• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

Illustrator入稿・印刷データ作成方法/注意点
印刷・加工指示の記入方法

トリムマークの外に、印刷・加工の指示を作成してください

必要に応じて様々な加工指示を作成します

商品の仕様によって、加工指示(データの裏表・加工位置など)が必要不可欠なものがあります。

Illustratorでデータを作成しご入稿いただく場合は、折りトンボや、ガイド線でご指示いただくか、データのトリムマーク外に記載してください。

印刷や加工についての指示が不十分な場合は、データ不備となり、印刷作業に進むことができません。指示のご連絡もしくはデータのご修正と再入稿をしていただく必要がございます。

仕上がりの範囲内に不要なオブジェクトは配置しないで下さい

仕上がり線や折り位置をデータ内に実線で記さないでください

仕上がりの範囲内に加工指示を作成される場合は、印刷に反映されてしまいます。印刷に不要な線・オブジェクトはトリムマーク内に入れないようお気をつけ下さい。

また、折り位置などを実線では指示しないで下さい。
印刷範囲内にご指示される場合は、実線ではなく「ガイド線」にした状態でご入稿ください。

このページのトップに戻る

印刷・加工指示作成の具体例

印刷・加工指示の例

下図は、基本的な印刷・加工指示の具体例です。印刷範囲にかからない部分(トリムマークよりも外側)にご指示ください。

  • 表面/裏面の指示:両面印刷の場合はご指示ください。(「表面/中面」の場合も可能です)
  • 面指定:片面のみモノクロ印刷であったり、ミラーケント紙やPP加工をご利用の場合にご指示ください。
  • その他、加工のある場合はその加工指示も記載してください。

天地・表面/裏面・モノクロ面をトリムマークの外に記載

データの天地と仕上がりについて

ご入稿いただくデータは、表裏で天地の向きを揃えて作成・ご入稿いただきますようお願いいたします。データの向きと仕上がりについては「データの天地と仕上がりについて」を合わせてご確認ください。

データの天地と仕上がりについて

面の指示・指定について

カラー/モノクロの両面印刷の場合や、ミラーケント紙、PP加工をご利用の場合

下記のような場合は、表裏どちらが対象の面となるのか、面の指定をしてください。

フルカラー面/モノクロ面、ミラー面/ケント面、PP面

  • 両面印刷で片面のみモノクロ印刷となる場合は、モノクロ面の指示をしてください。
  • ミラーケント紙をご利用の場合、どちらがミラー面になるのかを指示してください。
  • PP加工をご利用の場合、どちらがPP加工面になるのかを指示してください。

加工指示について

加工のある商品の加工指示は必ず作成してください

折りや孔あけ、ミシン目等、加工が必要な商品・加工オプションを追加する際は、加工指示が必要となります。
加工込み商品については、商品別のデータ作成ガイドをご確認いただき、商品の形状にあわせて加工指示をしてください。

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間