コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
箸袋印刷 データ作成ガイド

箸袋印刷について

箸袋印刷

5つのサイズから選べるフルカラー箸袋印刷。オプションで割り箸封入(付属)も可能です。
詳しくは箸袋印刷

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

このページのトップに戻る

サイズとテンプレートについて

箸袋印刷はデザインを印刷した後に、短辺を半分に折ってのり付けを行います。
箸袋印刷のテンプレート内に「展開図」と「データ作成時の注意点」を記載しておりますので、必ずご確認ください。

箸袋印刷はデザインを印刷した後に、短辺を半分に折ってのり付けを行います

サイズと展開図

印刷可能領域が決まっております。下図にある指定範囲内でデータをご作成ください。
※ガイドやトリムマークの位置関係は変更しないでください。

4型8寸/5型ハカマ

長辺側の両端1mm、短辺側の両端2mmは、オブジェクトを配置しても印刷されません。

印刷可能領域

4型6寸/5型6寸/5型8寸

長辺側の両端1mm、表面口元から2mmは、オブジェクトを配置しても印刷されません。

印刷可能領域

テンプレートの内容

塗り足しや文字切れの恐れがあるエリアをガイド線にて記載しております。必ずご確認ください。

表面と裏面の境目

折り目ちょうどで切り替わるデザインの場合、折り加工のズレにより、デザインが回り込むおそれがあります。
折り目から2mm以上内側にデザインを配置することで綺麗に仕上がります。

ズレが目立つデザイン

裏面のデザインについて

裏面の文字方向はお客様の任意ですが、一般的に裏面のデザインの天地を表面と逆にすることが多いです。また、「紙マーク」が不要な際は削除してください。

裏面のデザインについて

このページのトップに戻る