コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
UVニス加工オプション データ作成ガイド

UVニス加工とは、印刷物の必要な部分に透明なインキ(ニス)を引く加工です。
紙面の全面または部分的に加工をすることができます。部分的に加工した場合、見る角度や光の反射により、ニスの載った部分の表面効果を期待できます。(※ニスを盛り上げたり、ツヤを出す加工ではありません。)

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション(部分的にUVニス加工をする場合)

対応可能なニス版データ(部分的にUVニス加工をする場合)

  • .ai/.eps形式(Illustrator)
  • .psd/.eps形式(Photoshop)
  • 画像データ(ビットマップデータ)は配置しないでください。パスデータのみ対応しております。
  • PDF形式、Officeでのご入稿はご利用いただけません。

このページのトップに戻る

必要データ

UVニス版データについて

ご注文時にUVニスの加工範囲をご選択いただけます。
片面加工/両面加工、全面か部分的かを組み合わせてお選びください。

<片面加工>
面全体にUVニス加工をする場合(ニス版データ入稿不要)の片面加工
<両面加工>
面全体にUVニス加工をする場合(ニス版データ入稿不要)の両面加工

紙面の一部(部分的)にUVニスを加工する場合は、ニス版データのご入稿が必須(※)となります。印刷用データとニス版データを同梱してご入稿をお願いします。(※両面加工で、どちらか一面に全面への加工が含まれる場合、全面のニス版データは入稿不要です。)
ニス版データ作成の方法はニス版データの作成の注意点をご確認ください。

<片面加工>

ニス版データの入稿必須。

部分的にUVニス加工をする場合(ニス版データ入稿必要)の片面加工
<両面加工>

部分的加工用のニス版データのみ入稿必須。

部分的にUVニス加工をする場合(ニス版データ入稿必要)の両面加工

UVニス加工のみをご利用の場合は、印刷用データは不要となりますが、UVニス用データは必要となります(部分的加工の場合)。データのサイズ設定は印刷用データ作成時と同一としてください。
また、UVニス加工のみの場合のご注文・料金についてはUVニス加工オプションのページをご確認ください。

このページのトップに戻る

ニス版データの作成の注意点

加工面をご指示ください

ファイル名にご注意ください

UVニス用データと判断できない場合、印刷工程へは進めません。

ニス版データの作成の注意点

加工指示が必要です

両面印刷の場合など、UVニス加工を行う面がどちらになるのかを、印刷用データ内またはご注文時の備考欄にて必ず記載してください。
「ご注文内容」と「データの加工面の指示」が一致しない場合、作業を進行することができません。

両面印刷の場合のUVニス加工

データ作成時の注意点

印刷用データと同サイズのトリムマークを作成し、その中にニス加工部分のデータを作成してください。
トリムマークの作成方法については、Illustratorの作成ガイド「サイズとトリムマーク(トンボ)設定方法」をご確認ください。

ニス版データ

塗り足し文字切れにご注意ください。

仕上がり線(断裁線)よりも3mm以上塗り足しを作成してください。
また、切れてはいけないオブジェクトは仕上がり線より3mm以上離して配置してください。

塗り足し文字切れにご注意ください。

文字の大きさ、線の太さにご注意ください

文字の大きさは7ポイント以上(6ポイント前後で文字を使用する場合は太めの書体を使用)の文字で作成してください。
線の太さは0.5ポイント以上を推奨いたします。

文字の大きさ、線の太さにご注意ください

このページのトップに戻る

アプリケーション別の注意点

アプリケーション 形式 作成方法を確認
Ai Adobe Illustrator AI・EPS Illustrator作成方法
Ps Adobe Photoshop PSD・EPS Photoshop作成方法

Illustratorで作成される場合

プロセスデータを作成してください

プロセスデータ作成

プロセスデータの作成

ご希望のサイズでデータを作成してください。プロセスデータ作成についてはIllustratorデータ作成の注意点も合わせてご覧ください。

UVニス版データを作成します

ニス版データは、弊社指定の特色で塗りつぶしたオブジェクトで作成します。
プロセスデータとニスを重ねる場合はプロセスデータと同じ座標にニス版データを作成してください。

スウォッチデータのダウンロード

スウォッチデータの読み込み

スウォッチパネルの表示
パネル右上のメニュー → [スウォッチライブラリーを開く] → その他のライブラリ

ダウンロードしたスウォッチデータを読み込みます。読み込むと、特色スウォッチパネルが表示されます。

スウォッチデータの読み込み

UVニス版データは特色で塗りつぶし

ニス版データは、プロセスデータと同じ座標に弊社指定の特色でオブジェクトを作成します。

UVニス版データは特色で塗りつぶし

UVニス版 データの保存

ニス版データ作成後、ニス版データ内のプロセスデータオブジェクトは削除し、指定の特色カラーのオブジェクトのみであることをご確認いただいたのち、ご入稿ください。

このページのトップに戻る

Photoshopで作成される場合

プロセスデータを作成します

プロセスデータ作成

プロセスデータの作成

ご希望のサイズでデータを作成してください。プロセスデータ作成についてはPhotoshopデータ作成の注意点も合わせてご覧ください。

UVニス版データを作成します

ニス版データは、ダブルトーンで特色を指定します。
プロセスデータと白インキを重ねる場合はプロセスデータと同じ座標にニス版データを作成してください。

グレースケールへ変換

作成したデータをグレースケールへ変換します。

グレースケールへ変換
[イメージ] → [モード] → [グレースケール]
グレースケールへ変換

ダブルトーンへ変換

ダブルトーンへ変換します。

ダブルトーンへ変換
[イメージ] → [モード] → [ダブルトーン]
ダブルトーンオプション
[種類]:ダブルトーン(1版)
[インキ1]:Varnish(入力)
カラーピッカー
C=100、M=50、Y=0、K=0を指定(入力)
ダブルトーンへの変換方法

UVニス版 データの保存

ニス版データ作成後、ダブルトーンへの変換をご確認いただいたのち、ご入稿ください。

<ニス版データファイル名>
○○_omotenisu.eps
(裏面がある場合は、○○_uranisu.eps)
※○○の部分は任意です

UVニス版 データの保存

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

この商品の関連ページ

その他の関連ページ