• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

CubePDF入稿・印刷データ作成方法/注意点
使用できない機能/背景についての注意点

ご使用いただけない機能があります

以下のようなアプリケーションソフト特有の機能は使用しないでください。

このページのトップに戻る

ご使用頂けない機能について

ワードアート機能は使用できません

ワードアート(アート文字・フォントワーク等の機能)をPDFファイルに書き出す時、文字や色が分裂、欠損する場合があります。下記の手順にてワードアートの画像化を行ってください。

ワードアート

ワードアートの画像化手順

※画像はMicrosoft Office Wordの場合

ワードアートを切り取ります
[編集]→[切り取り]
形式を選択して貼付けます
[編集]→[形式を選択して貼り付け]
形式を選択して貼り付け
形式:MSOffice描画オブジェクト

※一度画像化されたワードアートの再編集(色や文章など)は避けてください。

段落番号の設定機能は使用できません

文書作成ソフト(Word・Publisher等)、プレゼンテーション作成ソフト(Powerpoint等)で段落番号の設定機能がございますが、こちらを使われた場合、印刷の際に意図しない番号順になることがございます。

Microsoft Office 2003の場合
[書式]→[箇条書きと段落番号]
Microsoft Office 2007/2010/2013の場合
[ホーム]→[段落]

0.25Pt以下の線は使用できません

オートシェイプの線などに0.25pt(約0.09mm)以下の細い線をご使用になりますと、印刷に反映されませんのでご使用にならないで下さい。また、1pt(0.35mm)以下の線をご使用になり、薄い線色をご使用された場合も同様に印刷に反映されない場合があります。 弊社では印刷に美しく反映させる為にも1pt(0.35mm)以上の線を推奨しております。

透明・半透明機能は使用できません

透明・半透明機能線や塗り、画像の透過性の設定を0%以外にしますと全て透明になってしまい上手く印刷に反映されませんので使用されない様にお願いいたします。

このページのトップに戻る

背景についての注意点

紙面の背景は、「オートシェイプ(図形描画)」や「画像」などで、背景となるオブジェクトを配置してください。

アプリケーションのグラデーション効果やテクスチャ効果等の機能は使用できません

※画像・説明はMicrosoft Office の場合

塗りつぶし効果

塗りつぶし効果
[書式]→[背景]→[塗りつぶし効果 ]
使えない項目(全て)
・グラデーション
・テクスチャー
・パターン
・図

アプリケーションの「テーマ」(色・効果・背景等)は使用できません

テーマの選択

テーマの選択
[書式]→[テーマ]

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間