• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
パネル印刷(自由カット) データ作成ガイド

オリジナルテープ作成

POPや案内板として屋内の広いスペースで宣伝効果を発揮するパネル印刷。自由カットのパネルは、カットパスに沿って自由な形状で作成可能です。

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

AiAdobe Illustrator (一部最新機能は除く) 対応バージョン

共通の注意点

カットパスが必要な商品です

カットパスとは

カットパスとは印刷物の断裁位置を指示する「線」のことです。お客様のご希望の形に断裁できる商品(自由カット商品)に関しては、「カットパス」にて断裁位置を明確にしていただく必要があります。

カットパスは、Illustratorの「ペンツール」もしくは「図形ツール」でご作成ください。

カットパスの作成ツール

カットパスの数え方

カットパスの数え方カットパスは、一筆書きで閉じられたパス(クローズパス)を1点と数えます。(アンカーポイントの数は関係ありません)

右図の「C」の様に一筆書きに閉じられたパス(クローズパス)を1点として数えます。また、「A」の様に2つのカットパスが重なっている場合は2点と数え、「B」の3本と合わせて、右図のカットパス合計は6本となります。

カットパスをドキュメント情報から調べる

パスを数える
[ウィンドウ]→[ドキュメント情報]
パレットオプションの「オブジェクト情報」からご確認いただけます。

データサイズが大きすぎる場合(B1サイズ以上の大きな印刷物のデータについて)

データサイズが幅・高さのいずれかが30,000pixelを超えるような大きな場合には、EPS形式やPSD形式で保存することができません。その他の形式(ビッグドキュメント形式など)で保存されたデータでのご入稿は受付いたしかねますのでご注意ください。

  • B1サイズ以上のパネル印刷のデータを作成される際、解像度は200dpi〜300dpi程度で作成していただいても、遠目に見る場合には問題ありません。

このページのトップに戻る

データ作成の注意点

カットパスについて

カットパス数は1つのデータにつき1点、くり貫き加工のご利用時は2点、作成可能です

1データにつきカットパスは1点のみ、くり貫きオプションの場合2点まで1データにつきカットパスは1点のみ、くり貫き加工のご利用時は2点のみ作成可能です。
それ以上のカットパスは作成しないでください。また、カットパスは必ずクローズパス(閉じられている)ことをご確認ください。

カットパス間の幅にご注意ください

カットパスを含めたオブジェクトの幅は100mm以上の幅を確保して下さいカットパス間の幅(オブジェクトの形状)にご注意ください。パネルの強度を保つため、カットパス間の幅を大きく作成されることを推奨しております。

カットパスのアンカーポイント数にご注意ください

アンカーポイントが多い、複雑なパスは、ギザギザで美しく仕上がりません図1のように、連続するような沢山のアンカーポイントで作成されたカットパスの場合、カットのラインがギザギザになり美しく仕上げることができません。
カットパスのアンカーポイントはなるべく少なく、シンプルなパスで作成してください。(例:図2)
カットパス作成のコツ

両面印刷の場合、データの表裏にカットパスが必要です

カットパスを含めたオブジェクトの幅は100mm以上の幅を確保して下さい両面印刷(直接印刷+スチレンボードのみ対応)の場合、データの表裏どちらにもカットパスが必要です。作成する際は、カットパスを表裏で反転させてご作成ください。

塗り足し・文字切れについて

カットパスに対しての、塗り足し・文字切れにご注意ください

断裁時に、多少のズレが発生する場合がございます。塗り足しや文字の配置には十分ご注意ください。

【カットパスの位置】ご注文サイズ内にカットパスを配置してください。
【塗り足し/文字切れについて】 背景色は、カットパス(くり貫き加工利用時のカットパス含む)よりも3mm以上大きくつけてください。また、重要な文字や画像はカットパスより3mm内側に配置してください。
カットパスの位置/塗り足し文字切れについて

カットパス作成時の注意点

カットパスは、太さ1ptの黒(K100%)の線で作成してください

カットパスの線幅は1pt、線の色はK100%で作成してくださいカットパスの、パスの線幅は1pt、色は黒(K100%)で作成してください。

カットパスは、別レイヤー(カットパス専用レイヤー)に分けてください

別レイヤーを作成カットパスは、デザインするレイヤーとは分けて作成していただく必要がございます。
カットパスは必ず、テンプレートの、「カットパス」レイヤーに作成してください。

アピアランス効果によって作成されたカットパスは反映されません

アピアランス効果で作成したカットパスは、アピアランスの分割をしてください効果(スタイライズやワープなど)を使用して作成されたカットパスは、カットに反映されません。カットパスとして反映させる為にはアピアランスの分割を行って下さい。

アピアランスの分割
[オブジェクト]→[アピアランスを分割]

※カットパスの形状が複雑な場合はカットできない場合がございます。複雑なカットをご希望の際は事前にお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ

このページのトップに戻る

大部数パネルの注意点

大部数パネルの自由カットは、トムソンによる抜き加工です。
カットの工程上、角張った形状や細かいカット形状は潰れやひび割れの原因となります。以下の事項にご注意いただきますようお願いいたします。

カットパスの角部分は半径3mm以上必要です。

カットパスの角丸は半径3mm以上以上必要です角部分の形状は、必ず3R(半径3mmの角丸)以上で作成してください。
3Rに満たない場合、弊社にて3R以上の角丸に修正しカットいたします。予めご了承ください。

カットパスの角は60度以上あることを推奨します

カットパスは鋭角にせず、できるだけ滑らかな曲線で作成されるのをお薦めいたしますカットパスの形状が、60度以下の鋭角なラインの場合、加工時や出荷時に先端部分が折れる可能性があります。
またカットパスは、角のないものの方が美しく仕上がります。

このページのトップに戻る

パネル印刷(自由カット)データ作成のポイント

カットパス作成のコツ

シンプルなカットパスほど美しく仕上がります

スムーズツール美しくカットを行う為、カットパスのアンカーポイントは可能な限り減らして下さい。
形をあまり変えずにアンカーポイントを減らすにはスムーズツールが便利です。

スムーズツール
[ツールパレット]→[スムーズツール]

スムーズツールで対象となるカットパスをなぞる事で、アンカーポイントが減り曲線が滑らかになります。(図2参照)

パス自体を単純化する事でもアンカーポイントを減らす事が出来ます

パスの単純化
パスの単純化
[オブジェクト]→[パス]→[単純化]

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

この商品の関連ページ

  • この商品の仕様/料金を確認
  • この商品のIllustratorテンプレート
  • 商品・加工別のデータ作成ガイドトップへ戻る

    bookmark
    del.icio.usに登録
    GoogleBookmarkに追登録
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Social

    商品・サービス>>商品一覧へ

    入稿受付締切時間にご注意ください

    商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

    入稿受付締切時間