ideaWAVEとは?

印刷通販のウエーブがお届けする印刷アイデア集。様々な場面での印刷物の活用方法をご提案いたします。ウエーブの印刷を便利に上手に利用して、イメージアップ、売上アップにお役立てください。

デザイン制作のご依頼はクリエイティブステーションへ

クリエイティブステーションでは印刷物のデザイン制作でお困りのお客様のために、デザイン制作から印刷まで一括で承るサービスをご提供しています。
詳しくはクリエイティブステーションをご覧ください。

[特集] プロが教えるデザインのコツ
会社案内作り方講座【準備編】

取引先開拓の営業ツールとして、リクルートの会社説明用の資料として様々な場面に必須のアイテム、会社案内。自社の強み・サービス・理念を知ってもらうための効果的なツールとしてどんなところにポイントを置いて制作を進めればよいのでしょうか?
まずはコンセプト設定からラフの作成まで、制作の下準備の手順をご紹介いたします。 >制作編はこちらから

STEP1コンセプトを決める -ターゲット・用途の検討

まずはターゲットを決定しましょう。「新規取引先の開拓」「人材獲得」など、会社案内をどのような目的で使用するかによって掲載内容やデザインコンセプトも変わってきます。

会社案内・企業案内・アニュアルレポート

業種によって内容は様々ですが、新規取引先や顧客への商品・サービス説明、また株主への報告等、「信頼」「安心感」「イメージアップ」を目的としたツール。

取引先企業・顧客

  • ・企業案内
  • ・新規事業案内
  • ・商品・サービス案内

株主

  • ・CSR報告
  • ・財務諸表
  • ・実績紹介
  • ・社会活動

入社案内

人材確保のためのツール。目にとめてもらい、自社に興味を持ってもらうことが重要。 比較的自由度が高く、イラストや写真を多用した個性的なデザインも多い。

学生・採用予定者 用

  • ・入社案内
  • ・募集要項
  • ・社員・職場紹介
  • ・業務・サービス紹介

STEP2掲載事項の書き出し・素材収集

ターゲット、用途を考慮して必要事項を洗い出します。 ここでヒアリング等もしっかりと行い、企業理念をキーワード化していくことも重要です。掲載する写真やキャッチコピーなども検討しながらイメージをふくらませましょう。

会社案内の構成要素について

社外の人に対し自社の業務・サービスを知って頂くために必要な項目。信頼感・安心感を持ってもらい、イメージアップにつながる内容を分かりやすく掲載しましょう。

企業理念

企業の理念、姿勢を提示する項目。画像や、図表・キーワードを使って分かりやすく説得力のある表現で。

代表挨拶・メッセージ

企業のビジョンや方向性を代表者の写真とともに掲載。取引先企業や投資家がチェックするポイントともなる。

業務紹介

サービスや商品の具体的な紹介。業務内容によって内容は異なるが、商品写真や事例を具体的に掲載。

社史(沿革)

会社の歴史を紹介する項目。
組織変更や商品のリリース等、時間軸に沿って掲載。内容に合わせ写真を使っても◎。

会社概要

設立年や所在地、資本金、社員数など文字情報で掲載。 読みやすいレイアウトで。
巻末に記載されることが多い。

  • 組織紹介
  • 商品/サービス詳細
  • 社員(部署)紹介
  • 社員アンケート
  • 業務/運営フロー

用途によって掲載内容に変化をつけて。

製造業や不動産系の会社案内はカタログを兼ね、商品写真やサービス事例を中心に構成すると営業ツールとして効果的です。またリクルート用の入社案内には、社員の声や希望する人材像、組織図等を掲載し、社風を効果的に伝えましょう。

このページのトップに戻る

仕様の決定

STEP3仕様の決定

掲載する情報(文章・写真など)の量、ターゲット、使用シーンを考慮して、ページ数・形状・サイズ等の仕様を決定します。 送付・保管用には定型サイズ、配布・店頭設置用にはコンパクトでスリムなタイプなど、用途に合わせて検討しましょう。印刷部数も決定できると◎。

用紙選びも重要です!

会社案内・パンフレットには少し厚め(110kg〜135kg)の用紙が最適。
写真を生かした紙面ならコート紙、光沢を抑え落ち着いた雰囲気を出すならマットコート紙がオススメです。

このページのトップに戻る

STEP4レイアウト・ページ構成検討-ラフの作成-

写真の点数、文字量、キャッチコピー等を考慮しながらレイアウトを検討しましょう。言いたいことはたくさんありますが「情報を詰め込みすぎない!」ことがポイント。

伝えたいことを意識して

一番伝えたい内容に広い紙面を割り当てましょう。折パンフレットは見開きで大きくレイアウト可能な点が特徴です。できあがりをイメージしながら写真の大きさや文字量など効果的なレイアウトを検討しましょう。

ラフを作成

目線の動きを意識して

人の視線は左上から右下に移動します(左綴じの場合)。キャッチコピーや画像で目を引いて、自然な流れで必要な情報が目に入る紙面を意識しましょう。 レイアウトで大事なことは、なんといっても読みやすさ。適度な余白を持たせて読みやすいレイアウトを心がけて。

目線の動きを意識して

このページのトップに戻る

FINISH準備完了

レイアウトラフが完成したら、準備OK。使用する文章や素材もしっかり揃えておくと制作にスムーズに入れます。さあいよいよ次は制作へ。(「制作編」へ

準備完了

「制作編」へ

このページのトップに戻る