コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
上製本冊子 データ作成ガイド InDesign PDF入稿

上製本冊子/ハードカバー製本冊子について

上製本印刷は、本文と別仕立ての表紙(ハードカバー)を貼り付けて製本する冊子印刷です。

本文の製本方法は、厚紙を挟み込みながら製本する「合紙製本」と、耐久性が高く柔軟なPUR糊を使用して製本する「PUR製本」の2種類をご用意しております。

この商品の仕様/料金を確認

上製本印刷に必要なデータ

表紙データ・本文データは別ファイルでご用意ください。

表紙データ

表紙は、背幅・ミゾ・巻き返し分を含んだサイズで、見開きの状態で作成してください。

※片面(表1/表4)のみ作成できます。(表2/表3へは印刷できません)

本文データ

見開きページまたは単ページで作成してください。
本文のサイズは、表紙サイズから縦横-6mm(上下左右各-3mm)で作成する必要があります。

このページのトップに戻る

表紙データの作成方法

表紙データの作成に必要なサイズ

表紙データの作成に必要なサイズ

表紙データの作成手順

新規ドキュメント作成

新規ドキュメント設定
[ファイル]→[新規]→[ドキュメント]
新規ドキュメント
[幅・高さ]:計算ツール[B]の幅・高さの値
[ページ数]:1
[開始ページ番号]:1
[見開きページにチェック]:オフ
[方向/綴じ方]:任意

表紙データの新規作成

このページのトップに戻る

本文データの作成方法

本文のサイズは、表紙サイズから縦横-6mm(上下左右各-3mm)で作成していただく必要があります。
(例:A4サイズ仕上がりの場合:[本文の見開きサイズ]幅408mm×高さ291mm)

本文データの作成に必要なサイズ

上製本冊子 表紙・本文・背幅サイズ計算ツール

見開きページでのレイアウトの際は、左綴じ・右綴じにご注意いただき、ページ配置にお気をつけください。

製本方法でデータの作成範囲が異なります。

合紙製本の場合

見開きデータのまま印刷します。

合紙製本、見開きでデータを作成した場合の配置例

PUR製本の場合

1ページ目と最終ページの配置にご注意ください。

PUR製本、見開きでデータを作成した場合の配置例

見開きデータの作成手順

新規ドキュメント作成

新規ドキュメント設定
[ファイル]→[新規]→[ドキュメント]
新規ドキュメント
[幅]:計算ツール[D]の幅の値×2
[高さ]:計算ツール[D]の高さの値
[ページ数]:注文ページ数
[開始ページ番号]:1
[見開きページにチェック]:オン
[方向/綴じ方]:任意

本文見開きデータの新規作成

新規マージン・段組
任意(例では文字切れガイド目安の3mmを設定)
新規マージン・段組

新規ドキュメント

本文データ

本文(中面)データ

新規ドキュメント
[ファイル]→[新規]→[ドキュメント]
新規ドキュメント
[幅]:計算ツール[D]の幅の値
[高さ]:計算ツール[D]の高さの値
[ページ数]:注文ページ数
[開始ページ番号]:1
[見開きページにチェック]:オフ
[方向/綴じ方]:任意

本文単ページデータの新規作成

新規マージン・段組
任意(例では文字切れガイド目安の3mmを設定)
新規マージン・段組

新規ドキュメント

このページのトップに戻る

InDesign PDF入稿の注意点

PDF書き出しについて

このページのトップに戻る