コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
中綴じ冊子カレンダー印刷 データ作成ガイド

中綴じ冊子カレンダー印刷について

中綴じ冊子カレンダー印刷は、冊子に孔開け加工を施すことで壁掛けカレンダーとして利用できるようにしたものです。

この商品の仕様/料金を確認

カレンダー印刷

対応アプリケーション

このページのトップに戻る

中綴じ冊子カレンダー印刷 データ作成の注意点

中綴じ冊子カレンダーのサイズについて

中綴じ冊子カレンダーは、定型サイズ(A6/A5/A4/B6/B5)の他、長方形や横長などの変型サイズにも対応しており、頁数は16ページ/28ページの2 種類を用意しております。
また、データを作成される際は必ず見開きサイズで作成して頂く必要がございます(右表をご参考ください)。
勿論、カレンダー以外の用途にもご自由にご利用ください。

作成サイズ例
仕上り(ご注文)サイズ
単位:mm
作成(見開き)サイズ
単位:mm
A4縦長 幅210×高さ297 幅210×高さ594
A4横長 幅297×高さ210 幅297×高さ420
正方形
(A4B5サイズ)
幅200×高さ200 幅200×高さ400

孔開けの位置について

左右の中心、紙の端から孔の中心まで12mmの位置で直径6mmの孔開け加工を行います。孔開けされる位置に文字や重要なデザインを配置されないようにお気をつけください。

中綴じ 冊子カレンダーの孔開けの位置

作成時のページ構成について

図は16ページタイプを例にした制作時のページ構成です。

  • 1ファイル内には見開き(2ページ)サイズで作成してください。
  • 裏表紙はデザインを180度反転させる事にご注意ください。
作成時のページ構成

裏表紙の向き

  • 裏表紙のデザインを180度反転させないと、冊子を閉じた状態での裏表紙の天地が逆になります。

このページのトップに戻る

アプリケーション別の注意点

アプリケーション 形式 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS Illustrator作成方法
Ai Adobe Illustrator PDF IllustratorPDF作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS Photoshop作成方法
Id Adobe InDesign PDF InDesign作成方法
Office Microsoft Office そのまま Office作成方法
CubePDF CubePDF入稿 PDF CubePDF作成方法
画像ファイル入稿 画像ファイル入稿 JPEG・TIFF・PNGなど データ作成方法

このページのトップに戻る

Illustratorで作成される場合

このページのトップに戻る

Illustrator PDFで作成される場合

このページのトップに戻る

Photoshopで作成される場合

ガイドラインの作成例

A4サイズ(幅297mm×高さ210mm)を例にガイドラインの作成方法を解説致します。

① 仕上りサイズよりも幅、高さ共に6mm大きく(塗り足し分)で新規ドキュメント設定をしてください

新規ドキュメント設定
幅:303mm(297mm+6mm)
高さ:216mm(210mm+6mm)

②  断裁(仕上り)線ガイドラインを作成します(図1)

断裁(仕上り)線ガイドライン
上下左右:端から3mm

③  文字切れガイドラインを作成してください
※右図では省略しております

④ ページ数に合わせてファイルをコピーします
16ページ=8ファイル/28ページ=14ファイル

⑤  ファイル名にページの表記をします(図2)

ガイドラインの作成方法などについては下記ページをご覧ください。
Photoshopデータ作成の注意点・初期設定

壁掛けカレンダー作成例

このページのトップに戻る

InDesignで作成される場合

このページのトップに戻る

Microsoft Officeソフトで作成される場合

このページのトップに戻る

CubePDF入稿をご利用の場合

このページのトップに戻る

画像ファイルで作成される場合

このページのトップに戻る