• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
無線綴じ製本冊子/PUR製本冊子 データ作成ガイド

無線綴じ製本冊子/PUR製本冊子について

無線綴じ製本冊子印刷はページ数の多い冊子に向いています。カタログや写真集等にご活用いただけます。
PUR製本冊子印刷はよりページ数の多い分厚い冊子に向いています。強力なPUR糊で製本します。
書籍/論文/文集印刷は文字中心の論文、文集等におすすめです。モノクロや特色一色刷りで仕上げます。

無線綴じ製本冊子印刷 PUR製本冊子印刷 書籍/論文/文集印刷

書籍/論文/文集印刷

【新登場】「書籍/論文/文集印刷」文字中心のモノクロ・特色一色刷り冊子に。表紙はレザックや色上質の指定が可能です。 >> 「書籍/論文/文集印刷」新登場

無線綴じ製本冊子・PUR製本冊子 共通の注意点

表紙と本文のデータは別々で作成
  • 表紙(表1、表4)については、背幅をつけたデータを本文とは別のファイルで作成してください。
    背幅のサイズはページ数や紙種によって異なります。背幅サイズの計算は、背幅計算ツールをご利用ください。
  • 背幅計算ツール
  • 背幅部分には「箔押し加工」と「エンボス加工」がご利用いただけません。

綴じ方向について

右綴じ、左綴じをご指示ください

右綴じ、左綴じをご指示ください 綴じ方向は、右綴じ・左綴じのどちらであるかをご指定いただく必要があります。商品ご注文の際のオプション選択画面にて、「右綴じ」「左綴じ」どちらかを選択いただけます。※データ作成の際は綴じ方向に応じてページ順序が異なりますのでご注意ください。

ページ配置と指示について

ページ番号が分かるようなファイル名で

ページ番号が分かるようなファイル名で作成してください ページごとにファイルを分けてご入稿(aiファイル、EPSファイル、画像ファイル等)の場合は、何ページ目のデータであるか分かるようなファイル名で作成してください。
(例:P01P12.ai、P02P03.ai、P04P05.ai ... など)

ひとつのファイルに複数ページをページ配置順で

ひとつのファイルに複数ページをページ配置順で ひとつのファイルに複数ページをまとめてご入稿(PDF形式、Officeファイルの形式等)の場合は、ページ順をお間違えないよう配置してご入稿ください。
※最終ページが先頭にある等、ページ順が正しく配置されていない場合、そのまま印刷工程へ進む場合がありますのでご注意ください。

具体的なページ配置順序については、各アプリケーション別の作成ガイド内で解説しています。必ずご確認ください。
>> IllustratorIllustratorPDFPhotoshopInDesignOffice画像ファイル入稿

デザインの配置について

裁ち落としまでのデザイン

裁ち落としまでのデザインはずれが目立ちます 裁ち落としにかかるようなデザインをされた場合、製本工程中にズレが生じる場合があり高さが一定に揃いません。

追い込み(セーフティー)

ノド付近にご注意ください無線綴じ冊子の仕様上、中綴じ製本冊子のようにページの中央部分まで完全に開ききる事ができないため、中央の綴じ部(ノド)付近は、ページ数が多い冊子ほど見え難くなります。ノド部分には重要な文字やオブジェクトを配置されないことをお勧めいたします。
(※下図参照:ノドアキは10mm以上推奨)

無線綴じ冊子の追い込みについて
※画像は見開きページで作成している状態です。

仕上がりについて

  • 書籍/論文/文集印刷(オフセット印刷+無線綴じ製本冊子)の見返しへの印刷は承っておりません。見返し(4ページ分)のデータは不要です。入稿データに含めないようご注意ください。
  • 背幅の部分のデザインに表紙、裏表紙、背表紙とはっきり色が分かれるものや、背表紙の中心に文字がくるものは製本作業工程で多少ずれる事がありますのでご注意ください。
  • 頁数が多くなりますと、背の糊部分の厚みでご注文時の寸法よりも1mm前後幅広に仕上がる事がありますのでご了承ください。 ブックカバー等を作成される場合は余裕をもったサイズにされるか現物に合わせて作成される事をおすすめいたします。
    例)120ページ、マットコート110kg、A5の冊子でご注文の場合
      ご注文サイズ(148mm×210mm)→仕上りサイズ(149mm×210mm)

