• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

InDesignPDF入稿・印刷データ作成方法/注意点
カラー設定と使用色(CMYK/特色/グレー)

印刷物に合わせてカラーモードを選択してください

印刷物の印刷色によって、カラーモードを使い分けていただく必要があります。

モノクロ・軽オフセット冊子印刷商品をご利用の場合、データにカラーが入っていると、データ不備となり印刷作業に進むことができません。データのご修正と再入稿をしていただく必要がございます。

このページのトップに戻る

InDesign アプリケーションのカラー設定

カラーモードの設定方法

カラー設定

下記の通りカラー設定を行って下さい。

アプリケーションのカラー設定
[編集]→[カラー設定]

フルカラー印刷の場合

CMYKカラー

CMYKカラーで作成してください

オブジェクトやテキストは必ずCMYKカラーで作成してください。
RGBカラーや特色を使用された場合、印刷へ進めることはできますが、データ上と仕上がりとの色味が変化してしまう場合がございます。

特色

特色は使用しないでください

特色カラーを使用されていた場合は、強制的にプロセスカラー(CMYK値)へと変換されます。 その際、色味が変化してしまう場合がございます。
特色カラーは使用されないようお願い致します。

RGBカラーとCMYKカラーとでは再現色域が異なる

RGBカラーモードで入稿された場合、弊社にてCMYKカラーに自動的に変換いたします

RGBカラーのデータをCMYKカラーへ変換するため、PCのモニター上の色合いと印刷後の色合いに差が出てしまい、仕上がりがくすんでしまいます。これはRGBカラーとCMYKカラーとでは再現色域が異なるためで避けられないことです。ご理解をお願いいたします。

RGBカラーとCMYKカラー?

RGBとCMY印刷に適したカラーモードはCMYKカラーです。
RGBカラーとCMYKカラーとは、色の再現領域が異なります。RGBカラーとCMYKカラーの詳細については、データ作成の前に「カラーモード(RGBとCMYK)とは」をご確認ください。

ビビッドカラー印刷

写真やイラストを鮮やかに再現するなら「ビビッドカラー印刷」がオススメ!高彩度トナーの使用により、sRGBに近い色域で、蛍光色やレッド、グリーン、ブルーなどの原色の鮮やかな色彩を可能な限り再現いたします。

モノクロ・軽オフセット冊子印刷の場合

K(ブラック)のみで作成してください

K(ブラック) モノクロ印刷・軽オフセット冊子印刷をご利用の場合は、オブジェクト・テキストなど、すべてのカラーは「K(ブラック)のみ」で作成してください。
画像を配置される場合も、グレースケールやモノクロ2階調で作成されたものを配置してください。

モノクロ・軽オフセット冊子印刷商品をご利用の場合、データにカラーが入っていると、データ不備となり印刷作業に進むことができません。データのご修正と再入稿をしていただく必要がございます。

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間