• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
オリジナルスタンプ作成 データ作成ガイド

スタンプ台不要!領収書や小切手、伝票など事務関係書類への捺印に使えるオリジナル印鑑です。
詳しくはオリジナルスタンプ作成をご確認下さい。

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

AiAdobe Illustrator (一部最新機能は除く) 対応バージョン

PsAdobe Photoshop (一部最新機能は除く) 対応バージョン

画像ファイル画像ファイル入稿 TIFF(推奨)、BMP、JPEG、GIF、PNGなど

  • PDF形式、Officeでのご入稿はご利用いただけません。

共通の注意点

データ作成時の注意点

グレースケール(モノクロ)で作成してください

カラーは不可カラー情報がある場合は不備となり印刷工程へ進めることができません。データにはカラーを使用せず、モノクロ(黒、グレー)のみで作成してください。

データはK100%推奨です

濃淡表現印面 濃淡表現元 スタンプの濃淡はドットで再現されます。
K100%未満のオブジェクトがある場合は、文字や線がキレイに再現されにくくなってしまいます。

写真や画像を優先して再現します

文字と写真の濃淡機械が画像の再現を優先するので、文字もドット表現されます。
そのため、写真・画像と文字を組み合わせた場合、文字がK100%でも再現が少し低くなることがございます。

文字と写真の濃淡 文字と写真の濃淡

  • デザインは反転されたものである必要はありません。スタンプ製造時に弊社にて反転させ生成いたします。
  • 必ず有効印面内でデータを作成してください。
  • 非常に細かい文字、デザインはつぶれやかすれの原因となります。予めご了承下さい。
  • ご使用の画像の黒色の濃度が低い場合、像がスタンプにうまく反映されない場合があります。
  • 御璽(天皇の印)、国璽(日本国の印)、公官庁、公務員の印を複製することは禁止されています。
  • 他人の印章を複製すること、著作権の対象となる写真・絵画などの著作物を作者に無断で複製することは禁止されています。

このページのトップに戻る

アプリケーション別 データ作成の注意点

アプリケーション 形式 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS >> Illustrator作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS >> Photoshop作成方法
画像ファイル入稿 画像ファイル入稿 JPEG・TIFF・PNGなど >> 画像ファイル作成方法

Illustratorで作成される場合

テンプレートをご用意しています

各サイズのテンプレートデータをご用意しております。下記リンクより、テンプレートをダウンロードし、データ作成にご利用ください。

テンプレートをご利用いただく場合

ガイド線内に作成してください(塗り足しは不要です)

ガイドの外には何も配置しないでください

ガイド内にデザインを作成 テンプレートには、予めサイズ設定したガイド線とトリムマークが配置されております。このガイド線はスタンプの有効印面サイズとなっております。
必ずこのガイド内にオブジェクトを配置してください。

画像を配置する場合は、カラーモードと解像度にご注意下さい

画像ファイルはグレースケール300dpi以上推奨

300dpi以上 画像データを配置することも可能です。その場合、使用される画像ファイルのカラーモードはグレースケールまたはモノクロ2階調、解像度は300dpi以上で作成してください。
Photoshop形式のテンプレートをご利用いただくことを推奨いたします。

  • 塗り足しは不要です。ガイドの外側にオブジェクトが配置されている場合は、不備となり印刷工程へ進めることができません。
  • フォントは必ずアウトライン化してご入稿下さい。

Illustrator入稿ガイドIllustratorでデータ作成される場合は、Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

Photoshopで作成される場合

テンプレートをご用意しています

各サイズのテンプレートデータをご用意しております。下記リンクより、テンプレートをダウンロードし、データ作成にご利用ください。

テンプレートをご利用いただく場合

テンプレートを使用したデータ作成手順

新規レイヤーにデザイン作成

デザインを作成

新規レイヤーを作成し、そこにデザインを作成してください。
「※このレイヤーは削除してください」のレイヤーには作成しないでください。

※このレイヤーを削除してから保存して下さい

注意書きレイヤーを削除

「※このレイヤーは削除してください」のレイヤーを削除してください。
デザインを作成されたレイヤーを削除しないようお気をつけ下さい。

画像を統合

レイヤーを統合して別名保存して完成

レイヤーを統合し、別名保存でPhotoshopEPS形式(推奨)で保存してください。
Photoshopのデータ保存方法について詳しくは、Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点「Photoshop(eps・psd形式)の推奨保存設定」をご確認下さい。

  • 塗り足しは不要です。カンバスは有効印面サイズにて設定しておりますので、カンバス内に収まるようデザインを作成してください。
  • テンプレートのカラーモードはグレースケールに設定しております。色のあるデザインを作成したり、CMYKやRGBなどのカラーモードに変更しないでください。
  • テンプレートの解像度は、300dpiに設定しております。解像度やサイズは変更されないようお気をつけ下さい。

Photoshop入稿ガイドPhotoshopでデータ作成される場合は、Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

画像ファイルで作成される場合

サイズ設定方法

データサイズは、有効印面サイズを基準に作成してください。
有効印面サイズの画像を作成していただき、TIFFやJPEGなどの画像形式に書き出してご入稿ください。有効印面サイズの一覧は、オリジナルスタンプ作成の商品ページにてご説明しております。
有効印面サイズ一覧

サイズ、解像度の設定方法は、ご使用のソフトによって異なります

スタンプの面 画像サイズは有効印面サイズ、画像解像度は300dpi以上で作成してください。
※サイズをピクセルにて設定される場合は、下記の浸透印サイズ表(ピクセル表記)または、入稿用画像サイズ計算ツールを参考にご作成ください。
塗り足しは不要です。
※600dpi、350dpiなど、300dpiより大きい画像解像度でのご入稿も可能です。

浸透印サイズ表(ピクセル表記)

スタンプの種類 有効印面サイズ 必要ピクセル数(300dpiの場合)
住所印1438 11.9 mm × 36.2 mm 141 pixel × 428 pixel
住所印1850 15.9 mm × 47.8 mm 188 pixel × 565 pixel
住所印2260 19 mm × 56.9 mm 224 pixel × 672 pixel
住所印2770 23.7 mm × 67.1 mm 280 pixel × 793 pixel
住所印3458 31.2 mm × 54.9 mm 369 pixel × 648 pixel
住所印4090 37.3 mm × 86.7 mm 441 pixel × 1024 pixel
角印2020 17.9 mm × 17.9 mm 211 pixel × 211 pixel
角印2727 24 mm × 24 mm 283 pixel × 283 pixel

画像ファイル入稿ガイド画像ファイルでデータ作成される場合は、画像ファイル入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
画像ファイル入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

この商品の関連ページ

この商品の仕様/料金を確認

この商品のIllustratorテンプレート

商品・加工別のデータ作成ガイドトップへ戻る

その他の関連ページ

オプション/サービス

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間