コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
折パンフレット印刷 データ作成ガイド

折パンフレット印刷について

折パンフレット印刷

折り加工がセットになった折パンフレット印刷。 会社案内やメニュー、ポスティングチラシ、リーフレットなど様々な用途にご利用いただけます

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

このページのトップに戻る

サイズについて

折パンフレットのサイズ表記は、加工後の仕上がりサイズとなります。規程の範囲内であれば、追加料金なしで変型サイズにもご対応可能です。
なお、サイズによってはご対応できない折り(ページ数)もございますので、詳しくは折りパンフレット・リーフレット印刷の商品ページをご確認ください。
折りパンフレット・リーフレット印刷

仕上がり対応サイズ※図は折り加工後のサイズです

仕上がり対応サイズ
仕上がり対応サイズ

巻々4つ折りをご利用の場合

変型は仕上がりサイズの縦横比が3:4以上(高さ>幅)でご対応可能となります。

【対応可能サイズの例】
仕上がりの高さが148mmの場合は、幅は75~111mmの間でのみ設定可能です。
幅が105mm以下の場合はA6仕上がり、106mm以上の場合はA5/B6仕上がりをご利用ください。

巻々4つ折りの変型は仕上がりサイズの縦横比が3:4以上必要

このページのトップに戻る

折り幅について

折幅の最小値について

折りの最小幅

用紙のサイズによって折り幅(折りピッチ)の最小値が変わります。
用紙の短辺(折らない辺)が210mm以下の場合、1つの折り幅は30mm以上、短辺が211mm以上の場合は折り幅70mm以上を目安にお考えください。

折り幅が均一でない(ずらし折りの)場合、別途納期や料金が発生する場合があります。また、条件によってお受けできない場合もございますので、事前にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

10~14Pの折りパンフレットをご利用の場合

外5つ折り(10P)・外6つ折り(12P)・外7つ折り(14P)は、ずらし折りをご利用いただけます。

10〜14Pの折りパンフレット

【ずらし折りの作成の注意点】
・第1面は幅75mm以上で作成してください。
・第2面以降の隣接する面は、ページ数の若い面を基準に、幅を均等またはそれ以上で作成してください。
・面どうしの幅の差は必ず20mm以下にしてください。

ずらし折りの作成ポイント

このページのトップに戻る

データ作成の注意点

表紙面を必ずご指示ください

表紙となる面がどの部分であるか、加工指示として明記していただく必要がございます。
Illustratorの場合はデータ上のトリムマーク外に記載してください。その他データ形式の場合は、加工指示書を別途添付してご入稿してください。
加工指示書の作成について

加工指示には、表紙になる面・折り加工位置・表面中面の指定・天地を指定してください

見開きサイズで作成してください

データは、「見開き」で作成してください。
縦開きでご使用の場合、レイアウトの天地にご注意ください。

折り加工がある場合、見開きのサイズで作成してください。

折り込まれる面のサイズにご注意ください

内側に折り込まれる面がある場合、すべての辺を同じ幅で作成すると、用紙の厚みにより折り位置にずれが生じることがあります。
そのため、折り込まれる面の折られる辺のサイズは、他の面よりも短く作成していただく必要があります。

「3つ折りC」の場合、折り込まれる面のサイズは1.5mm以上短く作成してください

3つ折りCの場合、中に折り込む面は1.5mm短く作成

「観音折り」の場合、折り込まれる面のサイズは3~5mm短く作成してください

観音折りの場合、中に折り込む面は3から5mm短く作成

「巻々4つ折り」の場合、折り込む面は各々1.5mm以上短く作成してください

巻々4つ折りの場合、折り込む面は各々1.5mm以上短く作成

このページのトップに戻る

アプリケーション別の注意点

アプリケーション 形式 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS Illustrator作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS Photoshop作成方法
Id Adobe InDesign PDF InDesign作成方法
Office Microsoft Office そのまま Office作成方法
CubePDF CubePDF入稿 PDF CubePDF作成方法
画像ファイル入稿 画像ファイル入稿 JPEG・TIFF・PNGなど データ作成方法

このページのトップに戻る

Illustratorで作成される場合

ガイド線の作成方法

右図は3つ折り(左開き)パンフレットを例にガイド線などを作成したものです。
データは必ず展開されているサイズで作成(※)し、「表面」と「中面」のガイド線の位置(特に折り込み面の幅が狭まる箇所)にご注意ください。

