合の完了した折丁の背に糊を塗布して表紙を貼付けるくるみ製本とも呼ばれる方式です。

>>製本の種類と特徴はこちら

サイズ

B6/A5/B5/A4仕上がり
(A5、B5、A4サイズは変形に対応)

対応ページ数

20〜192ページ(+表紙)

対応部数

50〜1000部(版の特性上、大部数のご注文は承ることができません)

納期

土日祝営業カウント対象外商品5営業日以内発送

対応用紙

本文に使用できる用紙

[本文]

※用紙の色味が若干異なります(右図)
[無料でお届け]用紙サンプルの請求は資料請求ページから

[表紙] >> 表紙用紙についての詳細

  • 上質紙 70kg・90kg・110kg・135kg
  • 再生上質紙 70kg・90kg・110kg・135kg
  • 書籍紙 72.5kg・90kg
  • 色上質紙 中厚口・厚口・特厚口・最厚口・超厚口<各32色>
  • レザック66(175kg)<各34色>

印刷線数

100線と133線の違い線数をお選び頂けます。
100線・・・写真を多用した紙面向き
133線・・・文字中心の紙面向き

線数による印刷結果の違いは軽オフセットの品質についてをご確認ください。

印刷色数

1色刷り(黒[k]または特色[DICカラー]25種類)
DICカラーイメージ
>> 使用できるDICカラーの詳細はこちら

対応オプション
/サービス

表紙の用紙について

表紙用紙として、本文と同じ用紙の他に、色上質紙32色、レザック34色をご用意しております。

色上質紙カラーサンプル

中厚口 上質紙70kg相当 0.095mm
厚口 上質紙90kg相当 0.110mm
特厚口 上質紙110kg相当 0.150mm
最厚口 上質紙135kg相当 0.180mm
超厚口 上質紙180kg相当 0.250mm

レザックカラーサンプル

皮模様のエンボス加工が特徴の、表面に若干の凹凸のある用紙です。凹凸部分はインキが均一にのりにくいため、ベタの印刷には向いていません。

レザック66 斤量175kg 0.230mm
  • 背幅無線綴じ製本冊子の表紙のデータには「背幅(背表紙)」が必要です。必ず背幅込みのサイズの見開きデータを作成して頂きますようお願いいたします。
  • 背幅自動計算ツールはこちら

このページのトップに戻る

商品の注意点

  • 無線綴じ製本冊子のデータ作成注意点を必ずお読み下さい。
  • 短辺綴じの冊子はお受けできませんのでご了承下さい。
  • ページ数が多くなると背の糊部分の厚みでご注文時の寸法より1mm前後幅広に仕上がる事がございますのでご了承下さい。
  • 表紙/本文とも、データは必ずグレースケール(またはモノクロ2階調)で作成してください。
  • カラーデータ(CMYK)で入稿された場合、不備データの扱いとなり、お客様で修正後、再入稿していただく必要があります。その際、受付日が変更となり納期に遅れが生じる場合があります。
  • k(1%〜100%)以外の色(1c、リッチブラック等)でデータを作成された場合、強制的にグレースケールへ変換されます。その際、お客様の意図しない結果となる場合がございますが、予めご了承頂きますようお願いいたします。

このページのトップに戻る

料金表を見る

プルダウンメニューより紙種を選択してください。
料金表は本文ページのみの表示となります。表紙の種類はカートに商品を入れる際、オプションよりご選択下さい。

冊子の金額は本文+表紙の合計となります

商品名 仕上がりサイズ(mm) カラー(本文) 料金表示
B6無線綴じ製本冊子
(軽オフセット)
W128×H182 モノクロ[k/k]
特色[1c/1c]
A5無線綴じ製本冊子
(軽オフセット)
W129〜148×H183〜210 モノクロ[k/k]
特色[1c/1c]
B5無線綴じ製本冊子
(軽オフセット)
W149〜182×H211〜257 モノクロ[k/k]
特色[1c/1c]
A4無線綴じ製本冊子
(軽オフセット)
W183〜210×H259〜297 モノクロ[k/k]
特色[1c/1c]

ページ数の少ない冊子は中綴じ製本冊子印刷(軽オフセット印刷)がオススメです

ページ数の少ない冊子なら、軽オフセット印刷の中綴じ製本冊子をご利用ください。最小8P(本文)から対応可能です。

フルカラーの冊子ならオフセット印刷がオススメです

写真や図版をきれいに表現するなら、高精細オフセット印刷の無線綴じ製本冊子印刷をご利用ください。本文、表紙ともフルカラー印刷対応!もちろん本文モノクロ(k/k)印刷にも対応しています。

ページ数の多い冊子なら、PUR製本冊子印刷をご活用ください

PUR製本冊子印刷は見開きに強く、ページ数の多い冊子に最適な製本の冊子です。

このページのトップに戻る

各製本方法の違いは?

  • 中綴じ製本は、紙を2つ折りにした中心を針金を使ってホッチキスのように止める方法です。無線綴じ製本と比較すると、比較的ページ数の少ない冊子に向いています。
  • 無線綴じ製本は、いくつかにまとめた冊子状の用紙を一つにまとめ、背に当たる部分を削るまたは切り込みを施した後に糊付けして表紙を貼付ける方法です。
  • PUR製本は、無線綴じ製本の糊の部分に、より接着強度が高い「PUR系ホットメルト接着剤」を使用しており、ページ数が多くても頑丈に製本することが可能です。
  • »製本の種類と特徴はこちら

無線綴じ製本と中綴じ製本とPUR製本の違い

ページ数の表記について

弊社では基本的に冊子印刷は「本文ページ数を基準として表記」しております。表記のページ数+表紙4Pが総ページ数となります。 一方「中綴じ製本冊子(軽オフセット印刷を除く)は本文ページと表紙4Pを含む総ページ数を基準として表記」しております。

デザイン制作から印刷までおまかせください

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

関連FAQ−よくあるご質問−>>FAQトップ