商品ナビ

2011.02.10  

クリアファイルがお安くなりました。

LINEで送る
Pocket

年が明け、あっという間に2月となってしまいましたね。新米編集長のオカダです。年始より様々な新商品やお得なキャンペーンを展開しておりますが、先月末からクリアファイル印刷を10%値下げしております。

クリアファイルは販促の配布用やイベント等の販売用としてもご利用いただける人気の商品です。箔押しとフルカラーの2種類とも10%OFFとなりましたので、オリジナルグッズ等をご検討の方はぜひご利用ください。

さて宣伝はこのくらいにして、去年の年末に行なわれたイベント「コミックマーケット79」というのはご存じでしょうか?
同人誌などを販売、配布するイベントなのですが、そこで、コミケ限定デザインの「WAVEオリジナルクリアファイル」を無料配布させていただきました。サークル様のみへの配布となりましたが、GETされた方はいらっしゃいますでしょうか?

多くのお客様にお渡しする事ができなかったので、今回はこちらのブログで限定クリアファイルについてご紹介していこうと思います。

こちらがそのクリアファイルです↓


アメコミを意識したレイアウトと配色で、WAVEの萌えキャラ(?)たちが登場しています。(※画像のクリアファイルには白い紙を挟んで撮影しています。)

↓ 裏面はこんな感じです。

サンプルとしてもお使い頂けるよう、カラーチャートとライン幅の比較なども付けました。(※画像のクリアファイルには白い紙を挟んで撮影しています。)

フルカラークリアファイルの特徴は、CMYKの4色にプラスして、白インクが使える点です。白インクを使わない場合、中に挟んだ書類まで透けてしまいますが、白インクを使うと中の書類が透け難くなるのです。

上の写真でご説明しますと、真ん中の四角い吹き出しと両サイドの吹き出しには、白インクをのせていないため、裏面が透けて見えています。それ以外は白インクをのせているため透け難くなっています。

では、このクリアファルがデータ上ではどのような状態になっているのか、Illustratorデータをご紹介していきます。
入稿データ(プロセスデータ)はこんな感じになっています。

キャプチャ

↑ 入稿データ(プロセスデータ)

白インクの白版用データはこんな感じです。

キャプチャ

入稿データ(白版用データ)

勘違いしてしまいそうなのですが、黒い部分が白いインクの範囲です。白い部分は透明になります。

※クリアファルのデータ作成の詳細な留意点はこちらにて画像付きでご説明しています。
作成時のご参考にしてください。>> クリアファイル印刷 データ作成の注意点

クリアファイルの他にA4フライヤーも作成しました。間に挟むと吹き出し窓からフライヤーの一部が見えるようにデザインされています。
そしてそして、この限定クリアファイルには、なんと割引クーポンが付いていました∑(・ω・ノ)ノWAVEオリジナルクリアファイルを手に入れられた方へのサプライズです。

以上、コミケ限定クリアファイルのレポートでした。
このような感じで、「CMYK」、「白」、「CMYK+白」を組合わせて、また書類を入れた場合と入れない場合の仕上がりなどもイメージしていくと、クリアファイルのデザインがぐっと面白くなりそうですね。

価格が10%OFFとなってご利用して頂きやすくなったクリアファイル印刷で、ぜひオリジナルグッズに挑戦してみてくださいね(^-^*)
>> クリアファイル印刷

クリアファイルサンプル今回紹介しましたクリアファイルはコミケ限定グッズですが、“クリアファイルの透け具合などを実際に見てみたい!”などと思われる方は、別に資料請求用のクリアファイルをご用意しております。→
資料請求フォームよりご請求ください。
>>資料請求フォームへ

LINEで送る
Pocket