• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
封筒印刷(刷込) データ作成ガイド

この商品の仕様/料金を確認モノクロまたはフルカラーにて刷り込みが可能です。用紙の種類も選べて、リーズナブルにオリジナル封筒を作成していただけます。
封筒印刷(刷込)

対応アプリケーション

AiAdobe Illustrator (一部最新機能は除く) 対応バージョン

PsAdobe Photoshop (一部最新機能は除く) 対応バージョン

officeMicrosoft Office ワード・パワーポイントなど(Winのみ) 対応バージョン

画像ファイル画像ファイル入稿 TIFF(推奨)、BMP、JPEG、GIF、PNGなど

封筒印刷(刷込) データ作成の注意点

封筒印刷(刷り込み)のサイズについて

刷り込み封筒印刷は、長3封筒・角2封筒それぞれで印刷可能領域が決まっております。下記サイズ表をご確認のうえ、指定範囲内でデータを作成していただきますようお願いいたします。

指定範囲内でデータを作成してください

  長3封筒 角2封筒
印刷範囲 幅:110mm × 高さ:229mm 幅:210mm × 高さ:326mm
必要余白 上下3mm・左右5mm 上下3mm・左右15mm

作成データのサイズ設定について

部分的なデザインの場合にも、空白部分を含んだ規定のサイズで作成してください部分的なデザインの場合や、名入れ・ロゴ等のみのデザインの場合でも、空白部分を含んだ規定のサイズでデータを作成してください。ロゴデータやテキストデータのみの場合は、レイアウトの位置が確認できないため、データ不備となりますのでご注意ください。

他商品と異なり、印刷範囲に対しての塗り足しは必要ありません。
また、フチなし印刷(封筒全体に印刷)することはできません。 自由なレイアウトで封筒印刷をご希望の場合は封筒印刷(オフセット印刷)をご利用ください。

長3サイズの郵便番号枠の位置について

郵便番号枠のレイアウト長3封筒では、あらかじめ郵便番号枠の印刷されたものをご用意しております。
郵便番号枠の位置は変更できませんので、デザイン時にはご注意ください。

  • モノクロ印刷をご注文の場合は、データ作成の際に、モノクロ(グレースケール)変換をしていただく必要があります。方法については、各アプリケーションのデータ作成ガイドをご覧ください。
  • 細かい白抜き文字は、印刷によってつぶれてしまう可能性があります。データ作成時にはご注意ください。

このページのトップに戻る

アプリケーション別 データ作成の注意点

Illustratorで作成される場合

データ作成用テンプレート(無料)をご利用ください

テンプレートダウンロードページへ定型サイズで作成される場合は、データ作成用テンプレートをご用意しております。テンプレートダウンロードページより無料でダウンロードしていただけます。

このページのトップに戻る

Photoshopで作成される場合

データ作成用テンプレート(無料)をご利用ください

テンプレートダウンロードページへ定型サイズで作成される場合は、データ作成用テンプレートをご用意しております。テンプレートダウンロードページより無料でダウンロードしていただけます。

このページのトップに戻る

Microsoft Officeソフトで作成される場合

Officeをご利用の場合は、ページ設定が必要となります。
※封筒印刷(刷り込み)のデータには、塗り足しが必要ありません。

Wordの場合

サイズを指定してください
ページ設定ダイアログ
[ファイル] → [ページ設定]
用紙設定タブ
用紙サイズ:幅110mm/高さ229mm
(角2の場合:幅210mm/高さ326mm)
余白タブ
余白:すべて0mm

※他商品と異なり、印刷範囲に対しての塗り足しは必要ありません。そのため、余白はすべて0mmとなります。

PowerPointの場合

サイズを指定してください
ページ設定ダイアログ
[ファイル] → [ページ設定]
ページ設定
スライドのサイズ指定:ユーザー設定
スライドサイズ:幅11cm/高さ:22.9cm

Publisherの場合

サイズを指定してください
ページ設定ダイアログ
[ファイル] → [ページ設定]
レイアウトタブ
文書の種類:ユーザー設定
ページサイズ:幅11cm/高さ22.9cm

Excelの場合

Excelでのデータ作成は困難です

Excelは表計算ソフトのため、実際にはサイズ設定の概念がありません。
そのため、カスタムサイズでのページ設定ができません。封筒印刷(刷込)をご希望される場合は他のソフト(Wordなど)での作成をお奨め致します。

このページのトップに戻る

画像ファイル入稿で作成される場合

データサイズは、印刷可能範囲を基準に作成してください。印刷可能範囲の画像を作成した後、TIFFやJPEGなどの画像形式に書き出してご入稿ください。

  • データ作成範囲が印刷範囲となります。塗り足しは必要ありません。
  • 印刷可能範囲については下記の表を参考にしてください。

サイズ、解像度の設定方法は、ご使用のソフトによって異なります

画像サイズは印刷可能範囲のサイズ、画像解像度は300〜350dpi(※推奨)で作成してください。

※サイズをピクセルにて設定される場合は、下記のサイズ表(ピクセル表記)または、入稿用画像サイズ計算ツールを参考にご作成ください。

印刷可能範囲のサイズ表(※ピクセルの数値:解像度350dpiの場合)

封筒の種類 印刷可能範囲(mm) 印刷可能範囲(pixel)
長3封筒 幅:110 × 高さ:229 幅:1516 × 高さ:3156
角2封筒 幅:210 × 高さ:326 幅:2894 × 高さ:4492

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

この商品の関連ページ

この商品の仕様/料金を確認

この商品のIllustratorテンプレート

商品・加工別のデータ作成ガイドトップへ戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間