コールセンター〈年中無休/年末年始は除く〉077-518-7788

ユーザー登録 無料サンプル請求 会社概要

商品・加工別の印刷データ作成方法/注意点
箔押し加工/エンボス加工オプション データ作成ガイド

社名や企業ロゴを箔押し/エンボス加工することで、ワンポイントでも格調高い仕上がりに!
詳しくは各加工オプションページをご確認ください

この商品の仕様/料金を確認

対応アプリケーション

このページのトップに戻る

共通の注意点

加工用のデータが必要です

箔押し加工/エンボス加工オプションをご利用いただくには、印刷に使用する印刷用データとは別に、加工用のデータが必要となります。別途ご作成いただき、あわせてご入稿いただきますようお願いいたします。
詳しくはデータの作成についてをご確認ください。

印刷用データと加工用データ

加工指示が必要です

箔押し加工/エンボス加工を行う面がどちらになるのかを、印刷用データ内またはご注文時の備考欄にて必ずご指示ください。

加工指示

このページのトップに戻る

加工用データの作成について

データのサイズ設定について

加工用データは印刷用のデータと同じサイズで作成してください

印刷用データと同サイズのトリムマークを作成し、その中に加工部分のデータを作成してください。
トリムマークの作成方法については、Illustratorの作成ガイド「サイズとトリムマーク(トンボ)設定方法」をご確認ください。

加工用データ

加工用データ作成時の注意点

オブジェクトはK100%で作成してください

加工部分のデータは、カラーK100%が設定されたオブジェクトのみで作成してください。

箔データはK100%で作成

オブジェクトのサイズにご注意ください

箔押し加工の場合

線幅:0.5pt(0.1765mm)以上
文字サイズ:7pt以上

線は0.5pt、文字は7pt以上

エンボス加工の場合

線幅:1pt(0.353 mm)以上
文字サイズ:14pt以上

線は1pt、文字は14pt以上

用紙サイズに対して加工可能な範囲をご確認ください

断裁位置から3mm以上内側に加工部分のデータを配置してください。
※加工部分を断ち切る加工(フチなしの加工)はご対応致しかねますのでご了承ください。

3mm内側に配置

このページのトップに戻る

オプションの併用について

箔押し加工/クリアトナー加工とエンボス加工を併用する場合

エンボス加工は箔押し加工またはクリアトナー加工と重ねての加工が可能です。

加工用のデータがそれぞれ必要です

加工位置・形状が同じ場合でも、加工用データはそれぞれのデータをご用意ください。

他のオプションを併用する場合

◎:併用・重ねて加工可、○:併用・重ねて加工可(要注意)、△:併用可・重ねての加工は不可、–:併用非対応

  箔押し加工 エンボス加工
角丸加工
孔あけ加工
スジ入れ加工
表面加工
ミシン目加工
ジャンプミシン目加工
折り加工
印字加工
バーコード入力
レーザー加工
クリアトナー加工
箔押し加工
エンボス加工

※宛名印字・連番印字・バリアブルテキスト印字

重ねて加工ができる場合(○)

重ねての加工は可能ですが、箔が剥がれる、浮き出し部分がつぶれるなど加工の効果が表現できない場合があります。
それぞれの加工位置は3mm以上間隔をあけ、データを作成されることをおすすめいたします。

併用の際の注意

重ねて加工ができない場合(△)

重ねての加工はできません。それぞれの加工位置を避けるようにデータの作成をお願いいたします。

加工位置を避けるようにデータを作成

印字加工を併用する場合

印字位置への箔押し加工はできません。

このページのトップに戻る

加工面積について

面積の計算方法

箔押し加工は、加工部分全体を直線で囲んだ総面積にて加工料金を計算いたします。
複数オブジェクトを離れて配置されている場合は、一番外側の加工部分を囲んだ面積で計算します。

離れて配置されている場合でも、一番外側を囲んだ面積で計算してください。

正しい計算方法

正しい計算方法

間違った計算方法

間違った計算方法

面積の計算手順

Illustratorの単位をmmに変更

ドキュメントの単位を変更する
[ファイル]→[ドキュメント設定]

ドキュメント設定からIllustratorデータの単位を「ミリメートル(mm)」に変更してください。

ドキュメント設定

箔押し加工のオブジェクトを分割・拡張

加工面積を正確に計算するために、箔押しのオブジェクトを分割・拡張してください。

箔押し加工するオブジェクトを全選択(図1)

オブジェクトを分割・拡張(図2)

分割・拡張する
[オブジェクト]→[分割・拡張...]
分割・拡張

加工面積をバウンディングボックスのサイズから計算

分割・拡張で選択されているオブジェクトの、バウンディングボックスのサイズの数値で計算をします。

小数点以下の繰り上げ

バウンディングボックスのサイズの数値を参考に、「W(幅)」と「H(高さ)」の小数点以下を繰り上げます。

W(幅)
67.269mm → 68mm
H(高さ)
97.597mm → 98mm
バウンディングボックス

W(幅)×H(高さ)=加工面積(cm²)

数値をセンチメートル(cm)に換算し、W(幅)×H(高さ)=加工面積(cm²)の式に当てはめ計算してください。

加工面積
9.8cm × 6.8cm = 66.64cm²

⇒ご注文時は「100cm²」をお選びください。

このページのトップに戻る