印刷用語集

2008.09.26  

名刺

LINEで送る
Pocket

今日のテーマは名刺です。ビジネスに欠かせない存在の名刺ですが、その由来はご存知ですか (・ω・ノ)ノ?

名刺の発祥は中国。語源は「名」を書いた竹の札のことを「刺」と呼んだことに由来するそうです。昔々後漢の頃、訪問先が不在の際に戸口の隙間に挟んで自分の訪問を知らせる目的で使われていました。現在とは使い方が少し異なりますがこれが名刺のはじまりです。

日本では江戸時代頃に、中国と同様に自分の訪問を知らせる目的で使われていました。現在のように自分を紹介する目的で使われるようになったのは江戸末期からです。お役人が外国の方との交流に使い、後に社交の場で重宝されるようになったのです。

日本で一般的な名刺のサイズは91mmX55mm。普通型4号と呼ばれているサイズです。これよりひとまわり小さな名刺を使われる女性も多いようです。サイズを小さくすることで女性らしさを表現できますね。

デザインは白地に会社名や連絡先が基本ですが、カラフルなものや凝ったものを使われる方もたくさんいらっしゃいます。また近頃は、QRコードをつけてホームページへアクセスを促したり、似顔絵や顔写真を載せて顔を憶えてもらったり。スタンプカードのように2つに折った名刺で情報量を増やしたり、と工夫されたものもよく見かけます。

初めに名刺交換をして相手に十分な情報と安心感をお渡しすれば、仕事の機会が増えたり、仕事がよりスムーズに進みますよね。ビジネスでとても重要な役割を果たす名刺、内容やデザインを定期的に見直すのもいいかも知れません。

ウエーブでは名刺の印刷を承っております。4種類以上の名刺をまとめてご注文の際には、お得な「名刺x4パック」もございます。
https://www.wave-inc.co.jp/products/card.html

角丸加工も加工です。個性的な名刺にしたいとき、柔らかい雰囲気を表現したいときにぜひご利用ください。
https://www.wave-inc.co.jp/products/option/kadomaru.html

meishi.jpg

LINEで送る
Pocket