• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

InDesignPDF入稿・印刷データ作成方法/注意点
データのプリフライト(書き出し前のチェック)

プリフライト(書き出し前のチェック)でトラブル回避

InDesignのデータが正常であるかご確認下さい

PDFを作成する前に、配置されている画像等に異常がないか確認することで、書き出し時のトラブルを回避する事ができます。

このページのトップに戻る

プリフライトの方法(画像やデータの異常をチェックします)

プリフライトを選択

プリフライト
[ファイル]→[プリフライト]

CS4以降をご使用の場合

CS4以降のバージョンをご使用の場合は、
[ファイル]メニューより、[パッケージ]を選択してください。

パッケージとは?

プリフライト後、パッケージというボタンが選択できる状態になります。これは、印刷出力に必要なデータのコピーを、任意の場所に生成する事が出来る機能です。リンクされたIllustratorのファイルなどをアウトライン化する時などに、コピーされたデータを使用すると、元のデータを加工する事無くデータを作成する事が可能です。

自動的にチェックが行われます

プリフライトでは、フォント/リンクと画像/カラーとインキなどのチェックが行われます。

チェック結果が表示されます

OKの場合右図は、何もとくに問題がなかった場合です。

注意マークが表れた項目は、何らかのデータが足りないなど、データに問題がある可能性があります。
該当箇所を修正していただくことをお薦めいたします。

エラーの詳細は、データに異常があった場合をご確認下さい。

このページのトップに戻る

データに異常があった場合

プリフライトで注意マークが表れた項目を下記のように修正してください。

「フォント」項目の不備がある場合

フォントが必要です

フォントを用意してください。Illustratorデータの場合はフォントを埋め込む、またはアウトラインを作成してください。

使用されているフォントがシステムに無い、配置されているIllustratorデータなどのフォントが埋め込まれていないなどが考えられます。

フォントの不備

PDFファイルへの埋め込みがサポートされていないフォントが使用されている場合

PDFファイルへの埋め込みがサポートされていないフォントが使用されていると、正しく表示出来ない場合や、印刷出来ない場合があります。
使用しているフォントがPDFへの埋め込みがサポートされているかどうかについては、フォントの提供先にお問い合わせ下さい。
PDFへの埋め込みがサポートされていないフォントの場合、弊社でもサポートの対象外となります。予めご了承下さい。必ずお客様でご確認の上、データの入稿をお願いいたします。

表示されるエラーメッセージ

エラーメッセージ上記の件は、書き出したPDFデータをAdobe AcrobatまたはAdobe Readerでファイルを開く際に、右のようなのエラーメッセージが表示されます。

※このエラーが出る場合には文字をアウトライン化していただくか、サポートされているフォントに置き換えてデータ作成をお願いいたします。
また、現在当社で確認出来ている事例では、「ダイナフォントのTrueType版を使用するとPDFにフォントが埋め込めこまれず、文字の一部が文字化けしたり、印刷されない」事が分かっています。
ダイナフォントのTrueType版を使用される場合には、必ずアウトライン化していただきますようお願いいたします。

「カラーとインキ」項目の不備がある場合

プロセスカラーに変換してください

使用されているカラーが表示されます。
※特色は使用しないでください。
特色を使用されている場合、プロセスカラーに変換していただきますようお願い致します。

特色カラーを使用されていた場合は、強制的にプロセスカラーへと変換されます。
その際、色味が変化してしまう場合がございます。特色カラーは使用されないようお願い致します。

カラーとインキの不備

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間