コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
オリジナルテープ作成 データ作成ガイド
Illustrator入稿

オリジナルテープ作成について

オリジナルテープ作成

ロゴや写真・イラストも印刷できる!オフィスから業務用まであらゆる現場で使えるオリジナルテープです。
詳しくはオリジナルテープ作成をご確認ください。

この商品の仕様/料金を確認

<< オリジナルテープ作成作成ガイドトップへもどる

ドキュメント初期設定

データ作成の注意点

ピッチ幅は20mm(2cm)から1000mm(100cm)の範囲内で自由に作成できます

ご入稿いただいたデザインデータを1ピッチとして、繰り返して印刷します。

塗り足し・文字切れ範囲の作成は不要です

データの作成範囲が印刷範囲となります。印刷範囲サイズ設定の方法は任意のピッチ幅で作成する場合をご確認ください。

画像ファイルはグレースケール300dpi推奨です

300dpi

画像データを配置することも可能です。その場合、使用される画像ファイルのカラーモードはグレースケールまたはモノクロ2階調、解像度は300dpiで作成してください。
Photoshop形式のテンプレートをご利用いただくことをおすすめいたします。

このページのトップに戻る

テンプレートをご利用いただく場合

文字やオブジェクトはガイド内に収まるよう配置してください

テンプレートには、予めサイズ設定したガイド線とトリムマークが配置されております。デザインはこの指定の範囲内に作成してください。
斜線ガイドの範囲はオブジェクトを配置されても印刷されませんのでご注意ください。

ガイド内にデザインを作成

150mmより短いピッチで印刷したい場合

テンプレートを使用し、150mmよりも短いピッチで印刷したい場合、データ作成の際に、あらかじめ繰り返しのあるデザインデータを作成してください。
※繰り返すオブジェクト間の間隔(余白)にご注意ください。

任意のサイズでの作成方法は、以下を参考に作成してください。

繰り返しのあるデザインでデータ作成をしてください。

このページのトップに戻る

任意のピッチ幅で作成する場合

例)テープ幅38mm、ピッチ幅300mm(左出し)で作成する場合

サイズ
テープ幅38mm×ピッチ幅300mm
左出し(横使い)
テープ印刷イメージ

ピッチ幅300mmのデザインデータ

新規ドキュメント作成

新規ドキュメント作成

新規ドキュメント
[サイズ(幅・高さ)]:任意
[カラーモード]:CMYK
[ラスタライズ効果]:高解像度(300ppi)

アートボードのサイズはデザインデータが全て収まる範囲で任意で設定してください。

データ作成範囲と同じサイズの長方形を作成

データ作成範囲のサイズの四角形を作成します。

長方形ツール(塗り/線共に「なし」)

長方形ツールを選択し、描画ツールの"塗り/線"を共に「なし」を選択します。(図1)

長方形ダイアログ

長方形ツールを選択後にアートボードをクリックすると「長方形ダイアログ」が開きます。(図2)

サイズを設定

オプション
[幅]300mm(ピッチ幅)
[高さ]32mm(テープ幅−余白)

※[高さ]はテープ幅から余白を除いたサイズを設定します。

オブジェクト作成

トリムマークの作成

ステップ2で作成した四角形に対してトリムマークを作成してください。

作成した四角形を選択

トリムマークを作成

トリムマーク作成
[オブジェクト]→[トリムマークを作成]
トリムマーク

ガイド線の作成

ステップ2で作成した四角形をガイド線に設定してください。
実線(色付きの線)のままご入稿いただいた場合、線も印刷されます。

ガイド作成
[表示]→[ガイド]→[ガイドを作成]
ガイド線を設定

以上で、データ作成範囲(印刷範囲)の設定は完了です。
作成したガイド内にオブジェクトや文字を配置しデザインを作成してください。

このページのトップに戻る