このページのトップに戻る

データチェックと納期について

検版用画像について

検版システム利用オプション

Illustrator、InDesignをご利用の方は「検版用画像」を用意

データをご入稿の際は、検版システムのご利用を推奨しております。印刷用データとは別に、「検版用画像」を見本(カンプ)としてご用意いただくことで、より精度の高いデータチェック(検版)が可能です。

納期について

ページ数が多い冊子はとくに注意

ページ数が多いものはデータチェックに1営業日以上いただく事があり、データ不備があった場合はさらに発送日が延びてしまいます。
入稿の前に十分にデータを確認していただきご入稿いただくことをお勧めいたします。
納期の確認等は大変お手数ですが弊社までお問い合わせ下さい。

このページのトップに戻る

背幅計算ツール

背幅の計算方法

無線綴じの表紙は本文ページ数により背幅が異なります。背幅は本文ページ数×紙厚を2で割ったものに表紙の厚さ×2を足したもので作成してください。

自動背幅計算ツール

本文と表紙の紙種、本文のページ数を選択してください。計算結果が表示されます。

商品名




本文の紙種
表紙の紙種
本文のページ数

→背幅の厚みは   mmです

【背幅計算式】

無線綴じ冊子の背幅の計算方法

【紙厚表】

紙種 紙厚 用途
コート紙73kg 0.07mm 本文
コート紙90kg 0.08mm 本文
コート紙110kg 0.10mm 本文/表紙
コート紙135kg 0.12mm 本文/表紙
コート紙180kg 0.20mm 表紙
コート紙220kg 0.27mm 表紙
マットコート紙70kg 0.08mm 本文
マットコート紙90kg 0.105mm 本文/表紙
マットコート紙110kg 0.13mm 本文/表紙
マットコート紙135kg 0.165mm 本文/表紙
上質紙55kg 0.07mm 本文
上質紙70kg 0.10mm 本文/表紙
上質紙90kg 0.13mm 本文/表紙
上質紙110kg 0.15mm 本文/表紙
上質紙135kg 0.18mm 表紙
紙種 紙厚 用途
再生上質紙55kg 0.08mm 本文
再生上質紙70kg 0.11mm 本文/表紙
再生上質紙90kg 0.13mm 本文/表紙
再生上質紙110kg 0.16mm 表紙
再生上質紙135kg 0.20mm 表紙
書籍紙55kg 0.07mm 本文
書籍紙72.5kg 0.10mm 本文/表紙
書籍紙90kg 0.13mm 本文/表紙
サテン金藤180kg 0.22mm 表紙
色上質紙 中厚口 0.095mm 表紙
色上質紙 厚口 0.110mm 表紙
色上質紙 特厚口 0.150mm 表紙
色上質紙 最厚口 0.180mm 表紙
色上質紙 超厚口 0.250mm 表紙
レザック66 175kg 0.23mm 表紙

※印は書籍/論文/文集印刷のみ対応の用紙です。

このページのトップに戻る

本文と表紙の紙厚について

表紙と本文の紙

マットコート紙は、コート紙に比べて同じ斤量(紙厚)であっても、少し厚いため、しっかりとした印象になります。表紙と本文の用紙を選択される際(とくに、マットコート紙の本文に、コート紙の表紙とする場合など)には、表紙を、1〜2ランク厚い紙にすることをおすすめします。

このページのトップに戻る

アプリケーション別の注意点

アプリケーション 形式 対応 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS >> Illustrator作成方法
Pdf Adobe Illustrator PDF >> IllustratorPDF作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS >> Photoshop作成方法
Id Adobe InDesign PDF >> InDesign作成方法
Office Microsoft Office
CubePDF CubePDF入稿
そのまま・中間ファイル
PDF(CubePDFで書き出し)
>> データ作成方法
画像ファイル入稿 画像ファイル入稿 JPEG・TIFF・PNGなど >> 画像ファイル作成方法

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間