コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
カッティングシート製作 データ作成ガイド

カッティングシート製作について

カッティングシート製作

カッティングシートは、切り抜いたロゴマークや社名などを窓や壁面に貼付けられるシートです。お客様のデザインに合わせて、カッティングシート自体をカットいたします。

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

このページのトップに戻る

カッティングシート製作 共通の注意点

カッティングシートをご作成いただく前に、下記の内容にご注意ください

  • 細かく複雑なデザイン(輪郭がギザギザしている、筆文字のようなかすれなど)は再現することができません。
    (複雑なデザインをご希望の場合は事前にお問い合わせください。)
  • 1つのシートで1つのデザインまでとなります。同一ロゴやデザインの複数配置はお避けください。
  • 画像データの配置は対応できかねますのでご使用をお控えください。

細かく複雑なデザイン、同一ロゴの複数配置、画像データの配置はできません

このページのトップに戻る

カッティングシート製作 データ作成の流れ

カットパスについて

輪郭がカットの位置(カットパス)になります

カッティングシートはオブジェクトの輪郭でカットした状態で仕上がります。

カッティングシートはカットパスの本数によって料金が変わります

データ作成後は必ずパスの本数を数えてください。また、パスは全て閉じられたパス(クローズパス)にして頂く必要がございます。
※文字は事前にアウトライン化してください。

カットパスの基本的な数え方

右図の場合「C」の様に一筆書きに閉じられたパス(クローズパス)を1点と数えます。
また、「A」の様に2つカットパスが重なっている場合は2点と数え、「B」の3本と合わせて、合計6本となります。

カットパスの数え方

Illustratorで自動で数える

パスの本数は、下記Illustratorの機能にて自動で数える事ができます。

カットパスの数え方
1.オブジェクトを選択する。
2.上部メニューの「ウィンドウ」から「ドキュメント情報」のパレットを開く。
3.パレット右上をクリックし、「オブジェクト情報」から確認。
カットパス数をIllustratorで自動で数える

カットパスの角は90度以上あることを推奨します

カットパスの形状が、90度よりも狭い鋭角なラインの場合、わずかな切り込みが入ってしまいます。
カットパスは、角のないものの方が美しく仕上がります。

切り込みが入ってしまった例

カラーの設定について

単色(K100%推奨)にてご作成ください

※シートの色は単色での納品となります。複数色を組み合わせての生産はできません。

カラーパレット

線の色は「なし」にてご作成ください

商品はカットパスで仕上げますので、線に色が設定されていると仕上がりイメージに差が生じてしまいます。

カラーは塗りにのみ設定

サイズについて

カッティングシートのサイズは、デザインの大きさが基準となります。

デザインの大きさが基準です

上図の場合、サイズ(幅:短辺) × (長さ:長辺)は38mm×150mmとなります。
また、ご注文時はオブジェクト全てが収まるサイズをご選択頂く必要がございます。今回の場合は幅(短辺)100mm×長さ(長辺)200mmのご注文サイズで対応可能となります。

線の太さは3mm以上、オブジェクト同士は2mm以上離してください

※文字と文字の間隔も2mm以上離してください。

線の太さは1mm以上、オブジェクト同士は2mm以上離してください

文字の最小サイズをご確認ください

文字の最小サイズは下記の通りです。
[英数字] → 最小10mm角
[漢字・ひらがな・カタカナ] → 最小20mm角

フォントの大きさ

カッティングシートの最小面積は3mm角(9㎟)以上にしてください

文字の抜き部分や余白など、カッティングシートとして残す部分の最小面積は、3mm角以上の大きさになるよう作成してください。

オブジェクトの連結部の幅は3mm以上で作成してください

連結部の幅が小さすぎる場合、切れてしまうなど仕上がりに不具合が生じる可能性がございます。

3mm以下の場合

使用しているフォント等によって、連結部が3mm以下になっている場合がございます。その際はダイレクト選択ツールで幅を3mm以上に伸ばしてください。

重なりは3mm

ご入稿前の最終確認

データのご入稿前に、アウトライン表示でアウトライン化やオブジェクトの重なりを確認してください。

アウトライン表示の方法
「表示」→「アウトライン」
アウトライン表示でアウトライン化やオブジェクトの重なりを確認してください

交差しているオブジェクト同士は合体させてください

オブジェクトの合体
[ウィンドウ]→[パスファインダ]
を表示し、対象を選択した状態で「合体」をクリック

※型抜き処理も同様にお願いします。
※処理後はパスの本数を再度ご確認ください。

パスファインダー>合体

下線や枠線などはアウトライン化が必要です

線のアウトライン化
対象を選択し、
[オブジェクト]→[パス]→[パスのアウトライン]
アウトライン化

内側から設置する場合

シートをガラス等の内側から貼る場合は、データを反転させてからご入稿ください。

オブジェクトの反転
[オブジェクト]→[変形]→[リフレクト]→[垂直]
を選択し、OKをクリックします。
反転

アピアランス効果によって作成されたカットパスは反映されません

効果(スタイライズやワープなど)を使用して作成されたカットパスは、カットに反映されません。カットパスとして反映させる為にはアピアランスの分割を行ってください。

なお、アピランスの分割後は必ずカットパスの形状を確認してからご入稿ください。(使用されている効果によっては、思わぬ形状に分割される場合がございます。)

アピアランスの分割
[オブジェクト]→[アピアランスを分割]
アピアランス効果で作成したカットパスは、アピアランスの分割をしてください

このページのトップに戻る

カッティングシート製作 データ作成のポイント

カットパス作成のコツ

シンプルなカットパスほど美しく仕上がります

美しくカットを行う為、カットパスのアンカーポイントは可能な限り減らしてください。
形をあまり変えずにアンカーポイントを減らすにはスムーズツールが便利です。

スムーズツール
[ツールパレット]→[スムーズツール]

スムーズツールで対象となるカットパスをなぞる事で、アンカーポイントが減り曲線が滑らかになります。(図2参照)

スムーズツール

このページのトップに戻る

カッティングシートの貼り方・剥がし方

ご注文いただいたカッティングシートを、キレイに貼る方法をご紹介いたします。

このページのトップに戻る