• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

データ作成の前に
画像解像度とは?(印刷用データに必要な解像度)

画像解像度とは

画像の密度のことを「解像度」といいます

「画像解像度」とは、その画像がどのくらいの密度で構成されているかを表す数字のことです。
1インチの中に、いくつのピクセル(マス)が並んでいるのかを表しており、1インチあたりのピクセルの数が多いほど、画像解像度が高いといえます。

画像解像度の拡大イメージ

上の図は、1辺が1インチの画像とします。1インチを10に区切ったもの(10ppi)と、20に区切ったもの(20ppi)、100に区切ったもの(100ppi)を比較すると、細かく区切っている100ppiの「A」の文字が、より精密な再現ができている事が分かります。

このページのトップに戻る

印刷に必要な画像解像度

デジカメそのままの写真やインターネット上の写真では解像度が足りません!印刷に適切な解像度は300〜350dpiです

印刷に適した画像解像度は、300dpi〜350dpiです。(グレースケールの場合は600dpi、モノクロ2階調の場合は1200dpi推奨) 解像度が十分にない画像は、印刷すると粗くぼやけた印象になってしまいます。
適切な解像度のある画像をご使用の上、ご入稿ください。

使用されている画像に十分な解像度が無い場合、印刷の仕上がりが粗くなってしまいます。
また、あまりにも解像度が低い場合は、データ不備となることもあり、印刷作業に進むことができません。データのご修正と再入稿をしていただく必要がございます。

解像度が高い場合

解像度が十分にある画像は、くっきり美しく印刷されます

下の図は、解像度が350dpiの画像を印刷した場合の仕上がりイメージです。
解像度が十分にあるため、印刷物にディテールが再現され、美しい仕上がりとなっています。

解像度が適切な場合のイメージ

解像度が低い場合

解像度が低いと、ほやけて印刷されます

下の図は、解像度が72dpiの画像を印刷した場合の仕上がりイメージです。
解像度が低いと、ジャギー(ギザギザ)となったり、細部のディテールが失われ、ぼやけた印象になり、画像のクオリティは落ちてしまいます。インターネット上の写真や、デジカメ・携帯電話で撮影された画像は解像度が低い場合がほとんどですので、ご注意下さい。

解像度が低い場合のイメージ

弊社にて解像度を調節することはできません

例えば、解像度が72dpiの画像を、弊社にて350dpiへ変更し印刷することはできません。
大変お手数ですが、修正はお客様のお手元でしていただきますようお願い致します。

解像度は高くできない?

もともと解像度の低い画像を、サイズを保ったまま高解像度に修正することはできません。

このページのトップに戻る

画像解像度の確認・変更方法

各アプリケーション別の作成方法

具体的な作成方法については、ご利用のアプリケーションによって異なります。アプリケーション別のデータ作成ガイドをご覧ください。

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間