• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
クリアファイル印刷(オフセット印刷) データ作成ガイド

クリアファイル印刷(オフセット印刷)フルカラー印刷で写真やイラストも印刷して頂けるクリアファイル印刷です。企業の販売促進ツールや教育関係(学校、セミナー)はもちろん、同人グッズ制作など販売用の商品としてもご利用頂けます。

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

AiAdobe Illustrator (一部最新機能は除く) 対応バージョン

PsAdobe Photoshop (一部最新機能は除く) 対応バージョン

テンプレート必須商品です

弊社テンプレートでのご入稿が必須です。 下記リンクよりダウンロードしてください。

このページのトップに戻る

共通の注意点

データについて

データは見開きで作成してください

A4クリアファイル・カラー印刷サイズ

データは見開きで作成して頂く必要があります。またファイルの下部は接着部分となる為、文字や重要なデザインを配置されないようにお気を付け下さい。
詳細はテンプレート内の注意事項をご確認下さい。

必要なデータ

4色(透ける)よりご注文された場合

プロセスデータ

プロセス(CMYK)データをご入稿ください。

4色+白(透けにくい)よりご注文された場合

プロセスデータと白版データ

ご注文時に白版の有無を選択していただきます。
部分的に白版を印刷する場合はプロセス(CMYK)データとは別に白版データが必要となります。
詳しくは白版についてをご確認ください。

このページのトップに戻る

白版について

クリアファイルの印刷工程

ポリプロピレン製製品の印刷工程について

ポリプロピレン製の印刷商品は、メディア(PP)の裏面に、「プロセスデータ」を元にフルカラーで印刷しその上に「白版データ」を元に白インキを印刷し製造しております。
白版を配置することにより、色が透けにくく印刷されます。(クリアファイル印刷は白版なしでの印刷にもご対応しています)

プロセスデータと白版

※フルカラーと白色の位置がわずかにずれる場合がございます。予めご了承下さい。

プロセスデータと白版データ 印刷のイメージ 

クリアファイルの印刷イメージ

クリアファイル印刷の無料サンプルをご用意しています

実際に印刷された色をご確認される場合は無料の資料請求をご利用ください。
※ご請求の際には追加希望商品サンプル欄にてクリアファイルを選択してください。

プロセス(フルカラー)データについて

白色にしたい、透明にしたい場合

白色でデザインする場合や、透明(クリアファイルの色)にする場合はオブジェクトを配置しません。
※白色は白版データで作成します
※アートボードの表示を透明グリッドにして作成すると便利です。(表示(画面)→透明グリッドを表示)

プロセスデータ作成についてはIllustratorデータ作成の注意点Photoshopデータ作成の注意点をご覧下さい。

白版データについて

ご注文時に白版の有無を選択していただきます。

面全体に白版を印刷する場合(白版データ入稿不要)

「全面白版有り」「表面のみ白版有り」「裏面のみ白版有り」など面全体に白版を印刷する場合は白版データのご入稿の必要はありません。


白版データオプションについて

部分的に白版を印刷する場合(白版データ入稿必須)

部分的白版あり

透明の部分を残したい場合または、白色でデザインする場合など、部分的に白版を印刷する場合は白版データのご入稿が必須となります。
白版データ作成の方法は各アプリケーション別の作成方法をご確認ください。

白版データが必要な場合の例と作成のポイント

プロセスデータと白版のオブジェクトを部分的に重ねる場合

プロセスデータと白版のオブジェクトを部分的に重ねる場合

<プロセスデータ>
オブジェクトを作成・配置

<白版データ>
印刷したいサイズより0.1mm縮小したオブジェクトを配置
※白版はプロセスデータよりも0.1mm縮小して作成することで、印刷工程で生じるずれを目立たなく仕上げる事ができます。

透明部分に白色を印刷する場合

白版データの作成方法/白色で印刷する場合

<プロセスデータ>
オブジェクトを配置しません
※印刷に影響されない、白(CMYK:0%)のオブジェクトを配置頂いても構いません

<白版データ>
印刷したいサイズでオブジェクトを配置
※拡大・縮小はしません

透けているオブジェクト部分に白色を配置する場合

白版データの作成方法/白色で印刷する場合

オブジェクトを配置しません
※印刷に影響されない白(CMYK:0%)のオブジェクトを配置頂いても構いません

<白版データ>
印刷したいサイズより0.1mm拡大したオブジェクトを配置
※印刷工程におけるズレを目立たなく仕上げる事ができます。

プロセスデータ全体にオブジェクトを配置し、白版データを必要な部分だけオブジェクトを作成する事で、色付きのクリアファイルに印刷された様な仕上りになります。

このページのトップに戻る

Illustratorで作成される場合

テンプレート必須商品です

弊社テンプレートでのご入稿が必須です。 下記リンクよりダウンロードしてください。

白版データの作成方法

プロセスデータを作成してください

プロセスデータの作成

プロセスデータ作成

ご希望のサイズのテンプレートをダウンロードしていただき規程の範囲内にデータを作成してください。
プロセスデータ作成についてはIllustratorデータ作成の注意点も合わせてご覧下さい。

プロセスデータを複製

プロセスデータと白版データ

完成したプロセスデータ(アウトライン化済)をファイルごとコピーし、白版データとして使用します。
白版データは必ずプロセスデータとは別ファイルにて作成して下さい。

<白版データファイル名>
○○_shiro.ai  ※○○の部分は任意です

白版データを作成します

白版データは、プロセスデータと同じ座標に弊社指定の特色で塗りつぶしたオブジェクトで作成します。

白版作成用のテンプレートについて

スウォッチ使用例

「白版データ」はオブジェクトを特色カラーで塗りつぶしていただく必要があります。専用テンプレートのスウォッチに特色カラーをご用意しておりますので、白版データ作成の際はご使用いただきますようお願いいたします。

