IllustratorPDF入稿
アプリケーションカラー設定

アプリケーションカラー設定(カラープロファイル)とは

プリプレス用日本2 印刷物に使用するデータを作成する際には、カラー設定を「プリプレス用-日本2」に設定して頂く事を推奨しております。

アプリケーションのカラー設定をしていただくことで、印刷に適した作業用スペースに設定され、色の予期せぬ変化などが発生しにくくなります。

どんな時に、カラー設定が重要になるの?

画像を埋め込む際、RGB画像がCMYKカラーのデータに埋め込まれると、データの内部で「カラー設定」に基づいてCMYK変換がおこなわれます。そこでの予期せぬ色の変化を防ぐため、アプリケーションのカラー設定を必ずご確認ください。

カラー設定方法

カラー設定ダイアログを表示

カラー設定
[編集]→[カラー設定]

カラー設定、プリプレス用日本2、AdobeRGB(1998)、JapanColor2001Coated

設定

「プリプレス用 - 日本2」推奨です

プリプレス用 日本2 「プリプレス用-日本2」は、日本の印刷標準色のISO規格「Japan Color」に沿ったオフセット印刷用のプロファイルである「Japan Color 2001 Coated」が組み込まれたプリセットです。当社オリジナルカラーチャートもJapan Colorに準拠した仕上がりとなっています。

作業用スペース

RGB:「Adobe RGB(1998)」推奨です

Adobe RGB(1998) モニタや印刷物の色再現域をほぼカバーしているAdobe RGBがプリプレス向けとしての推奨設定です。

CMYK:「Japan Color 2001 Coted」推奨です

Japan Color 2001 Coated 「Japan Color 2001 Coated」はコート紙をターゲットとしています。 例えば、一番濃度の高いR0G0B0をCMYK変換すると、C93M88Y89K80となり、4色の総和(インキの総容量)が350%となります。

マット系用紙の場合、CMYK:「Japan Color 2001 Uncoted」推奨です

マットコート紙や上質紙などは、インキの総容量が310%に抑えられた「Japan Color 2001 Uncoated」を選択してください。
【印刷・DTP基礎知識】濃度オーバーについて

プルダウンメニューから該当のカラープロファイルが選択できない場合はAdobe社のダウンロードページからダウンロード、インストールが可能です。

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social