• PDF入稿
  • PDF Web校正入稿ページへ
  • 検版システム利用オプションページへ
  • テンプレートダウンロードページへ
Twitter Facebook Google+ Youtube

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
シール/ステッカー印刷 データ作成ガイド

カットパスが必要な場合

この商品の仕様/料金を確認

カットパスが必要な商品

  • マルチステッカー
  • フルカラーステッカー(オプション選択:ハーフカット1点)

対応アプリケーション

AiAdobe Illustrator (一部最新機能は除く) 対応バージョン

テンプレートをご用意しています

定型サイズ(A4/A5/A6/A7)のテンプレートデータをご用意しております。
下記リンクよりダウンロードいただけます。データ作成にご利用ください。

マルチステッカー 共通の注意点

カットパスが必要な商品です

カットパスとは

カットパスとはシールの切り込み(断裁位置)を指示する線のことです。
お客様のご希望の形に断裁できる商品(シールや自由カット商品)に関しては、「カットパス」にて断裁位置を明確にしていただく必要があります。

カットパスは、Illustratorの
「ペンツール」・「図形ツール(長方形ツールなど)」
で作成いただけます。

カットパスの作成ツール

作成方法については、このページ内のデータ作成の注意点・カットパス作成のコツをご確認ください。

カットパスの数え方

カットパスの数え方カットパスは、一筆書きで閉じられたパス(クローズパス)を1点と数えます。(アンカーポイントの数は関係ありません)

右図の「C」の様に一筆書きに閉じられたパス(クローズパス)を1点として数えます。また、「A」の様に2つのカットパスが重なっている場合は2点と数え、「B」の3本と合わせて、右図のカットパス合計は6本となります。

カットパスをドキュメント情報から調べる

パスを数える
[ウィンドウ]→[ドキュメント情報]
パレットオプションの「オブジェクト情報」からご確認いただけます。

このページのトップに戻る

データ作成の注意点

塗り足し、文字切れにご注意ください

シール/ステッカー印刷の塗り足しと間隔

シールを切り込む工程(ハーフカット)では僅かなズレが発生します。
カットパスから1mm以上はみ出す様に外側へ塗り足しを行い、1mm以上内側へ文字等を配置してください。

カットパス部分は「ハーフカット」加工を行います

一筆書きに閉じられたカットパスをもとに、剥離紙からは切りはなさず、シール部分のみの切り込み(ハーフカットパス)を行います。

カットパスの位置・間隔について

シール印刷のサイズ設定

カットパスの位置
断裁(仕上り)線よりも5mm以上内側にカットパスを配置して下さい。
カットパスの間隔
2mm以上あけて配置してください。
塗り足しが必要な場合
用紙全体に背景をデザインされるなど、塗り足しが必要な場合は、断裁(仕上り)線よりも3mm程度はみ出す様に背景を配置して下さい。 (レーザープリンター出力の場合は、塗り足しを作成されても必ず白いフチが出ます。ご了承下さい。)

カットパスの大きさについて

別レイヤーを作成単純な形のカットパスであれば、最も小さいもので、約1cm角まで切り込み(ハーフカット)が行えます。
※小さすぎるもの、または複雑なカットパスで作成されますと、カット出来ない場合がございます。

カットパスの角は90度以上あることを推奨します

切り込みが入ってしまった例カットパスの形状が、90度よりも狭い鋭角なラインの場合、わずかな切り込みが入ってしまいます。
カットパスは、角のないものの方が美しく仕上がります。

カットパスは鋭角にせず、できるだけ滑らかな曲線で作成されるのをお薦めいたします

カットパスの形状にご注意ください

カットパスの悪い例※右図は適切でない場合の例です。
カットパスの形状において一見美しいパスに見えている場合でも、拡大すると
・パスが重なっている場合
・パスが輪になっている場合
などは、スムーズにカットできずに思わぬ形状になったり、不自然に尖った形状になってしまいます。

カットパスは、できるだけシンプルで滑らかな形状にしていただく必要があります。

カットパスは、太さ1ptの黒(K100%)の線で作成してください

カットパスの線幅は1pt、線の色はK100%で作成してくださいカットパスの、パスの線幅は1pt、色は黒(K100%)で作成してください。

カットパスは、別レイヤー(カットパス専用レイヤー)に分けてください

別レイヤーを作成カットパスは、デザインするレイヤーとは分けて作成していただく必要がございます。
カットパスは必ず、テンプレートの、「カットパス」レイヤーに作成してください。

