コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
フェイスペイントシール印刷 データ作成ガイド

カットパスが必要な場合

カットパスが必要な商品

  • マルチタイプ
  • シングルタイプ(ハーフカット1点)
この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

このページのトップに戻る

共通の注意点

ハーフカット仕上げ用のカットパスが必要です

カットパスの数え方

カットパスの数え方カットパスは、一筆書きで閉じられたパス(クローズパス)を1点と数えます。(アンカーポイントの数は関係ありません)

右図の「C」の様に一筆書きに閉じられたパス(クローズパス)を1点として数えます。また、「A」の様に2つのカットパスが重なっている場合は2点と数え、「B」の3本と合わせて、右図のカットパス合計は6本となります。

パスを数える
[ウィンドウ]→[ドキュメント情報]
パレットオプションの「オブジェクト情報」からご確認いただけます。
カットパスをドキュメント情報から調べる

このページのトップに戻る

データ作成の注意点(カットパスが必要な場合)

カットパスの位置・間隔について

複数カットパスを作成する場合

シート内に複数のカットパスを作成する場合

カットパスの位置
断裁(仕上り)線よりも5mm以上内側にカットパスを配置してください。
カットパスの間隔
それぞれのカットパスは、2mm以上あけて配置してください。
塗り足し/文字切れ
【個々のカットパス】カットパスから1mm以上はみ出す様に塗り足しを作成、1mm以上内側へ文字等を配置してください。
【シート全体】シート全体に背景をデザインされるなど、塗り足しが必要な場合は、断裁(仕上り)線よりも3mm程度はみ出す様に背景を配置してください。

ハーフカット1点(自由カット)の場合

1データにつきカットパスは1点のみです。それ以上のカットパスは作成しないでください。また、カットパスは必ずクローズパス(閉じられている)ことをご確認ください。

自由カット(カットパス1点のみ)の場合

カットパスの配置
断裁線よりも5mm以上内側にカットパスを配置してください。
カットパスの間
細長い形状など、デザインの幅が2mm以下のデザインは対応できません。
塗り足し・文字切れ
【カットパス】カットパスから1mm以上はみ出す様に塗り足しを作成、1mm以上内側へ文字等を配置してください。
【シート全体】シート全体に背景をデザインされるなど、塗り足しが必要な場合は、断裁(仕上り)線よりも3mm程度はみ出す様に背景を配置してください。

カットパスデータの作成について

カットパスは、太さ1ptの黒(K100%)の線で作成してください

カットパスの、パスの線幅は1pt、色は黒(K100%)で作成してください。

カットパスの線幅は1pt、線の色はK100%で作成してください

カットパスは、別レイヤー(カットパス専用レイヤー)に分けてください

カットパスは、デザインするレイヤーとは分けて作成していただく必要がございます。
カットパスは必ず、テンプレートの、「カットパス」レイヤーに作成してください。

別レイヤーを作成

アピアランス効果によって作成されたカットパスは反映されません

効果(スタイライズやワープなど)を使用して作成されたカットパスは、カットに反映されません。カットパスとして反映させる為にはアピアランスの分割を行ってください。

アピアランスの分割
[オブジェクト]→[アピアランスを分割]
アピアランス効果で作成したカットパスは、アピアランスの分割をしてください

カットパスの形状にご注意ください

※右図は適切でない場合の例です。
カットパスの形状において一見美しいパスに見えている場合でも、拡大すると
・パスが重なっている場合
・パスが輪になっている場合
などは、スムーズにカットできずに思わぬ形状になったり、不自然に尖った形状になってしまいます。

カットパスは、できるだけシンプルで滑らかな形状にしていただく必要があります。

カットパスの悪い例

カットパスの大きさについて

別レイヤーを作成単純な形のカットパスであれば、最も小さいもので、約1cm角まで切り込み(ハーフカット)が行えます。
※小さすぎるもの、または複雑なカットパスで作成されますと、カットできない場合がございます。

カットパスの角は90度以上あることを推奨します

滑らかな曲線を推奨カットパスは鋭角にせず、できるだけ滑らかな曲線で作成してください。
カットパスの形状が直線的な鋭角の場合、剥離紙からはがす際、裂け/破れが発生しやすくなります。

カットパスは鋭角にせず、できるだけ滑らかな曲線で作成されるのをおすすめいたします

カットパス作成のコツ

シンプルなカットパスほど美しく仕上がります

美しくカットを行う為、カットパスのアンカーポイントは可能な限り減らしてください。
形をあまり変えずにアンカーポイントを減らすにはスムーズツールが便利です。

スムーズツール
[ツールパレット]→[スムーズツール]

スムーズツールで対象となるカットパスをなぞる事で、アンカーポイントが減り曲線が滑らかになります。(図2参照)

スムーズツール

このページのトップに戻る

白版について

フェイスペイントシールは透明なメディアに印刷します。白インキで印刷する箇所には、白版の作成が必要となります。
ご注文時にオプション選択画面にて白版の有無をご選択ください。(「白版なし」「全面白版有り」または「部分的白版有り」)

オプション選択画面

部分的に白版を作成する際のデータについて

プロセスカラー(CMYK)データ

白色でデザインする場合や、透明(PPシートのまま)にする場合はオブジェクトを配置しません。

白版データ

プロセスデータを配置している部分・白で印刷したい部分には必ず白版データを作成します。
(弊社指定の特色で塗りつぶし)

プロセスデータと白版

プロセスデータと白版データ 印刷のイメージ

プロセスデータと白版データ印刷のイメージ

白版データの作成方法 アプリケーション別の注意点

白版データの作成方法は、各アプリケーション別にご説明しております。

アプリケーション 形式 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS Illustrator作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS Photoshop作成方法

フェイスペイントシールの無料サンプルをご用意しています

実際に印刷された色をご確認される場合は無料の資料請求をご利用ください。
※ご請求の際には追加希望商品サンプル欄にてフェイスペイントシールを選択してください。

このページのトップに戻る