• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

Illustrator入稿・印刷データ作成方法/注意点
ビットマップ化(ラスタライズ)の方法

重たいデータを軽くしよう!複雑なデータはトラブルのもとになります

複雑なパターンや透明効果など

Illustratorでパスの多い複雑なデータや、不透明度を多用したデータ、ドロップシャドウ等のスタイライズ効果を使用されている場合、印刷・出力時に色の変化やオブジェクトの抜けなど、思わぬトラブルやエラーにつながってしまう危険があります。

それを防ぐために、以下のような「ビットマップ化(ラスタライズ)」をお勧めいたします。

複雑でトラブルの発生しやすいデータをご入稿の場合、「データ確認終了のお知らせ」の後でも、作業が中断するリスクが高く、短納期のご要望に添えない場合もございます。
お客様にご入稿いただいたデータに万が一のことが発生しないためにも、シンプルなデータ作成をお心がけください。

ビットマップ化(ラスタライズ)の手順

ビットマップ化(ラスタライズ)とは

ラスタライズは、パス等の複雑なデータを「ビットマップ画像」へ変換する作業です。
ベクトルデータではなくなるため、パスの形状や色、フォント等の編集はできなくなりますが、データが格段にシンプルになり、エラーやトラブルの防止となります。

パスデータをラスタライズ(画像化)

ラスタライズしたいオブジェクト(画像)を選択

選択

ラスタライズしたいオブジェクトを選択してください。

  • 画像は埋め込まれた状態にしてから選択してください。
  • このとき、レイヤー・オブジェクトの上下関係等にお気をつけ下さい。

ラスタライズ

ラスタライズダイアログ

ラスタライズ
[オブジェクトメニュー]→[ラスタライズ]
→[設定]

ダイアログでラスタライズの設定をしてください。

カラーモード
CMYK
解像度
その他:350ppi
背景
透明
オプション
アンチエイリアス:アートに最適
特色を保持:チェックをオフ

設定後、ダイアログのOKをクリックすると、選択していたオブジェクトがラスタライズされ、データがシンプルに軽くなります。

  • ラスタライズしたことで見た目の変化が起こっていないかよくご確認下さい。
  • ラスタライズしたオブジェクトは元に戻すことができません。ラスタライズの前には、データをバックアップとして複製していただくことをお勧めいたします。
  • ラスタライズした画像を拡大すると、画像が粗くなりますのでご注意下さい。
  • データサイズは画像のサイズや解像度に比例します。大きなオブジェクトをラスタライズされる場合、データサイズが大きくなる場合もあります。

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間