• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

画像ファイル入稿・印刷データ作成方法/注意点
塗り足し・文字切れについて

必ず、「塗り足し」と「文字切れ」にご注意ください

塗り足しとは、背景を仕上がりサイズよりも上下左右に3mmずつ大きく作成することです

初期設定の段階で、予め仕上がりサイズの上下左右に3mmずつ足しておく(縦横6mmずつ大きく作る)ことが必要となります。
サイズの設定について

レイアウト端の文字やオブジェクトは、文字切れにご注意ください

切れてはいけない文字やオブジェクトなどは、仕上がり線よりも3mm以上(データの端から6mm以上)内側に配置してください。

【折り/スジ入れ/ミシン目】加工位置付近の文字・オブジェクトにご注意ください

加工指示線の指定折り加工、スジ入れ加工、ミシン目加工を追加される場合は、加工位置から1mm以上離した位置に文字・オブジェクトを配置してください。

塗り足しが十分に無い場合、または文字切れの発生が懸念される場合は、データ不備となり、印刷作業に進むことができません。データのご修正と再入稿をしていただく必要がございます。

塗り足し・文字切れはなぜ重要?

塗り足しと文字切れ 印刷データ作成の基本事項にてご説明しております。詳細は下記リンクをご確認ください。

塗り足しとは? / 文字切れとは?

背景色が白の場合、塗り足しは不要です

背景色が白の場合や白フチのあるデザインの場合、塗り足しに色を入れる必要はありません。

このページのトップに戻る

塗り足し不足、文字切れの具体例

理想的な塗り足しと文字等の配置

塗り足しがあり文字も切れておらず美しく印刷されています右の図は、適切な文字の配置と塗り足しが行われており、美しく印刷物が仕上がっている例です。

塗り足しについて
断裁(仕上り)線より3mm外側へはみ出す様に背景のオブジェクトが配置されております。 切れてしまってはいけない重要な情報を塗り足し分として配置しないでください。

文字の配置について
断裁(仕上り)線より3mm内側に文字が配置されております。

塗り足し込みのサイズについては「入稿用画像データサイズの一覧表」をご確認ください。

塗り足しがない場合

塗り足しがあり文字も切れておらず美しく印刷されています右の図は塗り足しが全くされていない状態でご入稿された場合の例です。

断裁後の印刷物は断裁時に起こるズレによって印刷されていない部分の紙の白色が見えてしまっています。
こういった状態を防ぐために、データ作成時には断裁(仕上り)線よりも3mmはみ出す様に背景を塗り足していただく必要があります。
また、塗り足しとして配置されるオブジェクトは切れてしまっても影響のないものをご使用下さい。

文字が切れてしまう場合

塗り足しがあり文字も切れておらず美しく印刷されています右の図は、文字が文字切れラインや断裁線を越えて配置された状態でご入稿された場合の例です。

断裁後の印刷物は断裁時に起こるズレによって文字が切れてしまっています。
こうした状態を防ぐために、データ作成時には断裁(仕上り)線よりも3mm以上内側に文字等を配置していただく必要があります。

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

画像ファイル入稿トップへ戻る

その他の関連ページ

データ作成の前に

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間