• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

STEP3:画像の準備から配置まで

> Menuへ戻る

STEP3 画像の準備から配置まで

※画面はイラストレータCS2/フォトショップ CSのものです。

1.デジカメで撮影した画像を印刷に適したデータに変換するためにフォトショップで開きます。

画像の解像度

イメージ→画像解像度を選びます。

画像階層度の変更

デジカメで撮影した画像は、72pixel/inchと解像度が低くなっています。 解像度を350pixel/inchに変更します。

  • その際、「画像の再サンプル」のチェックは外しておいて下さい。

画像をCMYKに変換

イメージ→モード→CMYKカラーで、印刷に適したCMYKモードへ変換します。これで仕上がりイメージに近い状態で作業ができます。

2.画像を印刷に適した形式で保存します。

画像を別名保存

ファイル→別名で保存を選択します。

※デジカメで撮影した画像は、保存を重ねるとどんどん劣化していくJPEG形式です。劣化が少なく、軽く、印刷に適したEPS形式に変更します。

画像の保存形式

すると保存の画面が出てくるので、Photoshop EPS形式を選択して、保存を押してください。

最後にEPSオプションの画面でWindows→TIFF(8bit/pixel)Mac→Macintosh(8bit/pixel)を選択してOKを押してください。

EPSオプションの設定

3.イラストレーター上で画像を配置します。

画像の配置

ファイル→配置から、配置する画像を選び、配置を押します。

  • 必ずリンクにチェックを入れてください。

テンプレート

イラストレーター上に画像が配置されました。

  • プレビューの形式について:
    イラストレーター上で配置すると画像が粗く見えますが、印刷上問題はありません。

配置画像の移動

配置したい場所に移動させましょう。

  • 配置した画像が大きすぎて縮小した場合、作業が重くなりますが、品質に変化はありません。
    しかし、小さすぎて拡大する場合、画像が荒れてしまいます。なるべく拡大はしないでください。

[WAVEブログ]デザインのプチテクニックお役立ち情報満載のブログ「印刷の現場から」。デザインアシスト担当デザイナーより印刷物を作成する際のデザインのポイントや作成テクニックをご紹介。
>>[WAVEブログ]デザインのプチテクニックはこちらから

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

その他の関連ページ

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間