アピアランス効果によって作成されたカットパスは反映されません

アピアランス効果で作成したカットパスは、アピアランスの分割をしてください効果(スタイライズやワープなど)を使用して作成されたカットパスは、カットに反映されません。カットパスとして反映させる為にはアピアランスの分割を行って下さい。

アピアランスの分割
[オブジェクト]→[アピアランスを分割]

※カットパスの形状が複雑な場合はカットできない場合がございます。複雑なカットをご希望の際は事前にお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ

カットパス作成のコツ

シンプルなカットパスほど美しく仕上がります

スムーズツール美しくカットを行う為、カットパスのアンカーポイントは可能な限り減らして下さい。
形をあまり変えずにアンカーポイントを減らすにはスムーズツールが便利です。

スムーズツール
[ツールパレット]→[スムーズツール]

スムーズツールで対象となるカットパスをなぞる事で、アンカーポイントが減り曲線が滑らかになります。(図2参照)

パス自体を単純化する事でもアンカーポイントを減らす事が出来ます

パスの単純化
パスの単純化
[オブジェクト]→[パス]→[単純化]

このページのトップに戻る

剥離紙に印刷する場合 (両面印刷ご注文時)

レーザープリンター出力限定で両面印刷をご注文された場合、剥離紙に印刷できます。
データは注文サイズに合わせ、仕上がり線よりも3mm以上塗り足しを作成してください。また、切れてはいけない文字やオブジェクトは仕上がり線より3mm以上離して配置してください。
裏面はカットパスの作成は不要です。

塗り足し・文字切れの詳しい説明は、下記リンクをご確認ください。
塗り足しとは? / 文字切れとは?

マルチステッカー両面印刷

文字切れ・塗り足しに注意

裏面(剥離紙用)のテンプレートデータをご用意しております。下記リンクよりダウンロードいただけます。データ作成にご利用ください。

_ura.aiとファイル名に記載があるテンプレートが裏面専用となります。

このページのトップに戻る

カットパスが要らない場合

この商品の仕様/料金を確認

対応商品

  • フルカラーステッカー(オプション選択:ハーフカットなし)

対応アプリケーション

AiAdobe Illustrator (一部最新機能は除く) 対応バージョン

PsAdobe Photoshop (一部最新機能は除く) 対応バージョン

AiPDFAdobe IllustratorPDF (一部最新機能は除く) 対応バージョン

InDesignAdobe InDesign(PDF形式のみ対応可能) (一部最新機能は除く) 対応バージョン

officeMicrosoft Office ワード・パワーポイントなど(Winのみ) 対応バージョン

CubePDFCubePDF入稿(Winのみ) 対応バージョン

画像ファイル画像ファイル入稿 TIFF(推奨)、BMP、JPEG、GIF、PNGなど

フルカラーステッカー 共通の注意点

ハーフカットなしステッカーの塗り足し・文字切れについて

塗り足し、文字切れにご注意ください

断裁位置から3mm以上はみ出す様に外側へ塗り足しを行い、3mm以上内側へ文字等を配置してください。

ステッカーの最小サイズ

台紙(シール)の大きさについて

シールの最小サイズは30mm×30mm角の大きさになります。範囲内にデザインが収まるようにデータを作成ください。

このページのトップに戻る

アプリケーション別の注意点

アプリケーション 形式 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS >> Illustrator作成方法
Pdf Adobe Illustrator PDF >> IllustratorPDF作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS >> Photoshop作成方法
Office Microsoft Office そのまま・中間ファイル >> Office作成方法
CubePDFCubePDF入稿 CubePDF >> CubePDF作成方法
画像ファイル入稿 画像ファイル入稿 JPEG・TIFF・PNGなど >> データ作成方法

Illustratorで作成される場合

ご希望のサイズをトリムマークにて設定してください。設定方法は下記ページをご参照ください。
Illustrator 印刷物のサイズ設定/初期設定

100mm×80mmのステッカーを作成する場合
100mm×80mmで作成する場合
100mm×80mmの四角形を作成し、それに対してトリムマークを作成してください。
トリムマークを基準に断裁して仕上げます。

