販促/マーケティング

2016.09.08  

身近だけど意外と知らない!?名刺の大きさ・寸法

LINEで送る
Pocket

身近だけど意外と知らない!?名刺の大きさ・寸法

ビジネスマンであれば1枚は持っている「名刺」。縦型や横型、二つ折りなど名刺には様々なサイズや形状があります。

同じサイズだと思っていた名刺なのに、重ねてみたら微妙に名刺の大きさが違っていた、そんな経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

ここでは名刺の大きさ・寸法に関する知識や注意点をご紹介します。

一般的な名刺のサイズ規格

一般的に使用されている名刺寸法は、ほとんどがサイズ規格「4号」となっています。この名刺4号は、東京4号と呼ばれている代表的なサイズで、寸法は91mm×55mmとなります。

なお、関西ではこのサイズが、大阪9号と呼ばれるので注意しましょう。関東と関西で呼び方が異なるだけで、実際のサイズは同じ(91mm×55mm)です。

関東では東京4号、関西では大阪9号

関東から関西へ赴任した、あるいはその逆の場合は、誤った号数で注文してしまわないよう覚えておくと安心ですね。

また、日本の場合、名刺入れのほとんどが、一般的に使用されている名刺の4号(大阪9号)サイズが規格になっています。目立つからといって規格外の名刺を作成すると、名刺入れに入らず相手に不便な思いをさせてしまいます。名刺交換がスムーズに行えなければ本末転倒ですね。

何よりも常識がないといった印象を相手に与えてしまうので、使用するシーンに応じたサイズを選びぶようにしましょう。

さまざまな名刺のサイズ

日本で特にサイズを指定せずに名刺を発注した場合には、91mm×55mmの名刺4号(大阪9号)のサイズとなります。

しかし、欧米では89mm×51mmのサイズが主流となっています。日本で一般的な東京4号よりはやや小さめです。

日本の名刺は91mm×55mm、欧米では89mm×51mmのサイズ

名刺には名刺4号(大阪9号)や欧米サイズ以外にも、様々なサイズが存在しています。号数と寸法の一例をご紹介します。

  • 名刺サイズ3号(49mm×85mm)
  • 欧米サイズ(51mm×89mm)
  • 名刺サイズ5号(61mm×100mm)
  • 名刺サイズ6号(70mm×116mm)
  • 名刺サイズ7号(76mm×121mm)
  • 4号長二つ折り[横型](展開時:182mm×55mm)
  • 4号長二つ折り[縦型](展開時:91mm×110mm)
  • 4号長三つ折り(展開時:91mm×163mm)

名刺の様々な規格・寸法

二つ折り・三つ折りの名刺

二つ折り・三つ折りの名刺は、通常の名刺と比較して、掲載する情報量を大幅に増やせます。

二つ折り名刺店舗やサービス・商品の紹介など、多くの情報を掲載できますが、情報を詰め込めみすぎて文字が小さく読みにくくならないよう注意が必要です、

商談の場では、シンプルな名刺。イベントや展示会の会場では、自社商品の販促を目的に二つ折りの名刺を用いるなど、用途に応じて名刺の形状は使い分けるとよいでしょう。

少し小さな名刺サイズ(名刺3号)

名刺の規格は名刺4号(大阪9号)以外に、少し小さいサイズの名刺3号(49mm×85mm)もよく使用されます。特に女性から人気のあるサイズで「女性名刺」とも呼ばれることもあり、角丸の加工が施されたものが多く見られます。

名刺3号・女性名刺

一般的に見慣れた名刺4号(大阪9号)と違って、小振りなサイズで珍しさを感じるかもしれません。

また、クレジットカードのサイズ(54mm×85mm)よりも少し小さなサイズのため名刺入れだけでなくカードケースや財布のカードポケットにも収まるので便利です。

名刺の歴史

名刺の発祥は、古代中国の後漢ころにまで遡ります。

官僚、地主、文人などが屋敷を訪問する際に、門に設けられた郵便ポストのようなものに「刺」と呼ばれる姓名と身分を記した札を投じたのが始まりとのこと。「刺」に「名」を書いて使っていたものが現在では「名刺」と呼ばれるようになりました。

名刺の最も古いものとしては、三国時代の呉の武将であった朱然の名刺が残されています。

あいさつの際に名刺を交換する習慣は、もともと日本をはじめとした韓国や中国、東南アジアのものでした。

しかし、近年では欧米でもあいさつの際に名刺交換をする習慣が一般化してきました。メールアドレスを交換する際に便利なことや、アジアとの取り引きが増えてきたことが一因となっています。

このようにアジアで名刺交換の習慣が生まれ、名刺文化として世界へと伝播しています。

アジアで名刺交換の習慣が生まれ、名刺文化として世界へと伝播

まとめ

名刺には、このサイズでなくてはいけないという厳密な決まりごとはありません。

しかし、名刺4号(大阪9号)といった一般的に用いられるサイズがあることを覚えておくと名刺を作成する際に迷うことがなくなります。

名刺入れに入らないサイズや、文字が小さすぎて読みにくい名刺は、スムーズな名刺交換の妨げになります。使用シーンを意識したサイズ設定を心がけましょう。

【PR】自由なサイズで作成OK!「名刺印刷」

自由なサイズで作成できる名刺印刷

名刺4号(9号)の定番の名刺はもちろん、自由なサイズで名刺を作成できます。5号以上の名刺作成をご希望の場合は『名刺変形サイズ』よりご注文ください。

また「薄型二つ折り名刺」「三つ折り名刺」もご用意しております。用途やシーンに合わせた名刺をお作りいただけます。

名刺印刷について詳しくは
WAVE通販サイトへ 

LINEで送る
Pocket