コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
フェイスペイントシール印刷 データ作成ガイド
Photoshop入稿(部分的白版有り)

Photoshopで作成される場合

部分的に白版を印刷する場合

部分的に白版を印刷する場合は、プロセス(CMYK)データと白版データの2種類のデータの作成が必要です。

部分的に白版を作成する際のデータについて

プロセスカラー(CMYK)データ

白色でデザインする場合や、色を載せない場合はオブジェクトを配置しません。

白版データ

プロセスデータを配置している部分・白で印刷したい部分には必ず白版データを作成します。
(弊社指定の特色で塗りつぶし)

プロセスデータと白版

印刷イメージ

プロセスデータと白版データ印刷のイメージ

このページのトップに戻る

白版データの作成方法(部分的に白版を印刷する場合)

プロセスデータを作成してください

プロセスデータの作成

プロセスデータ作成

ご希望のサイズのテンプレートをダウンロードしていただき規程の範囲内にデータを作成してください。
プロセスデータ作成についてはPhotoshopデータ作成の注意点も合わせてご覧ください。

プロセスデータを複製

プロセスデータを複製して白版データに

完成したプロセスデータをファイルごとコピーし、白版データとして使用します。
白版データは必ずプロセスデータとは別ファイルにて作成してください。

<白版データファイル名>
○○_shiro.eps  ※○○の部分は任意です

白版データを作成します

白版データは、プロセスデータと同じ座標にオブジェクトを作成しダブルトーンで特色を指定します。

オブジェクトの変形手順

オブジェクトに対する白版作成時の、オブジェクトの縮小を例にご説明していきます。

フォトショップの特性上、縮小量を0.1mm単位に設定することができません。そのため、1pxの縮小(解像度350dpiの場合)を行いますが、仕上がり時に白版とプロセスデータに若干のずれが出てしまうことがあります。ご了承ください。

※PhotoshopEPS形式で保存する際、レイヤーが統合されてしまいます。プロセスデータと白版データは必ず別レイヤーにて作成し、プロセスデータのレイヤーを削除して保存してください。

新規レイヤーを作成

プロセスデータのレイヤーとは別に、白版配置用の新規レイヤーを作成しておきます(図1)

オブジェクトを選択

プロセスデータのレイヤー上で、対象オブジェクトを選択(図2)

選択範囲を1px縮小

選択範囲を1px縮小させます(解像度350dpiの場合)(図3)

選択範囲の縮小
[選択範囲]→[選択範囲を変更]→[縮小]
選択範囲を縮小
縮小量:1px
※拡大する場合:選択範囲を変更→拡張
   拡張量:1px (350dpiの場合)

K100%で塗りつぶし

縮小させた選択範囲をK100%で塗りつぶします(図4)
※K100%以外の色は使用しないでください

グレースケールへ変換

プロセスデータレイヤーとその他不要なレイヤーを削除(図5)、白版レイヤーのみにし、グレースケールへ変換します

グレースケールへ変換
[イメージ]→[モード]→[グレースケール]

ダブルトーンへ変換

ダブルトーンへ変換します(図6)

ダブルトーンへ変換
[イメージ]→[モード]→[ダブルトーン]
ダブルトーンオプション
[種類]:ダブルトーン(1版)
[インキ1]:White(入力)
カラーピッカー
C=100、M=50、Y=0、K=0を指定(入力)
白版データ作成フローPhotoshop

白版データの保存

ダブルトーンへの変換を確認白版データ作成後、ダブルトーンへの変換をご確認いただいたのち、ご入稿ください。

このページのトップに戻る