Illustrator入稿ガイドIllustratorでデータ作成される場合は、Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

Illustrator PDFで作成される場合

必ずご確認ください

Illustrator PDFで作成される場合は、仕上がりのサイズでページサイズを設定してください。
詳しくは、Illustrator PDFのデータ作成ガイドの「サイズ(アートボード)初期設定方法」を必ずご確認ください。

IllustratorPDF入稿ガイドIllustratorで作成したPDFデータのご入稿をされる場合は、IllustratorPDF入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
IllustratorPDF入稿 印刷データ作成方法/注意点

Photoshopで作成される場合

ご希望のサイズに合わせてカンバスサイズの設定をしてください。設定方法は下記ページをご参照ください。
Photoshop 印刷物のサイズ設定/初期設定

100mm×80mmのステッカーを作成する場合
100mm×80mmで作成する場合
100mm×80mmに塗り足し(上下左右3mmずつ)を足したサイズでカンバスサイズを設定し作成します。
新規作成
[幅]:106mm
[高さ]:86mm
[解像度]:350ppi
[カラーモード]:CMYKカラー

データサイズが大きすぎる場合(B1サイズ以上の大きな印刷物のデータについて)

画像解像度ダイアログ 適切な設定幅・高さのいずれかが30,000pixelを超える大きなデータは、EPS形式やPSD形式で保存することができません。その他の形式(ビッグドキュメント形式など)で保存されたデータでのご入稿は受付いたしかねますのでご注意ください。

B1サイズ以上のデータを作成される際、解像度は200dpi~300dpi程度で作成していただいても、遠目に見る場合には問題ありません。

Photoshop入稿ガイドPhotoshopでデータ作成される場合は、Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

Officeソフトで作成される場合

  • 等身大サイズにはOffice入稿は対応していません。A0サイズはPowerPointのみ対応しております。

ご希望のサイズに合わせてページ設定をしてください。設定方法は下記のページをご参照ください。

Office中間ファイル入稿:ページ設定(用紙サイズ)について
Officeそのまま入稿:ページ設定(用紙サイズ)について

100mm×80mmのステッカーを作成する場合
100mm×80mmで作成する場合
100mm×80mmに塗り足し(上下左右3mmずつ)を足したサイズでページを設定してください。
ページ設定
[幅]:106mm
[高さ]:86mm

InDesign入稿ガイドOfficeソフトでデータ作成される場合は、Office入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Office入稿について

このページのトップに戻る

CubePDF入稿をご利用の場合

ご希望のサイズで、データを作成後、弊社指定の書き出し方法でPDF形式に書き出し・保存後、ご入稿ください。

100mm×80mmのステッカーを作成する場合
100mm×80mmで作成する場合
100mm×80mmに塗り足し(上下左右3mmずつ)を足したサイズでページを設定してください。
ページ設定
[幅]:106mm
[高さ]:86mm

CubePDF入稿のデータ作成ガイドをご確認ください

CubePDFを利用して、お使いのアプリケーションソフトからPDF形式で書き出しご入稿していただけます。対応OSや注意点、ご利用方法はCubePDF入稿のデータ作成ガイドを必ずご確認ください。
CubePDF入稿のデータ作成ガイド

画像ファイルで作成される場合

ご希望のサイズに合わせてカンバスサイズの設定をしてください。設定方法は下記ページをご参照ください。
画像ファイル入稿 サイズの設定について

100mm×80mmのステッカーを作成する場合
100mm×80mmで作成する場合
100mm×80mmに塗り足し(上下左右3mmずつ)を足したサイズでカンバスサイズを設定し作成します。
新規作成
[幅]:106mm
[高さ]:86mm
[解像度]:350ppi
[カラーモード]:CMYKカラー

サイズをピクセルにて設定される場合は、入稿用画像サイズ計算ツールを参考にご作成ください。
入稿用画像サイズ計算ツール

画像ファイル入稿ガイド画像ファイルでデータ作成される場合は、画像ファイル入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
画像ファイル入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

この商品の関連ページ

この商品の仕様/料金を確認

この商品のテンプレート

商品・加工別のデータ作成ガイドトップへ戻る