コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
スイングPOP印刷・POPカード印刷 データ作成ガイド Photoshop入稿

スイングPOP印刷・POPカード印刷について

スイングPOP印刷・POPカード印刷

思わず目を引くスイングPOPPOPカード印刷。紙製のポップとポリプロピレン製のポップをご用意しております。(POPカードは紙製のみ)

スイングPOP印刷POPカード印刷

<< スイングPOP印刷・POPカード印刷作成ガイドトップへもどる

Photoshopで作成される場合

紙製POPの場合

ご希望のサイズのテンプレートをダウンロードしていただきデータを作成してください。
プロセスデータ作成についてはPhotoshopデータ作成の注意点をご覧ください。

ポリプロピレン製POPの場合

ご希望のサイズのテンプレート(ポリプロピレン製POP用)をダウンロードしていただきデータを作成してください。
部分的に白版を印刷する場合は、プロセス(CMYK)データと白版データの2種類のデータの作成が必要です。

このページのトップに戻る

白版データの作成方法
(ポリプロピレン製POP:部分的に白版を印刷する場合)

プロセスデータを作成してください

プロセスデータの作成

プロセスデータ作成

ご希望のサイズのテンプレートをダウンロードしていただき規程の範囲内にデータを作成してください。
プロセスデータ作成についてはPhotoshopデータ作成の注意点も合わせてご覧ください。

プロセスデータを複製

プロセスデータ作成

完成したプロセスデータをファイルごとコピーし、白版データとして使用します。
白版データは必ずプロセスデータとは別ファイルにて作成してください。

<白版データファイル名>
○○_shiro.eps  ※○○の部分は任意です

白版データを作成します

白版データは、プロセスデータと同じ座標にオブジェクトを作成しダブルトーンで特色を指定します。

特色指定の方法(ダブルトーンへの変換方法)

特色指定するために白版用のデータをグレースケールに変換します。
さらにダブルトーンに変換し、特色(C=100、M=50、Y=0、K=0)を作成してください。

ダブルトーン
[イメージ]→[モード]→[グレースケール]
[イメージ]→[モード]→[ダブルトーン]
ダブルトーンオプション
[種類]:ダブルトーン(1版)
[インキ1]:White(入力)
カラーピッカー
C=100、M=50、Y=0、K=0を指定(入力)
ダブルトーンへの変換方法

全体に白版を印刷する場合(推奨)

全面を特色カラー(スウォッチ使用)で塗りつぶします(塗り足し含む)
全面に白版を配置することで、印面の強度が向上し、インキ剥がれ等のトラブルを回避しやすくなります。
※プロセスデータが作成されていない部分は白色になります

塗り足しを含めた範囲を全て塗りつぶしてください

プロセスデータのある部分に対して白版を印刷する場合

透明の部分を残したい場合は、プロセスデータを配置している部分のみに白版を作成してください。

白版はプロセスデータよりも0.3mm縮小して作成することで、印刷工程で生じるずれを目立たなく仕上げる事が出来ます。

透明の部分を残したい場合

オブジェクトの変形手順

オブジェクトに対する白版作成時の、オブジェクトの縮小を例にご説明していきます。

フォトショップの特性上、縮小量を0.3mm単位に設定することができません。そのため、4pxの縮小(解像度350dpiの場合)を行いますが、仕上がり時に白版とプロセスデータに若干のずれが出てしまうことがあります。ご了承ください。

※PhotoshopEPS形式で保存する際、レイヤーが統合されてしまいます。プロセスデータと白版データは必ず別レイヤーにて作成し、プロセスデータのレイヤーを削除して保存してください。

新規レイヤーを作成

プロセスデータのレイヤーとは別に、白版配置用の新規レイヤーを作成しておきます(図1)

オブジェクトを選択

プロセスデータのレイヤー上で、対象オブジェクトを選択(図2)

選択範囲を4px縮小

選択範囲を4px縮小させます(解像度350dpiの場合)(図3)

選択範囲の縮小
[選択範囲]→[選択範囲を変更]→[縮小]
選択範囲を縮小
縮小量:4px
※拡大する場合:選択範囲を変更→拡張
   拡張量:4px (350dpiの場合)

K100%で塗りつぶし

縮小させた選択範囲をK100%で塗りつぶします(図4)
※K100%以外の色は使用しないでください

グレースケールへ変換

プロセスデータレイヤーとその他不要なレイヤーを削除(図5)、白版レイヤーのみにし、グレースケールへ変換します

グレースケールへ変換
[イメージ]→[モード]→[グレースケール]

ダブルトーンへ変換

ダブルトーンへ変換します(図6)

ダブルトーンへ変換
[イメージ]→[モード]→[ダブルトーン]
ダブルトーンオプション
[種類]:ダブルトーン(1版)
[インキ1]:White(入力)
カラーピッカー
C=100、M=50、Y=0、K=0を指定(入力)
白版データ作成フローPhotoshop

白版データの保存

白版データ作成後、ダブルトーンへの変換をご確認いただいたのち、ご入稿ください。

ダブルトーンへの変換を確認

このページのトップに戻る