商品ナビ

2015.06.25  

文庫本サイズで持ち運べるかわいいミニうちわ♪「ハガキ・しおりECOうちわ」を作ろう!

LINEで送る
Pocket

文庫本サイズで持ち運べるかわいいミニうちわ♪「ハガキ・しおりECOうちわ」を作ろう!

担当スタッフ印刷のウエーブをご利用いただきありがとうございます。ついにクーラーに手を出してしまいました…編集長の五十嵐です。

ECOうちわ印刷に新しく追加された「ハガキ/しおりうちわ」!今回は、仕様・用途・デザイン作成ポイントの3本立てでご紹介していきます!

ハガキ・しおりうちわってどんな商品?

本に挟めるミニサイズのうちわ

ハガキ・しおりうちわはとってもコンパクト!100mm×148mmのハガキサイズです。半径9mmの角丸加工が施されていて、丸っぽく柔らかな印象。文庫本にちょうど挟める大きさで、しおりとしてもお使いいただけます^^b

リーズナブルだから作りやすい!

弊社でもっともリーズナブルなうちわ印刷です。
片面フルカラー100部4,270円、両面フルカラーも100部4,760円!予算が少なくても大丈夫ですね。

>> その他のうちわ印刷はこちら

おすすめポイント!

DM・暑中お見舞いとして

サイズがちょうどハガキサイズであるため、DMとしてお使いいただくことが可能です。指穴部分をミシン目にしてクーポンにすれば、販促力・集客力もアップ!

暑中お見舞いとして作成しても、喜ばれること間違いなし♪ぜひ、涼しげなデザインで作成してください^^

オリジナルグッズとして

リーズナブルなこともあり、ノベルティ・オリジナルグッズとしてもおすすめの「ハガキ・しおりうちわ」。この時期の創作・同人イベントの会場は暑いですからね…!
(可愛いすぎると、もったいなくてパタパタできない可能性も;)

ハガキ・しおりうちわ、デザインのポイント

持ち歩いてもらえるように

販促しなきゃ!宣伝しなきゃ!と思って、広告文をずら~っと並べたい気持ちも分かりますが、文字だけのうちわってあまり使いたくないですよね。(特にハガキ・しおりうちわは「持ち歩ける」というグッズ要素の高い商品ですので。)

どうせ作成するなら、使ってもらいたい!
というわけで、今回はうちわのデザイン作成のポイントをご提案させていただきます。

1.使いやすいのはシンプルなもの

うちわをもらったときに、企業ロゴのみのシンプルなものをよく見かけます。(裏側にはサービス紹介の広告文が入っていたりもしますね。)

グッズとしてお使いいただくために、表側だけでもシンプルなデザインにしてみてはどうでしょうか?少ないキャッチコピーとちいさなイラストなど。気を利かせてカレンダーを入れても良いですね。

2.きれいな写真・画像を背景にする

画像を使う際には、解像度300dpi以上の画質のものを使いましょう。画像が粗くては安っぽい印象になってしまいます。画像を背景に使うと、雰囲気が出るのでおすすめです。

はがき印刷のデータですぐ作れる!

印刷サイズが同じのため、ポストカードサイズの印刷用データがあれば、あっという間にハガキ・しおりうちわを作ることができちゃいます!(このときに、角丸と指穴部分の微調整をお忘れなく。・・b)

ECOうちわ印刷はテンプレート入稿必須商品。テンプレートをダウンロードしてデータを作成してください。Illustrator用・Photoshop用の2種類をご用意しております。

>> ECOうちわ印刷のデータ作成用テンプレート
>> データの作成方法はこちら

「ハガキ・しおりうちわ」、いかがでしたか?
リーズナブルでカンタンに作れる、この夏のおすすめ商品です。ぜひご利用くださいね!(^○^)

ECOうちわ印刷
詳細はWAVEの通販サイトへ

LINEで送る
Pocket