コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
上製本冊子 データ作成ガイド Illustrator PDF入稿

上製本冊子/ハードカバー製本冊子について

上製本印刷は、本文と別仕立ての表紙(ハードカバー)を貼り付けて製本する冊子印刷です。

本文の製本方法は、厚紙を挟み込みながら製本する「合紙製本」と、耐久性が高く柔軟なPUR糊を使用して製本する「PUR製本」の2種類をご用意しております。

この商品の仕様/料金を確認

上製本印刷に必要なデータ

表紙データ・本文データは別ファイルでご用意ください。

表紙データ

表紙は、背幅・ミゾ・巻き返し分を含んだサイズで、見開きの状態で作成してください。

※片面(表1/表4)のみ作成できます。(表2/表3へは印刷できません)

本文データ

見開きページまたは単ページで作成してください。
本文のサイズは、表紙サイズから縦横-6mm(上下左右各-3mm)で作成する必要があります。

このページのトップに戻る

表紙データの作成方法

表紙データの作成に必要なサイズ

表紙データの作成に必要なサイズ

表紙データの作成手順

新規ドキュメント設定

新規ドキュメント設定
[ファイル]→[新規]

以下はIllustrator CCの場合の画面です。

新規ドキュメント
[アートボードの数]: 1
[サイズ(幅・高さ)]:計算ツールの[B]の値で設定
[カラーモード]:CMYK
[ラスタライズ効果設定]:高解像度(300ppi)

表紙の新規ドキュメント設定

ガイドの設定

データ作成をされる前に、作成の補助となるガイド線を作成いただくことをおすすめしております。
上製本の表紙データには以下のガイドを設定するとデータの作成に便利です。

設定ガイド
[背幅]:背表紙部分のガイド(計算ツールの[A]の値で設定)
[表紙の仕上がり位置]:製本後に表紙として見える範囲のガイド(計算ツールの[C]の値で設定)
[表紙の塗り足し]:表紙の仕上がり位置に対して、上下左右に10mm
[ミゾ]:背幅の左右にそれぞれ10mm

表紙データのガイド

このページのトップに戻る

本文データの作成方法

本文のサイズは、表紙サイズから縦横-6mm(上下左右各-3mm)で作成していただく必要があります。
(例:A4サイズ仕上がりの場合:[本文の見開きサイズ]幅408mm×高さ291mm)

本文データの作成に必要なサイズ

上製本冊子 表紙・本文・背幅サイズ計算ツール

見開きページでの作成方法

見開きページでのレイアウトの際は、左綴じ・右綴じにご注意いただき、ページ配置にお気をつけください。

製本方法でデータの作成範囲が異なります。

合紙製本の場合

見開きデータのまま印刷します。

合紙製本、見開きでデータを作成した場合の配置例

PUR製本の場合

1ページ目と最終ページの配置にご注意ください。

PUR製本、見開きでデータを作成した場合の配置例

本文データ

本文(中面)データ

新規ドキュメント設定

以下はIllustrator CCの場合の画面です。

新規ドキュメント
[アートボードの数]: 合紙製本の場合、注文ページ数の半分/PUR製本の場合、注文ページ数の半分+1
[幅]:計算ツール[D]の幅の値×2/[高さ]:計算ツール[D]の高さ
[裁ち落とし]:天地左右3mm
[カラーモード]:CMYK
[ラスタライズ効果設定]:高解像度(300ppi)

新規ドキュメント

ガイドの設定

データ作成をされる前に、作成の補助となるガイド線を作成いただくことをおすすめしております。

アートボードよりも上下左右に3mmずつ小さい長方形を作成し、文字切れガイドとして目安にしてください。
また、アートボードのセンター(中央)にガイド線を作成し、綴じ位置として目安にしてください。

Illustrator PDF形式にてご入稿いただく場合、アートボードに沿ってPDFデータを書き出すため、トリムマークは不要です。

ガイド

単ページでの作成手順

本文データ

本文(中面)データ

新規ドキュメント設定

以下はIllustrator CCの場合の画面です。

新規ドキュメント
[アートボードの数]: 注文ページ数
[幅・高さ]:計算ツール[D]の値
[裁ち落とし]:天地左右3mm
[カラーモード]:CMYK
[ラスタライズ効果設定]:高解像度(300ppi)

新規ドキュメント

このページのトップに戻る

Illustrator PDF入稿の注意点

PDF書き出しについて

このページのトップに戻る