コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
スイングPOP印刷・POPカード印刷 データ作成ガイド
Illustrator入稿

スイングPOP印刷・POPカード印刷について

スイングPOP印刷・POPカード印刷

思わず目を引くスイングPOPPOPカード印刷。紙製のポップとポリプロピレン製のポップをご用意しております。(POPカードは紙製のみ)

スイングPOP印刷POPカード印刷

<< スイングPOP印刷・POPカード印刷作成ガイドトップへもどる

Illustratorで作成される場合

紙製POPの場合

ご希望のサイズのテンプレート(紙製POP用)をダウンロードしていただきデータを作成してください。
プロセスデータ作成についてはIllustratorデータ作成の注意点をご覧ください。

ポリプロピレン製POPの場合

ご希望のサイズのテンプレート(ポリプロピレン製POP用)をダウンロードしていただきデータを作成してください。
部分的に白版を印刷する場合は、プロセス(CMYK)データと白版データの2種類のデータの作成が必要です。

このページのトップに戻る

白版データの作成方法
(ポリプロピレン製POP:部分的に白版を印刷する場合)

プロセスデータを作成してください

プロセスデータの作成

プロセスデータ作成

ご希望のサイズのテンプレート(ポリプロピレン製POP用)をダウンロードしていただき規程の範囲内にデータを作成してください。
プロセスデータ作成についてはIllustratorデータ作成の注意点も合わせてご覧ください。

プロセスデータを複製

プロセスデータと白版データ

完成したプロセスデータ(アウトライン化済)をファイルごとコピーし、白版データとして使用します。
白版データは必ずプロセスデータとは別ファイルにて作成してください。

<白版データファイル名>
○○_shiro.ai  ※○○の部分は任意です

白版データを作成します

白版データは、プロセスデータと同じ座標に弊社指定の特色で塗りつぶしたオブジェクトで作成します。

全体に白版を印刷する場合(推奨)

全面を特色カラー(スウォッチ使用)で塗りつぶします(塗り足し含む)
全面に白版を配置することで、印面の強度が向上し、インキ剥がれ等のトラブルを回避しやすくなります。
※プロセスデータが作成されていない部分は白色になります

塗り足しを含めた範囲を全て塗りつぶしてください

プロセスデータのある部分に対して白版を印刷する場合

透明の部分を残したい場合は、プロセスデータを配置している部分のみに白版を作成してください。

白版はプロセスデータよりも0.3mm縮小して作成することで、印刷工程で生じるずれを目立たなく仕上げる事が出来ます。

透明の部分を残したい場合

オブジェクトの変形手順

オブジェクトに対する白版作成時の、オブジェクトの縮小を例にご説明していきます。

対象のオブジェクトを選択(図1)

※線がある場合は(オブジェクト→分割・拡張)を行ってください

パスを合体します(図2)

パスを合体する(パスファインダ)
[ウィンドウ]→[パスファインダ]

0.3mm小さいオブジェクトを作成(図3)

パスのオフセットダイアログ
[オブジェクト]→[パス]→[パスのオフセット]
パスのオフセット
オフセット値:-0.3mm
※オブジェクトを拡大する場合には、オフセットの値を「0.3mm」にしてください。

スウォッチより特色を指定(図4)

オフセットしたオブジェクトの塗りの色は弊社指定の特色で塗りつぶしてください(スウォッチをご利用ください)

不要なオブジェクトの削除(図5)

白版からはみ出しているプロセスデータを削除して白版の完成です(図5)
白版データ完成

白版データ作成フローIllustrator

白版データの保存

白版データ作成後、白版データ内のプロセスデータオブジェクトは削除し、指定の特色カラーのオブジェクトのみであることをご確認いただいたのち、ご入稿ください。

このページのトップに戻る