コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
資料印刷 データ作成ガイド

資料印刷について

資料印刷

資料印刷はMicrosoft Word や PowerPoint などで作成したデータをPDFに書き出して入稿できます。印刷・丁合・ホッチキス留めまでトータルにご対応いたします。

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

  • Microsoft Office PDF
     (Word・Powerpoint・Publisher・Excel 2007以降のみ対応)

資料印刷 データ作成の注意点

お客様よりご入稿いただいたA4サイズのデータ(PDF)を、そのまま印刷し丁合いたします。

サイズの設定について

A4サイズで作成してください

ページのサイズは、必ずA4サイズ(210×297mm)で設定してください。

塗り足しは不要です

A4サイズの用紙に印刷いたします。塗り足しの設定は不要です。(塗り足しを作成された場合、サイズ違いで不備となりますのでご注意ください)

文字やオブジェクトは紙端より3mm以上内側に配置してください。

印刷可能範囲にご注意ください

用紙の周囲2~3mmは印刷不可となりますのでご注意ください。背景色や画像をページ全面に配置されていても、余白は必ず発生します。

印刷可能範囲について

ページの縦横が混在したデータはご対応できません

ページの向きは全て縦または横で統一し作成してください。縦横が混在したデータはご対応できません。

縦横が混在したデータは対応不可

全てのページを同一ファイルに作成してください

単ページで作成し、すべてのページをひとつのファイルにまとめてご入稿ください。データのページ順の通りに印刷いたします。
白紙のページとしたい場合は、データ上に白紙のページを作成してください。

白紙のページとしたい場合は、データ上も白紙のページを作成

ホッチキス留め・孔開け(穴あけ)オプションをご利用の場合

加工位置付近には文字や画像を配置しないでください

加工位置から3mm以内には、必要なオブジェクトを配置しないでください。加工のズレによりオブジェクトが隠れたり、孔があく場合があります。
また加工位置付近には重要なオブジェクトの配置は避けてください。

ホッチキス留めオプション

紙端より12mmの範囲には文字やオブジェクトの配置は避けてください。

ホッチキス留め範囲
孔開け加工オプション

紙端より20mmの範囲には文字やオブジェクトの配置は避けてください。

孔開け範囲

データの向きのご注意ください

注文内容(加工位置・綴じ方)にあった向きでデータを作成してください。

注文内容(加工位置・綴じ方)にあった向きでデータを作成

モノクロ印刷をご注文の場合

文字や画像は黒・グレーのみで作成してください。

資料印刷に限り、ご注文内容がモノクロ印刷でカラーデータをご入稿いただいた際には、弊社にて強制的にモノクロ変換し印刷いたします。変換によって色のイメージが大きく変わってしまう場合がありますので、ご注意ください。

  • 薄い色(とくに黄色など)は見えにくい
  • ディスプレイ上で識別できていても、変換によって色が同化してしまう
  • 違う色でも、濃淡が似ていると、変換後に区別できなくなる
色が変化する

このページのトップに戻る

保存(PDF書き出し)について

必ず以下の書き出し手順でデータを保存してください。

※画面はWord2010の例です。バージョンやアプリケーションの種類により項目の名称等が異なる場合がありますが同様の設定をお願いします。

[ファイル] > [名前を付けて保存]

ファイル名は「注文番号」で設定してください。

[名前を付けて保存]
[ファイル名]:(注文番号).pdf
[ファイルの種類]:PDF(*.pdf)
[最適化]:標準(オンライン発行および印刷)

上記の設定を確認したら[オプション]をクリック。

名前を付けて保存

オプション設定

オプション
[ページ範囲]:[すべて]を選択
[PDFのオプション]:ISO 19005-1 に準拠(PDF/A)にチェック

※印刷するページに指定がある場合は[ページ指定]で該当のページを指定してください。

オプション設定

保存

保存場所とファイル名を確認して[保存]をクリック。指定した保存先にPDFファイルが作成されます。

保存

[ファイル] > [名前を付けて保存]

ファイル名は「注文番号」で設定してください。

名前を付けて保存
[ファイル名]:(注文番号).pdf
[ファイルの種類]:PDF(*.pdf)

上記の設定を確認したら[オプション]をクリック(発行オプションの設定へ)。

名前を付けて保存

発行オプション設定

2007の場合

発行オプション
印刷する方法:[印刷業者]を選択
[PDFのオプション]:ISO 19005-1 に準拠(PDF/A)にチェック

※[PDFのオプション]が表示されていない場合は[詳細設定]をクリックしてください

発行オプション

上記設定が完了したら、そのまま[印刷オプション]をクリック。(印刷オプションダイアログが開きます)

2010/2013の場合

発行オプション
印刷する方法:[印刷業者]または[ユーザー設定]を選択
[PDFのオプション]:ISO 19005-1 に準拠(PDF/A)にチェック
※PDFのオプション選択時に[印刷業者]から[ユーザー設定]に変更しても問題はありません

発行オプション

上記設定が完了したら、そのまま[印刷オプション]をクリック。(印刷オプションダイアログが開きます)

印刷オプション設定(全てのバージョン共通)

※画面は2013の例です。

印刷オプション
[サイズ]:[文書のページ]を選択

印刷オプション

[OK]をクリック。(発行オプションダイアログに戻ります)
そのまま発行オプションダイアログの[OK]をクリックしてください。

保存

保存場所とファイル名を確認して[保存]をクリック。指定した保存先にPDFファイルが作成されます。

保存

書き出したPDFの確認

プロパティを開きます。

書き出したPDFファイルをAdobe Reader上で開きプロパティを確認します。

プロパティ
[ファイル]→[プロパティ]
プロパティ

サイズの確認

以下の項目をご確認ください。

文書のプロパティ
アプリケーション:(作成したOfficeアプリケーション・2007以降)
PDFのバージョン:1.4(Acrobat 5.x)
ページサイズ:210×297mm(塗り足しは不要です)
サイズ

フォントの確認

すべて埋め込みサブセットになっているかをご確認ください。

フォント

内容・レイアウトの確認

書き出したPDFデータを拡大表示し以下の項目をご確認ください。

  • 文字や画像のレイアウトに問題はないか
  • 余分な項目・線などが入っていないか
内容・レイアウトの確認

以上で書き出し・保存は完了です。
データのご入稿方法は、ご入稿方法/入稿の流れをご確認ください。

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください