コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
型抜きカード印刷(オフセット印刷) データ作成ガイド

型抜きカード印刷(オフセット印刷)について

型抜きカード印刷

木型を作成しトムソンで打ち抜いて制作します。定型サイズのカード内に最大4丁(4種類)まで、スジ入れやくり貫きも併用できるので自由度の高いカードの作成が可能です。

この商品の仕様/料金を確認

このページのトップに戻る

オフセット印刷の型抜きカードについて

最大4丁(4種類)の型抜きカードを作成できます

定型サイズのカード内に、最大4丁(4種類)まで、自由な形状で型抜きすることが可能です。
また型抜きと同時に「折り目(スジ入れ)」「ミシン目」「スリット(切れ目)」「孔あけ」「くりぬき」を同時に加工できます。
※ポリプロピレン素材は、ミシン目非対応です。

型抜きカード作成例

このページのトップに戻る

対応アプリケーション

このページのトップに戻る

共通の注意点

カットパスが必要な商品です

仕上がりについて

加工位置のズレにご注意ください

加工位置のズレ

製造工程上、カット(断裁)位置にズレが生じる場合があります。
カットパス付近での文字の配置や四方に均等にフチが必要なデザインは文字が切れたり、フチの幅に差異が目立ちますのでお避けください。

角や切り込みについて

角や切り込み部分の形状は、若干丸みを帯びた仕上がり

角や切り込み部分の形状は、若干丸みを帯びた仕上がりとなります。予めご了承ください。

このページのトップに戻る

データ作成の注意点

カットパス・丁付について

丁付数の数え方

外周のカットパス(打ち抜き用のパス・トムソン罫)の数が丁付の数となります(下図参照)。
ご注文の用紙サイズ内に最大4丁(4種類)まで型抜きカードをデザインできます。

外周のカットパスの数が丁付の数

カットパスの形状について

カットパスの角は45度以上あることを推奨します

カットパスの形状が、45度以下の鋭角なラインの場合、加工時や出荷時に先端部分が折れる可能性があります。またカットパスは、角のないものの方が美しく仕上がります。※カットパスの角度が45度以下はお受付できない場合がございます

カットパスは鋭角にせず、できるだけ滑らかな曲線で作成されるのをお薦めいたします

※切り込み部分の角度が鋭いパスに関しては対応できない場合があります。

対応できない角度

カットパスの作成の注意点

カットパス・加工指示用のパス(罫線)は「表面」にのみ作成してください。

抜き加工・孔あけ加工用のカットパス
[太さ]1pt 実線
クローズパス(一筆書きで閉じられたパス)
[線の色]K(黒)100%
スリット加工指示パス
[太さ]1pt 実線(オープンパス)
[線の色]K(黒)100%
ミシン目加工指示パス
[太さ]1pt 実線
[線の色]M(マゼンダ)100%
※曲線や複雑な形状の加工はお見積もり対応となります。
※型抜きカード(ポリプロピレン素材)は非対応。
折り目(スジ入れ)加工指示パス
[カットパスとの間隔]3mm以上(カットパスに対してスジを水平に入れる場合)
[太さ]1pt 実線
[線の色]C(シアン)100%
※曲線や複雑な形状の加工はお見積もり対応となります。
複数の折り目(スジ入れ)を設定される場合
[折り目(スジ入れ)パスの間隔]6mm以上
カットパスや加工指示用の罫線 複数の折り目(スジ入れ)を設定される場合

塗り足し・文字切れについて

断裁時に、多少のズレが発生する場合がございます。塗り足しや文字の配置には十分ご注意ください。

【カットパスの位置】ご注文サイズに収まる範囲内にカットパスを配置してください。
【塗り足し】 背景色は、カットパスよりも1mm以上大きくつけてください。
【文字切れ】 重要な文字や画像はカットパスより1mm以上内側に配置してください。