オブジェクトの変形手順

オブジェクトに対する白版作成時の、オブジェクトの縮小を例にご説明していきます。

白版データ作成フローIllustrator

対象のオブジェクトを選択(図1)

※線がある場合は(オブジェクト→分割・拡張)を行って下さい

パスを合体します(図2)

パスを合体する(パスファインダ)
[ウィンドウ]→[パスファインダ]

0.1mm小さいオブジェクトを作成(図3)

パスのオフセットダイアログ
[オブジェクト]→[パス]→[パスのオフセット]
パスのオフセット
オフセット値:-0.1mm
※オブジェクトを拡大する場合には、オフセットの値を「0.1mm」にして下さい。

スウォッチより特色を指定(図4)

オフセットしたオブジェクトの塗りの色は弊社指定の特色で塗りつぶしてください(スウォッチをご利用ください)

不要なオブジェクトの削除(図5)

白版からはみ出しているプロセスデータを削除して白版の完成です(図5)
白版データ完成

白版データの保存

白版データ作成後、白版データ内のプロセスデータオブジェクトは削除し、指定の特色カラーのオブジェクトのみであることをご確認いただいたのち、ご入稿下さい。

指定の特色以外のカラーを使用しないでください

白版のオブジェクトは必ずスウォッチに設定されている特色で塗りつぶしてください。

100%以外の濃度を設定しないでください

塗りつぶしたオブジェクトにグラデーションや透明効果の使用はお避けください。
Illustrator入稿で、色(プロセスカラー・白版)をのせたくない箇所はクリッピングマスクまたは切抜きをしてオブジェクトがない状態にしてください。0%=白のオブジェクトで隠す方法は適切ではありません。仕上がりが予期せぬ結果となる場合があります。

以下の機能(効果メニュー)は使用できません

「3D」「ドロップシャドウ」「光彩」「ぼかし」の効果は使用しないでください。

画像データ(ビットマップデータ)は使用しないでください

プロセスデータに画像データ(ビットマップデータ)を使用している場合は、画像の形状にあったオブジェクトを作成してください。

Illustrator入稿ガイドIllustratorでデータ作成される場合は、Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Illustrator入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

Photoshopで作成される場合

テンプレート必須商品です

弊社テンプレートでのご入稿が必須です。 下記リンクよりダウンロードしてください。

白版データの作成方法

プロセスデータを作成してください

プロセスデータの作成

プロセスデータ作成

ご希望のサイズのテンプレートをダウンロードしていただき規程の範囲内にデータを作成してください。
プロセスデータ作成についてはPhotoshopデータ作成の注意点も合わせてご覧下さい。

プロセスデータを複製

プロセスデータ作成

完成したプロセスデータをファイルごとコピーし、白版データとして使用します。
白版データは必ずプロセスデータとは別ファイルにて作成して下さい。

<白版データファイル名>
○○_shiro.eps  ※○○の部分は任意です

白版データを作成します

白版データは、プロセスデータと同じ座標にオブジェクトを作成しダブルトーンで特色を指定します。

オブジェクトの変形手順

オブジェクトに対する白版作成時の、オブジェクトの縮小を例にご説明していきます。

白版データ作成フローPhotoshop

フォトショップの特性上、縮小量を0.1mm単位に設定することができません。そのため、1pxの縮小(解像度350dpiの場合)を行いますが、仕上がり時に白版とプロセスデータに若干のずれが出てしまうことがあります。ご了承下さい。

※PhotoshopEPS形式で保存する際、レイヤーが統合されてしまいます。プロセスデータと白版データは必ず別レイヤーにて作成し、プロセスデータのレイヤーを削除して保存して下さい。

新規レイヤーを作成

プロセスデータのレイヤーとは別に、白版配置用の新規レイヤーを作成しておきます(図1)

オブジェクトを選択

プロセスデータのレイヤー上で、対象オブジェクトを選択(図2)

選択範囲を1px縮小

選択範囲を1px縮小させます(解像度350dpiの場合)(図3)

選択範囲の縮小
[選択範囲]→[選択範囲を変更]→[縮小]
選択範囲を縮小
縮小量:1px
※拡大する場合:選択範囲を変更→拡張
   拡張量:1px (350dpiの場合)

K100%で塗りつぶし

縮小させた選択範囲をK100%で塗りつぶします(図4)
※K100%以外の色は使用しないでください

グレースケールへ変換

プロセスデータレイヤーとその他不要なレイヤーを削除(図5)、白版レイヤーのみにし、グレースケールへ変換します

グレースケールへ変換
[イメージ]→[モード]→[グレースケール]

ダブルトーンへ変換

ダブルトーンへ変換します(図6)

ダブルトーンへ変換
[イメージ]→[モード]→[ダブルトーン]
ダブルトーンオプション
[種類]:ダブルトーン(1版)
[インキ1]:White(入力)
カラーピッカー
C=100、M=50、Y=0、K=0を指定(入力)

白版データの保存

ダブルトーンへの変換を確認白版データ作成後、ダブルトーンへの変換をご確認いただいたのち、ご入稿下さい。

Photoshop入稿ガイドPhotoshopでデータ作成される場合は、Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点についても、合わせてご確認下さい。
Photoshop入稿 印刷データ作成方法/注意点

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

この商品の関連ページ

この商品の仕様/料金を確認

この商品のテンプレート

商品・加工別のデータ作成ガイドトップへ戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間