データ内に表記する内容
・ガイド線(仕上がり線や折り位置)
・トリムマーク
・表面/中面/天/地 の表記
・表紙/表紙裏 の表記

トリムマークやガイド線の作成方法についてはIllustratorデータ作成の注意点・初期設定をご確認ください。

折りパンフレットを作成する前に行うIllustratorの初期設定

作成方法の一例

下記のサイズを例にガイド線作成方法の一例をご案内します。

基準となる長方形の作成

長方形ツールで(線あり塗りなし)展開サイズのオブジェクトを2つ作成してください。
※CS3以前の場合は1つでも構いません

長方形ダイアログ
[幅]298mm
[高さ]150mm
2つ作成してください。

折り位置となる直線の作成

直線ツールで、縦の直線パスを2つ作成してください。(図1)

直線ダイアログ
[長さ]150mm
[角度]90º
2つ作成してください。

整列

すべて選択した状態で、左端に重ねて並べてください。(図2)

整列ダイアログ
[ウィンドウ]→[整列]
整列パレット
垂直方向上/水平方向左に整列

折り位置の設定

左端にある直線(重なっています)を1つ選択し、水平方向に98mm移動してください。(図3)

オブジェクトの移動
[オブジェクト]→[変形]→[移動]
移動ダイアログ
[水平方向]98mm
[垂直方向]0mm

2つ目の折り位置の設定

もう1つある直線も④と同様の方法で水平方向に198mm移動してください。

線・塗りともに無しに設定

すべてのオブジェクトを選択し、「線:無し」の状態にしてください。(図4)

トリムマークを作成

トリムマークを作成してください。
①で作成した長方形オブジェクトを1つ選択し、トリムマークを作成してください。
※CS4の場合は作成後アピアランスの分割が必要です

断裁線・塗り足し・文字切れガイド線の作成

①・②で作成した残り全てのオブジェクトを選択し、ガイド線を作成してください。

中面の作成

表面をコピーし180º回転することで、中面としてご利用いただけます。(図6)

折りパンフレット ガイド線作成の手順

このページのトップに戻る

Photoshopで作成される場合

ガイド線の作成例

下記のサイズを例にガイド線作成方法の一例をご案内します。

新規ドキュメント作成

展開されている状態でのサイズよりも幅、高さ共に6mm大きく(塗り足し分)で新規ドキュメント設定をしてください。

新規ドキュメント
[幅]304mm(298mm+6mm)
[高さ]156mm(150mm+6mm)

仕上がり線(断裁位置)ガイドの作成

断裁(仕上り)線ガイド線を作成してください。

新規ガイド
水平方向:3mm(上ライン)/153mm(下ライン)
垂直方向:3mm(左ライン)/301mm(右ライン)

折り加工位置ガイドの作成

折り加工の位置にガイド線を作成してください。(図1)

新規ガイド
垂直方向:101mm/201mm

文字切れガイドの作成

文字切れガイド線を作成してください。
※右図では省略しております

中面データの作成

中面は別ファイルで作成してください。
※表面とは折り加工の位置が変わります。ご注意ください。
※折り位置は反転した状態になります。

ファイルの保存について(図2)

どちらが表・裏(中面・外面)であるか判断できるようなファイル名をご指定ください。

  • Photoshopデータ:「omote」「ura」の表記
  • 加工指示書(テキストファイル等):表紙/裏表紙の位置が記載されているもの

加工指示書の作成について

Photoshop新規ドキュメント設定/サイズ設定

このページのトップに戻る

InDesignで作成される場合

折パンフレットのサイズ設定の例

データは見開き(展開)サイズでページサイズを設定してください。その際、「見開きページ」のチェックはオフにしてください。

2つ折パンフレットの場合

A4仕上がり2つ折パンフレット(4P)の例

新規ドキュメント
[ファイル]→[新規]→[ドキュメント]
新規ドキュメント
ページ数:2(両面印刷するため)
見開きページにチェック:オフ
ページサイズ:A3(展開時のサイズ)
方向/綴じ方:任意
裁ち落とし:すべて3mm(塗り足し分)
新規ドキュメントのサイズ設定(2つ折パンフレットA4仕上がりの場合)

このページのトップに戻る

Microsoft Officeソフトで作成される場合

データ作成の注意点

このページのトップに戻る

CubePDF入稿をご利用の場合

このページのトップに戻る

画像ファイルで作成される場合

このページのトップに戻る