カットパスの位置/塗り足し文字切れについて

打ち抜き・くりぬきの場合の塗り足しについて

複数丁付する場合

丁付の間隔(カットパスの間隔)は3mm以上必要です

丁付の間隔(カットパスの間隔)は3mm以上必要

くりぬき・孔あけ用のカットパスを作成する場合

くりぬきの場合は、カットパス間の間隔は2.5mm以上必要です。

孔あけの直径は1mm以上必要です。
スリット加工端の孔あけ加工の直径は2mm以上必要です。

くりぬき時のカットパス間の間隔は2.5mm以上、孔あけの直径は1mm以上必要

カットパスは、別レイヤー(加工指示パスレイヤー)に分けてください

カットパスは、デザインするレイヤーとは分けて作成していただく必要がございます。
カットパスは必ず、テンプレートの、「加工指示パス」レイヤーに作成してください。

カットパスは、別レイヤー(加工指示パスレイヤー)に作成

アピアランス効果によって作成されたカットパスは反映されません

効果(スタイライズやワープなど)を使用して作成されたカットパスは、カットに反映されません。カットパスとして反映させる為にはアピアランスの分割を行ってください。

アピアランスの分割
[オブジェクト]→[アピアランスを分割]
アピアランス効果で作成したカットパスは、アピアランスの分割をしてください

パスを交差する場合は重ねずに作成してください

カットパスは重ねずに作成してください カットパスはパスを交差・重ねたりせず作成してしてください。十字などにパスを作成希望の場合は、パスを分けて作成してください。

ジグザグのカットパスを作成する場合は1辺20mm以上推奨

ジグザグの大きさは1辺20mm以上を推奨しております。

1辺20mm以上の大きさで作成してください

※細かいジグザグのカットパスを作成希望の場合は、1辺3mm以上20mm未満、長さ50mmまで作成できます。
※20mm以上のジグザグのカットパスについては長さの指定はございません。

最小サイズは1辺3mm以上20mm未満

その他の注意点

用紙を打ち抜いて仕上げる商品です(トリムマーク位置で断裁はしません)

定型サイズ(用紙の全面)に仕上げる場合も、外周のカットパスが必要です。
外周のカットパスが作成されていない場合、予期せぬ仕上がりとなる場合があります。ご注意ください。

外周のカットパスが必要

両面印刷の場合、裏面のデータの配置にご注意ください

裏面は形状・配置ともに、表面を左右に反転した状態でデータを作成する必要があります。特に両面印刷で複数丁付をご利用の場合、表裏の位置関係にご注意ください。
※カットパス・加工指示用の罫線は「表面」のみに作成してください。

両面印刷の場合、裏面のデータの配置にご注意ください

このページのトップに戻る

データ作成のポイント

カットパス作成のコツ

シンプルなカットパスほど美しく仕上がります

美しくカットを行う為、カットパスのアンカーポイントは可能な限り減らしてください。
形をあまり変えずにアンカーポイントを減らすにはスムーズツールが便利です。

スムーズツール
[ツールパレット]→[スムーズツール]

スムーズツールで対象となるカットパスをなぞる事で、アンカーポイントが減り曲線が滑らかになります。(図2参照)

スムーズツール

このページのトップに戻る

白版について(ポリプロピレン素材のみ)

プロセスデータと白版

プロセス(フルカラー)データについて

白色でデザインする場合や、透明(ポリプロピレン素材の色)にする場合はオブジェクトを配置しません。
※白色は白版データで作成します
※アートボードの表示を透明グリッドにして作成すると便利です。(表示(画面)→透明グリッドを表示)

プロセスデータ作成についてはデータ作成の注意点をご覧ください。

白色にしたい、透明にしたい場合

白版データについて

ご注文時に白版の有無を選択していただきます。

面全体に白版を印刷する場合(白版データ入稿不要)

面全体に白版を印刷する場合は白版データのご入稿の必要はありません。(全面白版有り)全面に白が印刷され、透けにくい仕上がりとなります。

全面白版あり

部分的に白版を印刷する場合(白版データ入稿必須)

透明の部分を残したい場合または、白色でデザインする場合など、部分的に白版を印刷する場合は白版データのご入稿が必須となります。(部分的白版有り)

白版データの作成方法(Illustrator)

部分的白版あり

白版データが必要な場合の例と作成のポイント

白版データにはカットパスデータを配置しないでください。

プロセスデータと白版のオブジェクトを部分的に重ねる場合

プロセスデータと白版のオブジェクトを部分的に重ねる場合

<プロセスデータ>
オブジェクトを作成・配置

<白版データ>
印刷したいサイズより0.1mm縮小したオブジェクトを配置
※白版はプロセスデータよりも0.1mm縮小して作成することで、印刷工程で生じるずれを目立たなく仕上げる事ができます。

透明部分に白色を印刷する場合

白版データの作成方法/白色で印刷する場合

<プロセスデータ>
オブジェクトを配置しません
※印刷に影響されない、白(CMYK:0%)のオブジェクトを配置頂いても構いません

<白版データ>
印刷したいサイズでオブジェクトを配置
※拡大・縮小はしません

透けているオブジェクト部分に白色を配置する場合

白版データの作成方法/白色で印刷する場合

<プロセスデータ>
オブジェクトを配置しません
※印刷に影響されない白(CMYK:0%)のオブジェクトを配置頂いても構いません

<白版データ>
印刷したいサイズより0.1mm拡大したオブジェクトを配置
※印刷工程におけるズレを目立たなく仕上げる事ができます。

プロセスデータ全体にオブジェクトを配置し、白版データを必要な部分だけオブジェクトを作成する事で、色付きのクリア型抜きカードに印刷された様な仕上りになります。

このページのトップに戻る