• 法人のお客様へ
  • 新規ユーザー登録
  • マイページ

検版システム利用オプションについて(InDesignご利用の場合の検版用画像作成方法)

  • 検版システム利用オプション概要
  • Illustratorご利用の場合の検版用画像作成方法
  • InDesignご利用の場合の検版用画像作成方法

InDesignご利用の場合の検版用画像作成方法

  • 検版システム利用オプションはAdobe InDesign CS3からご利用いただけます。

書き出し前にご確認ください

「オーバープリント設定」を使用していないかご確認ください

ホワイトオブジェクトに「オーバープリント設定」がされた状態で検版用画像を作成すると、画面上は見えている文字やオブジェクトが、書き出した画像では表示されないため、検版が正しくできません。

このページのトップに戻る

「ファイル」から書き出してください

[ファイル]→[書き出し]ドキュメントサイズに合わせて書き出されます。

画像を埋め込み
[ファイル]→[書き出し]

このページのトップに戻る

書き出し設定をしてください

書き出し名称とフォーマット

[フォーマット]:JPEG(jpg)名前には必ず「検版用画像」と入れてください。
※表裏/ページ等複数となる場合は、どの面であるか分かるよう「表」「P1」などとご記入ください。

書き出しダイアログ
[名前](例):検版用画像表
[場所]:任意
[フォーマット]:JPEG(jpg)

名前には必ず「検版用画像」と入れてください

※名前に「検版用画像」と入っていない場合は、どのデータが検版用の画像であるか弊社で判断ができません。その場合、検版システムがご利用いただけません。ご注意下さい。

書き出しオプションの設定

JPEGの書き出し

画像
[品質]:最高画質(低圧縮率)
[形式]:ベースライン
[解像度(ppi)]:200
[カラースペース]:CMYK
ビビッドカラー印刷利用時は「RGB」
オプション
[カラープロファイルを埋め込み]:チェックオフ
[アンチエイリアス]:チェックオン
[ドキュメントの裁ち落とし設定を使用]:チェックオフ
[オーバープリント処理]:チェックオフ

(※1)製本方法に合わせた面付け順でデータ作成されている場合

冊子データを、製本方法にあわせた面付け順(例えば、1pのとなりに8pのデザインをつけてなど)で作成されている場合は、[スプレッド(ver.CC以降の場合は「見開き印刷」)]にチェックを入れてください。

このページのトップに戻る

こちらもご確認ください

その他の関連ページ

データ作成ガイド

bookmark
del.icio.usに登録
GoogleBookmarkに追登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Social

商品・サービス>>商品一覧へ

入稿受付締切時間にご注意ください

商品・納期によって、入稿締切時間が異なります。>>納期・発送日について詳しくはこちら

入稿受付締切時間