コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

CubePDF入稿・印刷データ作成方法/注意点
PDFの書き出し手順
(作成後の保存方法)

データが完成したら、
PDFファイルへ書き出します

PDFへの書き出し

CubePDFを使用して、作成したデータをPDF形式へ書き出します。
書き出したPDFファイルが、ご入稿用の印刷データとなります。

このページのトップに戻る

PDFの書き出し手順

書き出し作業の前に、CubePDFのダウンロードとインストールプリンタドライバの設定をご確認ください。

印刷に使用するデータを開いてください

データを作成したアプリケーションで完成データを開いてください。

印刷設定

印刷設定ダイアログから、印刷の設定をします。
※実際に印刷するわけではなく、PDFファイルへの書き出しのための設定を行います。

印刷の設定
[ファイル]→[印刷]

※アプリケーションによってメニュー項目(名称・表記)が異なる場合があります。

印刷

プリンタとサイズを設定

プリンタの設定

書き出すデータの[印刷]のプリンタ設定は[CubePDF]を選択します。

プリンタを変更
[プリンタ]→[CubePDF]
プリンタを設定

詳細設定を開く

詳細設定
[プロパティ]→[詳細設定]
サイズの設定

用紙サイズの[PostScriptカスタムページサイズ]を選択

ご希望の仕上がりサイズに塗り足し(上下左右3mmずつ)を加えたサイズを入力します。

入力後にOKを選択してください。

カスタムページサイズの決定
幅:ご希望の仕上がりサイズ+6mm
高さ:ご希望の仕上がりサイズ+6mm
※画像はA4サイズの場合です。

※お使いのアプリケーションによって、PDFの書き出し後に塗り足しサイズが反映されない場合があります。(CubePDF入稿の場合、塗り足しがなくても不備扱いとはせず作業を進行させていただきます)

カスタム

データの書き出し

OKをクリックすると書き出しが始まります。

カスタム

CubePDFウインドウの設定

開始後に表示されるCubePDFのウインドウを設定し、印刷に適したPDFを書き出します。

[一般]の設定

一般
ファイルタイプ:[PDF]
PDFバージョン:[1.6]または[1.7]
解像度:[300 ~ 600]
出力ファイル:[任意の出力先とファイル名]

[文章プロパティ]
[セキュリティ]
[詳細設定]
は、デフォルトのまま変更しないでください。

CubePDFウインドウの設定

書き出しの完了

変換を選択し、PDFが書き出されたら完了です。書き出し完了後は、書き出されたPDFを必ずご確認ください。

書き出したPDFの確認

プロパティを開きます。

書き出したPDFファイルをAdobe Reader上で開きプロパティを確認します。

プロパティ
[ファイル]→[プロパティ]
プロパティ

サイズの確認

ご希望のサイズになっているかをご確認ください。ご注文サイズ(または塗り足し込みのサイズ)で表示されていればOKです。

※画像はA4サイズ(塗り足し込み)の場合です。

サイズ

フォントの確認

すべて埋め込みサブセットになっているかをご確認ください。

フォント

内容・レイアウトの確認

書き出したPDFデータを拡大表示し以下の項目をご確認ください。

  • 文字や画像のレイアウトに問題はないか
  • 余分な項目・線などが入っていないか
内容・レイアウトの確認

以上で設定はすべて完了です。
データのご入稿方法は、ご入稿方法/入稿の流れをご確認ください。

このページのトップに戻る