• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

CubePDF入稿・印刷データ作成方法/注意点
CubePDF入稿のご利用について

PDFへ変換

CubePDFとは

CubePDFとは、無料のPDF作成ソフトで、様々なアプリケーションからすばやくPDF形式に書き出し・保存することができます。
CubePDFを利用して、お使いのアプリケーションソフトから簡単・便利にPDF形式でご入稿していただけます。

Microsoft Office以外のソフトからの書き出しもOK

CubePDFを利用したPDF入稿は、データを作成するアプリケーションソフトの種類は問いません。対応OSや商品をご確認の上、お気軽にPDF入稿をご利用ください。

CubePDF入稿のご利用について

手順の概要

お手持ちのアプリケーションソフトでデータの作成を行った後、CubePDFよりPDF形式のデータに書き出してご入稿ください。
CubePDF入稿利用の手順

ご利用条件・環境

対応OS Windows XP / VISTA / 7 / 8 / 8.1 / 10
※32bit/64bit
※CubePDFの動作環境に準ずる
入稿形式 CubePDFで書き出したPDF(.pdf)
データ作成ソフト 不問

ご注文時に「CubePDFで書き出したPDF」をお選びください

「印刷データの作成環境」画面キャプチャ

ご注文時に「STEP3.>印刷データの作成環境」にて作成アプリケーション:CubePDFで書き出したPDFをお選びください。

STEP3.>印刷データの作成環境
[OS] 任意(ご利用のWindows OS)
[作成アプリケーション]
CubePDFで書き出したPDF

ご利用にあたっての注意事項

「塗り足し」の有無はデータチェックいたしません

CubePDFで書き出したPDFをご入稿いただく場合、塗り足しを設定されていない場合でも、データ不備とせずそのまま印刷工程へ進めます。 塗り足しの有無はデータチェック対象外

塗り足し分を含めたサイズ設定をしても、データを作成したアプリケーションソフトによっては適切なサイズに書き出されない場合があります。そのため、CubePDFで書き出しをされたPDFに関しては塗り足しの有無をデータチェックの項目に含まず作業を進行させていただきます。

ご入稿前に内容・レイアウトの確認を必ずお願いします

ファイル書き出し後

PDF書き出し時に再現されない機能や効果を使用している場合や、ご使用のアプリケーションの不具合など、元のファイルとPDFの内容が異なる場合があります。
ご入稿前に必ずお客様ご自身で内容・レイアウトのご確認をお願いします。

CubePDFで書き出したPDFの内容は必ずお客様ご自身でご確認をお願いします

PDF書き出し時に再現されない機能や効果を使用している場合や、ご使用のアプリケーションの不具合など、元のファイルとPDFの内容が異なる場合があります。レイアウトや紙面の内容については弊社にて確認はいたしかねますのでご注意ください。

CubePDFは、株式会社キューブ・ソフト様より提供されているソフトウェアであり、PDF変換時の如何なる不具合につきましても、弊社ではご対応をいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

CubePDFご利用の手順へ

CubePDFご利用の手順へ

このページのトップに戻る

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間