• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
無線/PUR製本冊子 データ作成ガイド Photoshop入稿

無線綴じ製本冊子/PUR製本冊子について

無線綴じ製本冊子印刷はページ数の多い冊子に向いています。カタログや写真集等にご活用いただけます。
PUR製本冊子印刷はよりページ数の多い分厚い冊子に向いています。強力なPUR糊で製本します。
書籍/論文/文集印刷は文字中心の論文、文集等におすすめです。モノクロや特色一色刷りで仕上げます。

無線綴じ製本冊子印刷 PUR製本冊子印刷 書籍/論文/文集印刷

表紙と本文のデータは別々で作成
  • 表紙(表1、表4)については、背幅をつけたデータを本文とは別のファイルで作成してください。
    背幅のサイズはページ数や紙種によって異なります。背幅サイズの計算は、背幅計算ツールをご利用ください。
  • 背幅計算ツール

ドキュメント初期設定

テンプレートをご利用ください

データ作成用テンプレート(無料)

テンプレートダウンロードページへ 定型サイズで作成される場合は、無線綴じ/PUR製本冊子印刷のテンプレートをご利用ください。

変形サイズの場合

大変お手数ですが、"見開きページ"または"単ページ"のいずれかの方法でテンプレートを参考に初期設定より作成して下さい。作成方法についてはPhotoshopデータ作成の注意点・初期設定ページをご覧下さい。

例)A4サイズ仕上がりの本文60ページ(+表紙4ページ)冊子の場合

例)A4サイズ仕上がりの本文60ページ(+表紙4ページ)冊子の場合
サイズ
A4サイズ(210mm×297mm)仕上がり
ページ数
本文60ページ(+表紙4ページ)
紙種
本文:コート紙90kg
表紙:コート紙180kg
背幅(背幅計算ツールで計算)
2.6mm

見開きページでの作成方法

ページの順序

見開きページでのレイアウトの際は、左綴じ・右綴じにご注意いただき、ページ配置が逆にならないようお気をつけ下さい。 ページ配置に関しては、下記の図を参考にご覧下さい。

無線じ製本冊子データ入稿形式(見開きページ)

  • ファイル名はページ番号がわかるよう記載してください。(H01H04.eps、H02P01.eps、P02P03.epsなど)

本文(中面)データ

本文(中面)データ

サイズ設定:幅426mm×高さ303mm
→ A4サイズを2ページ分並べたサイズに、塗り足し(幅・高さ共に6mmずつ必要)をつけたサイズでデータを作成してください。

これを必要ページ分を複製し作成してください。(本文100ページの場合、見開きデータは表2表3含める50ファイル作成)

Photoshop無線綴じデータ・表紙の作成方法

新規ドキュメント設定

見開きサイズ+幅、高さ共に6mm大きく(塗り足し分)で新規ドキュメント設定をして下さい

新規ドキュメント設定
幅:426mm(210mm×2ページ+6mm)
高さ:303mm(297mm+6mm

断裁(仕上り)ガイド作成

断裁(仕上り)ガイドを作成します。

断裁(仕上り)ガイド作成
上下左右:端から3mm

文字切れガイドを作成

文字切れガイドを作成して下さい。

文字切れガイド
作成した断裁(仕上り)ガイドより3mm内側に作成

ノドのあきを設定

中央の綴じ部(ノド)のあきを設定します。

ノドのあき
中心より10mm以上推奨です。

ページ数ファイルをコピー

必要ページ数に応じてファイルをコピーして使用してください。

表紙(表1表4)データ

表紙(表1表4)データ

サイズ設定:幅428.6mm×高さ303mm
→ A4サイズを2ページ分並べたサイズに、塗り足し(幅・高さ共に6mmずつ必要)と、背幅分(例の場合は幅に2.6mm)をつけたサイズでデータを作成してください。

背幅はページ数や紙種によってサイズが異なります。背幅サイズの計算は、背幅計算ツールをご利用ください。

Photoshop無線綴じデータ・表紙の作成方法

新規ドキュメント設定

見開きサイズ+背幅+塗り足し(幅、高さ共に6mm大きく)で新規ドキュメント設定をして下さい

新規ドキュメント設定
幅:428.6mm(210mm×2ページ+6mm+背幅2.6mm)
高さ:303mm(297mm+6mm)

断裁(仕上り)ガイド作成

断裁(仕上り)ガイドを作成します。

断裁(仕上り)ガイド作成
上下左右:端から3mm

背幅部分のガイドを作成

中心に背幅部分のガイドを配置して下さい

文字切れガイドを作成

文字切れガイドを作成して下さい

単ページでの作成方法

ページの順序

ページ配置に関しては、下記の図を参考にご覧下さい。

中綴じ製本冊子データ入稿形式(見開きページ)

  • ファイル名はページ番号がわかるよう記載してください。(H01H04.eps、P01.eps、P02.epsなど)

本文(中面)データ

本文(中面)データ

サイズ設定:幅216mm×高さ303mm
→ A4サイズに、塗り足し(幅・高さ共に6mmずつ必要)をつけたサイズでデータを作成してください。

これを必要ページ分を複製し作成してください。(本文100ページの場合、単ページデータは表2表3含める102ファイル作成)

表紙(表1表4)データ

表紙(表1表4)データ

サイズ設定:幅428.6mm×高さ303mm
→ A4サイズを2ページ分並べたサイズに、塗り足し(幅・高さ共に6mmずつ必要)と、背幅分(例の場合は幅に2.6mm)をつけたサイズでデータを作成してください。

背幅はページ数や紙種によってサイズが異なります。背幅サイズの計算は、背幅計算ツールをご利用ください。

Photoshop入稿ガイドPhotoshopでデータ作成される場合は、Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点

無線綴じ製本/PUR製本冊子 データ作成ガイド

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間