コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

Officeそのまま入稿・印刷データ作成方法/注意点
塗り足し・文字切れについて

「塗り足し」と「文字切れ」にご注意ください

塗り足しとは、背景を仕上がりサイズよりも、上下左右に3mm大きく作成することです

フチなし印刷をご希望の場合は、背景色は仕上がり線よりも外にはみ出させるように、3mm以上大きく作成してください。全体のサイズは塗り足し込みのサイズ(仕上がりサイズ+上下左右に3mm)で作成いただくことが必要です。
※白フチが出ても構わない場合、塗り足しは必要ありません。

塗り足しがない

塗り足しがない

端まで塗り足しがある

端まで塗り足し

レイアウト端の文字やオブジェクトは、文字切れにご注意ください

切れてはいけない文字やオブジェクトなどは、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置してください。

文字が切れてしまう

文字切れ発生

仕上がり線よりも3mm以上内側に配置

文字切れ回避

【折り/スジ入れ/ミシン目】加工位置付近の文字・オブジェクトにご注意ください

折り加工、スジ入れ加工、ミシン目加工を追加される場合は、加工位置から1mm以上離した位置に文字・オブジェクトを配置してください。

加工指示線の指定

このページのトップに戻る

塗り足し・文字切れを修正する場合の具体例

背景をオブジェクトや画像で作成する場合、予め塗り足し込みのサイズで作成してください

紙端まで(フチなし印刷で)確実に印刷されたい場合、背景に使用するオブジェクト・画像などは、予め塗り足し込みのサイズで作成してください。

A4サイズの場合
仕上がりサイズ:210mm×297mm
背景色のサイズ:216mm×303mm
背景画像は塗り足し込みのサイズで作成

修正例:背景色を長方形オブジェクトなどで配置して使用している場合

背景色のオブジェクトのみを選択します

背景色として配置しているオブジェクトの端を選択します。
背景以外のオブジェクトを同時に選択してしまわないようお気をつけください。

仕上がり線より3mm以上外側へ拡大

仕上がり線(断裁位置)よりも外側までオブジェクトを拡大してください。

仕上がり線より3mm以上外側へ拡大

仕上がり線ギリギリの罫線がある場合

仕上がり線上に、罫線が配置されている場合、仕上がった印刷物の紙端に、この罫線が入ってしまう(または、切れてなくなってしまう)場合があります。

仕上がり線上に配置された罫線

この線を確実に印刷したい場合(図1)

仕上がり線よりも3mm以上内側に配置します。

この線を印刷しない場合(図2)

印刷したくない線は、ページ内に配置しないでください。

仕上がり線上には配置しない

文字切れが発生する場合

仕上がり線より外(または仕上がり線ギリギリの位置)に配置されている文字は、仕上がり線よりも3mm以上内側に移動させてください。

仕上がり線より外にでている

仕上がり線よりも外に出てしまっている

仕上がり線よりも3mm以上内側に移動

仕上がり線よりも3mm以上(文字切れガイドより)内側に移動

OfficeデータもPDF形式で入稿可能「CubePDF入稿」に対応

【オススメ】OfficeデータをPDF形式で入稿(無料)
無料ソフト「CubePDF」を使用して書き出したPDFの入稿が可能です。WindowsXP以降の32bit/64bitに対応(PowerPoint2007のみ非対応)。>>CubePDFの利用方法はこちら

このページのトップに戻る