• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

データ作成の前に
文字切れとは?(断裁ずれにご注意ください)

文字切れとは、仕上がり線ギリギリに配置された文字が切れてしまう事です

断裁によって文字が切れて仕上がってしまう場合があります。文字は紙端ギリギリに配置しないでご作成ください

一見すると美しくデザインされているチラシでも、文字切れがあると台無しです

レイアウトの端ギリギリに配置されている文字やオブジェクトは、欠けた状態で仕上がってしまう場合があります。これが、文字切れです。

文字切れを防ぐために
切れてはいけない文字やオブジェクトは、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置してください。

なぜ文字切れが発生してしまうの?

印刷物は実際の仕上がりより大きな用紙に印刷され、ご指定いただいたサイズに四方を断裁して仕上げます。 その際、用紙を何百枚も重ねて断裁するため、多少の断裁ずれが生じることがあります。 内側にずれて断裁された場合、レイアウトの端ギリギリの文字は、断裁によって切れてしまいます。 文字切れを防ぐために、切れてはいけない文字や写真などは、端から3mm以上内側に配置してください。

このページのトップに戻る

ご入稿データに文字切れの恐れはありませんか?

文字切れの心配のないデータの例

仕上がり線より3mm以上内側に配置すると、文字切れの心配はありません

文字切れしていない場合 文字を仕上がり線よりも3mm以上内側に配置して作成されたチラシは、断裁時にわずかなずれが発生しても、文字が切れてしまうことはなく、美しく仕上がりました。

文字切れしていない場合の断裁後イメージ

文字切れとなってしまうデータの例

文字を紙端ギリギリに配置されていると、文字切れが起こります

文字切れしている場合 このチラシは、一見キレイに作成されているチラシに見えますが、 仕上がり線ギリギリに文字が配置されているために、文字が切れてしまった状態で仕上がってしまいました。

文字切れしている場合の断裁後イメージ

仕上がり線上の罫線も、切れて仕上がってしまいます

仕上がり線上に配置された罫線 仕上がり線上に枠線などの罫線を配置されている場合でも、文字のときと同様に、断裁ずれによって完全に切れてしまう(もしくは、仕上がりに入り込んでしまう)場合があります。 仕上がりに必要のない罫線は配置しないでください。
確実に印刷したい罫線の場合は、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置するようにしてください。

このページのトップに戻る

文字切れしないデータ作成の方法

切れてはいけない文字やオブジェクトは、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置していただくことで、文字切れを防ぐ事ができます。

仕上がり線ギリギリに配置されている文字などを、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置し直してください。

全体を上下左右に3mmずつ縮小して修正された場合、塗り足しが足りずに、断裁後に紙端に白いフチ(紙の色)がでてしまう場合があります。
塗り足しは仕上がり線よりも3mm以上外側まで大きく作成されていることもご確認ください。
塗り足しとは

各アプリケーション別の作成方法

具体的な作成方法については、ご利用のアプリケーションによって異なります。アプリケーション別のデータ作成ガイドをご覧ください。

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間