• PDF入稿
  • PDF Web校正入稿ページへ
  • 検版システム利用オプションページへ
  • テンプレートダウンロードページへ
Twitter Facebook Google+ Youtube

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いとは?

印刷・DTPの基礎知識

オンデマンド印刷とは

オンデマンド(On demand)印刷とは、「要求・必要に応じて必要な部数を提供する印刷」という意味です。
原稿データをダイレクトに読み取って複写・製本までを一貫処理する印刷方式で、 製版作業の必要がないため、小部数の印刷や短納期での対応が必要な印刷に適しています。
細部の再現性においてはオフセット印刷に劣りますが、家庭用プリンターと比較すると格段に綺麗で、一般的な商業印刷レベルの仕上がりを実現します。

> オフセット印刷について詳しくはこちら

オンデマンド印刷商品はこちら

弊社では、オンデマンド印刷のための高性能な出力機を取り揃え、お客様のご要望にお応えできる商品を多品種に提案しております。

オンデマンド印刷のメリット/デメリット

オンデマンド印刷のメリット「多品種・短納期・小部数」

多品種対応(豊富な商品ラインアップ)

名刺、DM、チラシ、冊子だけではなく、ポスターやパネルなど店頭や展示会でご利用いただける商品、シール/ステッカー、マウスパッドといったグッズやノベルティに使える商品まで様々な印刷商品をご用意しております。

小部数ポスター・パネル・シール・名刺などに

短納期対応

製版工程が不要なオンデマンド印刷は、納品のスピードが違います。情報の更新が頻繁なDMやチラシ、会社案内、パンフレットなど情報の修正・増刷の際もスピーディに対応可能です。

小部数対応

短納期で小部数対応のオンデマンド印刷小部数から対応可能なオンデマンド印刷なら必要な分だけをその都度ご注文いただけます。不要な在庫の保管や廃棄を削減することができるため、節約・節電・エコにつながります。また小部数で多様なデザインの印刷物の作成にも最適です。

オンデマンド印刷のデメリット

印刷品質について

オンデマンド印刷のデメリットオンデマンド印刷機の特性上、ベタや平網、写真等は色ムラが発生しやすくなります。また、印刷用紙・メディアとの組み合わせにより、細かい文字は線は若干にじみます。
インクジェット式またはトナー式の印刷の場合、摩擦や折りによるインキの割れが発生することもあります。

無料サンプルをご用意しています

無料サンプルをご用意しています各種印刷サンプル・商品サンプルを無料でお届けいたします。
実際の印刷仕上がりは、サンプルにてお確かめください。

無料サンプルをご用意しています

オンデマンド印刷の仕組み

作業の流れ(オフセット印刷との違い)

DTP制作-オンデマンド印刷-加工-納品

オンデマンド印刷の工程には、オフセット印刷で見られた「製版作業」がありません。
DTP制作(デザイン・版下制作)されたデータを、直接印刷機から出力するためです。
版が必要でないため、小部数でも価格を抑えつつ、必要な部数をスピーディに印刷することが可能です。

オンデマンド印刷商品のための、高性能な出力機を取り揃えています

弊社では、商品それぞれの特性や用途に合わせて、さまざまなオンデマンド印刷をご用意しております。

高性能カラーレーザー印刷

高性能カラーレーザープリンター 出力解像度2400dpiの高性能レーザープリンターです。
一般的なレーザープリンターとは違い、商業印刷としても使える美しい印刷が可能です。
用紙もさまざまに対応しており、名刺などカードの印刷や、オフセット印刷商品の簡易校正用出力機としてもその力を発揮しています。

ビビッドカラー印刷

写真やイラストを鮮やかに再現するなら「ビビッドカラー印刷」がオススメ!高彩度トナーの使用により、sRGBに近い色域で、蛍光色やレッド、グリーン、ブルーなどの原色の鮮やかな色彩を可能な限り再現いたします。

デジタルオフセット印刷

デジタルオフセット印刷機内部構造3D弊社ではデジタルオフセット印刷機としてヒューレットパッカード社様の「Indigoシリーズ」を導入しております。
極微な特殊インキを使用し、用紙にも改良を加えることでインキの吸着率を上げ、オフセット印刷に迫る印刷品質、色の再現性を持ちながら、オンデマンド印刷として短納期を実現しております。

水性顔料インクジェット印刷

水性顔料インクジェットプリンター B0サイズ(1030mm×1456mm)の大きなサイズの印刷も可能です。
フォト光沢紙・半光沢紙に対応しており、鮮やかな発色で、高画質な仕上がりを求められるポスターなどのサイン・ディスプレイに最適です。
ロール状の用紙に印刷するため、長いサイズを印刷することも可能です。ご希望の方はお問い合わせください。

UV硬化インクジェット印刷

UV硬化大型インクジェットプリンター UV(紫外線)硬化インクを使用しています。
印刷直後に紫外線を照射し、瞬時にインクを硬化させるため、用紙だけでなくプラスチックやアクリルなど、さまざまな素材にも印刷が可能です。
また、等身大の大きなサイズや厚みのある立体物にも印刷可能なものや、カッティング機能を兼ね揃えているものなど、商品それぞれに合った高性能出力機を採用しています。

この他にも、オンデマンド印刷で仕上がったさまざまな印刷物を美しく仕上げる高性能電動カッターや、レーザー加工機、ラミネート加工機などを採用しており、多品種なオンデマンド印刷商品の製造が可能です。

オフセット印刷とは

オフセット印刷とは、商業印刷物を生産する際の印刷方式の主流として用いられる平版(へいはん)印刷のひとつです。写真や色などの再現性に優れ、品質が重視される印刷物を大量に印刷する場合に適する印刷方法です。

> オフセット印刷について詳しくはこちら

オフセット印刷のメリット/デメリット

美しい仕上がり・大部数もスピーディに印刷

オフセット印刷は、大量の印刷を短時間で仕上げることができます。さらに大部数の印刷であればあるほど、単価も低価格になるのが特徴です。
反面、印刷コストの大半が製版にかかるため、小部数の印刷の場合は、印刷物の1枚単価が割高になります。

オンデマンド印刷とオフセット印刷の選び方

小部数を短納期でご希望の際はオンデマンド印刷をご利用ください。一般的な商業印刷レベルのキレイな仕上がりを実現します。
また、オンデマンド印刷は、パネルやタペストリー、シール、テープなど、多彩なメディアに対応しています。

大部数のチラシや、販売用のポスター、冊子など、商業印刷物として使用される場合やクオリティの高い仕上がりをご希望の際は、オフセット印刷をオススメいたします。
オフセット印刷は、高精細できめ細かく美しい仕上がりです。写真や色などの再現性に優れています。

このページのトップに戻る