コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

画像ファイル入稿・印刷データ作成方法/注意点
印刷に適した解像度について

画像の解像度(密度)をご確認ください

印刷に適した解像度(密度)とは

印刷に適した画像データの解像度は実寸で300dpi~350dpiです

印刷に適した画像データの解像度(密度)は実寸で300dpi~350dpiです
(カラーモードがグレースケールの場合:600dpi、モノクロ2階調の場合:1200dpiを推奨します。)
下記をご覧の上、作成された画像が正しい解像度となっているか、必ずご確認ください。

解像度が低いと仕上がりが粗くなってしまいます

右の画像は解像度が72dpiと350dpiの写真データを印刷した場合の比較です。
モニターでご覧になって作成されている時は、72dpiの解像度でも問題なく綺麗に見えますが、実際に印刷されますと、非常に粗くぼやけた印象になってしまいます。

<解像度 72dpi>
画像解像度が72dpiだと非常に粗くなります
<解像度 350dpi>
画像解像度が350dpiだと適切に印刷ができます

デジカメなどの写真はそのままご利用いただけません

デジタルカメラで撮影した写真画像はほとんどが72dpiになっておりますのでご注意ください。

解像度の設定方法は、ご使用のソフトによって異なります

ご使用のアプリケーションソフトによって、解像度の設定ができないことがございます。
また、解像度の設定を初期設定時に行うものや、書き出し時に行うものがございます。
アプリケーションソフトのご使用方法については各メーカー様にご確認ください。

このページのトップに戻る

画像サイズ/解像度を確認する方法

画像を右クリックし、プロパティを開きます。

画像のプロパティ
[概要]タブを開く → [詳細設定 >>]ボタン

画像の詳細な情報が表示されます。サイズ(幅・高さのピクセル数)・解像度が正しく設定されているかをご確認ください。

概要タブを開く→詳細設定

確認したい画像をプレビューで開きます。

サイズを調整
[ツール]→[サイズを調整]
ツール→サイズを調整

サイズ調整ダイアログが表示されますので、幅・高さ・解像度のそれぞれに正しい値が入っているかご確認ください。(右図はA4サイズの場合)

※画像データサイズをミリ単位で表示させた際、0.01~0.1ミリの範囲で数値が変わってしまう場合がありますが、これはpixel(ピクセル)とミリとの間に起こる微量なズレで、印刷サイズには影響しません。

プレビューを使ってイメージの大きさを調べる

確認したい画像を「プレビュー」で開きます。

書類の情報ダイアログ
[ツール]→[情報を見る]

イメージサイズ(ピクセル数)・イメージのDPIのそれぞれに正しい値が入っているかご確認ください。
(右図はA4サイズの場合)

書類の情報

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください