• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
スイングPOP印刷 データ作成ガイド Illustrator入稿

スイングPOP印刷について

目次

スイングPOP印刷

ゆらゆら揺れて思わず目を引くスイングPOP。紙製のポップとポリプロピレン製のポップをご用意しております。

この商品の仕様/料金を確認

<< スイングPOP印刷作成ガイドトップへもどる

Illustratorで作成される場合

テンプレート必須商品です

弊社テンプレートでのご入稿が必須です。下記リンクより、テンプレートをダウンロードし、データ作成にご利用ください。
スイングPOP印刷のテンプレート

紙製POPの場合

ご希望のサイズのテンプレート(紙製POP用)をダウンロードしていただきデータを作成してください。
プロセスデータ作成についてはIllustratorデータ作成の注意点をご覧下さい。

ポリプロピレン製POPの場合

ご希望のサイズのテンプレート(ポリプロピレン製POP用)をダウンロードしていただきデータを作成してください。
部分的に白版を印刷する場合は、プロセス(CMYK)データと白版データの2種類のデータの作成が必要です。

白版データの作成方法(ポリプロピレン製POP:部分的に白版を印刷する場合)

プロセスデータを作成してください

プロセスデータの作成

プロセスデータ作成

ご希望のサイズのテンプレート(ポリプロピレン製POP用)をダウンロードしていただき規程の範囲内にデータを作成してください。
プロセスデータ作成についてはIllustratorデータ作成の注意点も合わせてご覧下さい。

プロセスデータを複製

プロセスデータと白版データ

完成したプロセスデータ(アウトライン化済)をファイルごとコピーし、白版データとして使用します。
白版データは必ずプロセスデータとは別ファイルにて作成して下さい。

<白版データファイル名>
○○_shiro.ai  ※○○の部分は任意です

白版データを作成します

白版データは、プロセスデータと同じ座標に弊社指定の特色で塗りつぶしたオブジェクトで作成します。

ポリプロピレン製POPのテンプレートについて

スウォッチ使用例

「白版データ」はオブジェクトを特色カラーで塗りつぶしていただく必要があります。専用テンプレートのスウォッチに特色カラーをご用意しておりますので、白版データ作成の際はご使用いただきますようお願いいたします。

プロセスデータのある部分に対して白版を印刷する場合

透明の部分を残したい場合

透明の部分を残したい場合は、プロセスデータを配置している部分のみに白版を作成してください。

白版はプロセスデータよりも0.1mm縮小して作成することで、印刷工程で生じるずれを目立たなく仕上げる事が出来ます。

オブジェクトの変形手順

オブジェクトに対する白版作成時の、オブジェクトの縮小を例にご説明していきます。

白版データ作成フローIllustrator

対象のオブジェクトを選択(図1)

※線がある場合は(オブジェクト→分割・拡張)を行って下さい

パスを合体します(図2)

パスを合体する(パスファインダ)
[ウィンドウ]→[パスファインダ]

0.1mm小さいオブジェクトを作成(図3)

パスのオフセットダイアログ
[オブジェクト]→[パス]→[パスのオフセット]
パスのオフセット
オフセット値:-0.1mm
※オブジェクトを拡大する場合には、オフセットの値を「0.1mm」にして下さい。

スウォッチより特色を指定(図4)

オフセットしたオブジェクトの塗りの色は弊社指定の特色で塗りつぶしてください(スウォッチをご利用ください)

不要なオブジェクトの削除(図5)

白版からはみ出しているプロセスデータを削除して白版の完成です(図5)
白版データ完成

白版データの保存

白版データ作成後、白版データ内のプロセスデータオブジェクトは削除し、指定の特色カラーのオブジェクトのみであることをご確認いただいたのち、ご入稿下さい。

指定の特色以外のカラーを使用しないでください

白版のオブジェクトは必ずスウォッチに設定されている特色で塗りつぶしてください。

100%以外の濃度を設定しないでください

塗りつぶしたオブジェクトにグラデーションや透明効果の使用はお避けください。
Illustrator入稿で、色(プロセスカラー・白版)をのせたくない箇所はクリッピングマスクまたは切抜きをしてオブジェクトがない状態にしてください。0%=白のオブジェクトで隠す方法は適切ではありません。仕上がりが予期せぬ結果となる場合があります。

以下の機能(効果メニュー)は使用できません

「3D」「ドロップシャドウ」「光彩」「ぼかし」の効果は使用しないでください。

画像データ(ビットマップデータ)は使用しないでください

プロセスデータに画像データ(ビットマップデータ)を使用している場合は、画像の形状にあったオブジェクトを作成してください。

Illustrator入稿ガイドIllustratorでデータ作成される場合は、Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

この商品の関連ページ

この商品の仕様/料金を確認

この商品のテンプレート

商品・加工別のデータ作成ガイドトップへ戻る

その他の関連ページ

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間