コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
中綴じ冊子印刷 データ作成ガイド

中綴じ冊子印刷について

中綴じ冊子印刷

中綴じ冊子印刷は、商品カタログ、会社案内パンフレット、情報誌、同人誌、会報誌、雑誌など、様々なページものアイテムとしてご利用いただけます。

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

このページのトップに戻る

中綴じ冊子印刷 共通の注意点

綴じ方向について

右綴じ、左綴じをご指示ください

右綴じ、左綴じをご指示ください

綴じ方向は、右綴じ・左綴じのどちらであるかをご指定いただく必要があります。商品ご注文の際のオプション選択画面にて、「右綴じ」「左綴じ」どちらかを選択いただけます。※データ作成の際は綴じ方向に応じてページ順序が異なりますのでご注意ください。

ページ配置と指示について

ページ番号が分かるようなファイル名で

ページごとにファイルを分けてご入稿(aiファイル、EPSファイル、画像ファイル等)の場合は、何ページ目のデータであるか分かるようなファイル名で作成してください。
(例:P01P12.ai、P02P03.ai、P04P05.ai ... など)

ページ番号が分かるようなファイル名で作成してください

ひとつのファイルに複数ページをページ配置順で

ひとつのファイルに複数ページをページ配置順で

ひとつのファイルに複数ページをまとめてご入稿(PDF形式、Officeファイルの形式等)の場合は、ページ順をお間違えないよう配置してご入稿ください。
※最終ページが先頭にある等、ページ順が正しく配置されていない場合、そのまま印刷工程へ進む場合がありますのでご注意ください。

デザインの配置について

小口側の余白に注意

中綴じ冊子の特性上、ページ数が多い場合や、本文用紙が厚めの場合に、小口側の断裁範囲が中のページ程大きくなります(下図参照)。通常の塗り足し範囲(3mm)以上に断裁されますので、データ作成の際、小口のアキにご注意ください。

小口のアキにご注意ください

裁ち落としまでのデザイン

裁ち落としにかかるようなデザインをされた場合、製本工程中にズレが生じる場合があり高さが一定に揃いません。

裁ち落としまでのデザインはずれが目立ちます

このページのトップに戻る

データチェックと納期について

検版用画像について

Illustrator、InDesignをご利用の方は「検版用画像」を用意

検版システム利用オプション

データをご入稿の際は、検版システムのご利用を推奨しております。印刷用データとは別に、「検版用画像」を見本(カンプ)としてご用意いただくことで、より精度の高いデータチェック(検版)が可能です。

納期について

ページ数が多い冊子はとくに注意

このページのトップに戻る

表紙について

本文と表紙の紙厚について

観音表紙について

片観音表紙の場合

片観音表紙の綴じ方向にご注意ください

片観音表紙の場合、右綴じを選択いただいた場合は右綴じ表紙部分が折り込まれます。(左綴じの場合も同様に、左綴じ表紙部分が折り込まれます。)裏表紙を観音にすることはできませんので、あらかじめご了承ください。

このページのトップに戻る

アプリケーション別の注意点

アプリケーション 形式 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS Illustrator作成方法
Pdf Adobe Illustrator PDF IllustratorPDF作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS Photoshop作成方法
Id Adobe InDesign PDF InDesign作成方法
Office Microsoft Office そのまま Office作成方法
CubePDFCubePDF入稿 PDF CubePDF作成方法
画像ファイル入稿 画像ファイル入稿 JPEG・TIFF・PNGなど データ作成方法

このページのトップに戻る