• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
オリジナル壁紙印刷 データ作成ガイド

オリジナル壁紙印刷

再剥離可能なシールタイプの壁紙です。店舗模様替えやイベントブースの装飾などに最適です。最大7メートル幅まで作成可能です。
詳しくはオリジナル壁紙印刷をご確認ください。

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

AiAdobe Illustrator (一部最新機能は除く) 対応バージョン

PsAdobe Photoshop (一部最新機能は除く) 対応バージョン

  • PDF形式のご入稿はご利用いただけません。

オリジナル壁紙印刷 共通の注意点

データのサイズについて

データは実寸サイズの10分の1で作成してください。

印刷用のデータは、必ず実寸の10分の1のサイズで作成してください。
例)[印刷サイズ] 幅:3,600 × 高さ:1,800(mm)
→[データサイズ] 幅:360 × 高さ:180(mm)

ウォールステッカーの製造工程について

ウォールステッカーは実寸の10分の1のサイズでデータを作成・入稿していただきます。
ご入稿いただいたデータは、弊社にて印刷用データに変換後、10倍に引き延ばし出力(印刷)いたします。

印刷用データに変換後、10倍に引き延ばし出力

幅900mm以上のサイズの場合、1枚目の左端を基点にデータを分割して出力(印刷)します。
分割された各壁紙(シート)の幅は900mmで、2枚目以降の左端20mmは[貼り合わせ]となります。

1枚目の左端を基点にデータを分割して出力

「貼り合わせ」とは

シートが複数枚に分割された場合、2枚目以降の左端20mmは[貼り合わせ]となります。[貼り合わせ]は施工時のズレを軽減するために重ねる合わせる部分です。

  • 上下左右に余分(切りしろ・ミミ)が必要な場合は、切りしろを含めたサイズで注文してください。

デザイン・オブジェクトの配置について

画像解像度は1,000dpi以上必要です

ビットマップデータ(写真やPhotoshopで編集したデータなど)の画像解像度は1,000dpiを推奨します。

作成解像度と出力結果ご入稿いただいたデータを10倍に引き延ばして印刷するため、データ内の画像の解像度はおよそ10分の1の仕上がりとなります。
推奨の解像度(1,000dpi)以下の数値でご入稿いただいた場合、画像部分がジャギー(ギザギザ)となったり、細部のディテールが失われ、ぼやけた印象となりますのでご注意ください。

塗り足しは仕上がり線よりも3mm以上作成してください

仕上がり線よりも3mm以上塗り足しを作成してください。また、仕上がり線の3mm以内に切れてはいけない文字やオブジェクトは配置しないでください。
※塗り足し・文字切れは10分の1サイズにする必要はありません

仕上がりについての注意点

ご注文サイズとデータの向きにご注意ください。

ご注文の「幅・高さ」で印刷工程へと進行いたします。
注文内容(幅・高さ)とデータの縦横の対応が異なる場合、弊社にて注文内容(幅・高さ)に合わせデータを回転し印刷いたします。回転のパターンは下図をご参照ください。(絵柄・デザインの向きは考慮せず、既定のパターンで回転いたします)

また、同じサイズでもご注文時の幅・高さのご指定によって、分割枚数が異なります。

横長(幅 > 高さ)のサイズで注文した場合

[注文内容]
幅:2,000 × 高さ:1,500(mm)
[データのサイズ]
【幅:200 × 高さ:150(mm)】 → そのまま印刷
【幅:150 × 高さ:200(mm)】 → データの上部を左(反時計回り)に回転して印刷

横長の場合のデータの向きと仕上がりについて
納品は2分割

縦長(幅 < 高さ)のサイズで注文した場合

[注文内容]
幅:1,500 × 高さ:2,000(mm)
[データのサイズ]
【幅:150 × 高さ:200(mm)】 → そのまま印刷
【幅:200 × 高さ:150(mm)】 → データの左を上(時計回り)に回転して印刷

縦長の場合のデータの向きと仕上がりについて
納品は3分割

このページのトップに戻る

アプリケーション別 データ作成の注意点

アプリケーション 形式 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS >> Illustrator作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS >> Photoshop作成方法

Illustratorで作成される場合

データのサイズ設定にご注意ください

Illustratorデータのデータについて

サイズ設定にご注意ください。

データは、必ず実寸(ご注文)サイズの10分の1で作成してください。また、必ず設定サイズに対してトリムマークを作成してください。

塗り足し・文字切れは3mm以上必要です

【塗り足し】背景色は、仕上がり線よりも3mm以上大きく作成してください。
【文字切れ】重要な文字やオブジェクトは仕上がり線より3mm以上内側に配置してください。
※塗り足し・文字切れは10分の1サイズにする必要はありません

フォントは必ずアウトライン化してご入稿ください。

上記の項目を満たしていない場合は、データ不備となり、印刷作業に進むことができません。データのご修正と再入稿をしていただく必要がございます。

画像解像度にご注意ください

画像ファイルの解像度は1,000dpi推奨です

1,000dpiIllustratorのデータ内に画像データを配置する場合、使用される画像ファイルの解像度は1,000dpiで作成してください。

配置画像の解像度はデータチェック項目には含みません

配置画像の解像度が弊社推奨の数値より低い場合でも、データ不備のご連絡はいたしません。(画像解像度はデータチェック項目に含みません)

パターンをご使用になる場合

印刷後パターンのつなぎ目部分に、白い線が発生する場合がございます。

Illustratorのデータ上で1000%程度に拡大表示した際、各パターンのつなぎ目に切れ目が確認できる場合は、印刷時も同様の仕上がりとなります。ご注意ください。パターンの使用について

Illustrator入稿ガイドIllustratorでデータ作成される場合は、Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

Photoshopで作成される場合

Photoshopデータのサイズ設定について

サイズ設定にご注意ください。

データは、必ず実寸(ご注文)サイズの10分の1で作成してください。

解像度は1,000dpi必要です

推奨の解像度(1,000dpi)以下の数値でご入稿いただいた場合、画像部分にジャギー(ギザギザ)が発生したり、細部のディテールが失われ、ぼやけた印象となりますのでご注意ください。

塗り足し・文字切れは3mm以上必要です

【塗り足し】背景色は、仕上がり線よりも3mm以上大きく作成してください。
【文字切れ】重要な文字やオブジェクトは仕上がり線より3mm以上内側に配置してください。
※塗り足し・文字切れは10分の1サイズにする必要はありません

ご入稿データのレイヤーは統合してください

上記の項目を満たしていない場合は、データ不備となり、印刷作業に進むことができません。データのご修正と再入稿をしていただく必要がございます。

Photoshop入稿ガイドPhotoshopでデータ作成される場合は、Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

この商品の関連ページ

この商品の仕様/料金を確認

商品・加工別のデータ作成ガイドトップへ戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間